仙台市の児童館・児童センター

行事レポート

ぴよっこタイム「“はじめて”のリトミック」

2020/09/29

ぴよっこタイム「“はじめて”のリトミック」を行いました。当日は10組の乳幼児親子さんが参加しました。ぴよっこタイムは歩く前までの乳幼児親子さんが対象です。はじめに先生から「リトミックを通じて、お母さんが感じたことを子どもに伝えてほしい。子どもはお母さんの声が一番好き。上手い、下手ではなく、お母さんの歌声を子どもに聞かせてほしい。」というお話がありました。お母さんの声が子どもに響くように歌を歌ったり、優しいピアノの音色に合わせて触れ合い遊びをしました。赤ちゃんをギューっと抱きしめたり、指で体をツンツン触ったりして、‘お母さん’をいっぱい伝えた時間になったと思います。会が終わった後は、和やかな雰囲気が会場を包んでいました。

なないろぱーくスペシャル「ままのための防災講話」

2020/09/29

東日本大震災から9年半がたち、次第に防災の意識が薄れてきてはいませんか?そんな不安を解消するために防災講話を開催しました。講師に「せんだい女性防災ネット泉」の方をお呼びして、子育て中の方のための防災を学びました。講話では非常食の作り方について実演を交えてお話がありました。また、普段から近所付き合いを親密にすることで、非常時には協力して助け合うことが大切であると学びました。最後にできあがった非常食を見たり、災害時に必要な防災グッズを紹介したりして終わりました。保護者からは「とても勉強になりました!」や「参加してよかったです!」という言葉が聞かれ防災の意識が高まったように思いました。

幼児クラブ「うんどうかい」

2020/09/29

さあ~楽しい運動会。準備体操のうんこスクワットの後は『おそうじサササ~』で競技の始まりです。小さな箒で豆風船をママの持っているバケツに運びます!せっかく入ったのにフワフワ出てきて大苦戦です。次は『フォークでいただきます』。沢山の輪ゴムの中から赤や緑のカラーゴムを1本ずつ取り出します。難しそうだけどみんなオミゴト!上手にできたよ。そして最後は『玉入れ』にいろいろな作戦でチャレンジです。正統派は一つ一つピッチングで攻めます。他には両手いっぱいや、服を広げて沢山持つなど、珍プレーが続出しみんな大笑いです。お友だちもママもいっぱい楽しく過ごし、ごほうびメダルを首にさげ笑顔のひと時となりました。

ハンドマッサージ

2020/09/28

月2回の乳幼児親子行事を再開して3ケ月。これまでなかなか外部から講師の先生をお呼びして行事を持つことができなかったのですが、思い切って毎日子育てに奮闘しているママたちの癒しになるようにとワイワイひろばで託児付きの「ハンドマッサージ」を行いました。事前予約制の10組限定です。
当日は3組の参加でした。まず講師の門脇先生から首や腰に効く上半身のストレッチを教わりました。そして前腕から手の甲、手のひらそして手指までのオイルマッサージを丹念に指導していただきました。
最後は、職員の託児でおとなしく待っていたかわいいベイビーを交えてのマッサージも行いました。ママたちからは「参加できてよかった。」や「ベビーマッサージはおうちでもできそう!」などの感想が聞かれました。

六郷お月見会

2020/09/26

今年はくもり空の下、六郷お月見会が始まりました。色々なコーナーがあり、児童館は工作コーナーで「月まで届け!ぶっとびロケット」を作りました。紙コップにロケットの羽やとんがり帽子を付け、最後にシールを貼るというシンプルな作業の工作です。羽を逆さに付けたり、とんがり帽子と羽の色を変えたりと、オリジナリティあふれる作品ができ上がりました。ロケットができ上がると、袋がついている発射台に重ねて飛ばします。子どもたちが集まり、「3・2・1・発射!」の掛け声で飛ばして楽しさを共有し、ステキな時間を過ごしました。最後には、甘くておいしい大福をお土産に持ち帰りました。今年は月が隠れていたので、来年に期待したいですね。

チャレンジタイム「かみひこうきをつくろう」

2020/09/26

めっきり秋らしくなってきました。
児童館では紙飛行機を作って飛ばす行事を行いました。
普段何気なく作っている紙飛行機ですが、今回は「へそひこうき」と「つばめひこうき」を作りました。折り図をみながら丁寧に紙を折り、きれいな紙飛行機を作ることができました。
いよいよフライトです。なめらかにスーッと飛んでいく飛行機をみて、子どもたちの歓声がひときわ大きく響きました。その後、ゲームをしたり、パタパタと羽ばたく紙飛行機を飛ばしてみたり…。大満足の子どもたちでした。感染予防をしながら、楽しい行事を企画します。ぜひ遊びに来てくださいね。

ペタンクをやってみよう!

2020/09/26

1年生から5年生の小学生と保護者、11人が、貝ケ森市民センターホールで『ペタンクをやってみよう!』に参加しました。ペタンクとは、フランス生まれのニュースポーツです。受付で、検温・手洗い・手指消毒などの感染対策を行いながら実施しました。準備体操後、2グループに分かれて、投げ方を教わりました。直径7㎝位で中に砂が詰めてあるボールをビュット(的)に近づけるように投げます。順番に何回も練習をしました。次は対戦です。ルールは簡単。カーリングのルールによく似ています。3人対3人のトリプルスで行いました。審判をする館長先生はメジャーをもって判定に大忙しでした。「またやりたい!」との声に応え、10月にも第二弾を行う予定です。

ものづくりクラブ~アイロンビーズ作り

2020/09/26

今月から、待ちに待った小学生行事が始まりました!第1回目のものづくりクラブは、アイロンビーズを使ったストラップ作り。行事中の子どもたちは素晴らしい集中力で、もくもくと工作をする様子が見られました。
初めてアイロンビーズを作る子どももいましたが、カラフルに作る子や形にこだわる子、家族と見た景色を表現しようとする子等、とても個性的な作品がたくさんできました!
新型コロナの影響もあり、お友だち同士でわいわい作ることはできませんでしたが、みんな「楽しかった!」と、作った作品を嬉しそうに持って帰る姿が見られました。

ピッピちゃん つくってあそぼう!

2020/09/25

 ピッピちゃんの2回目は「作って遊ぼう」
募集人数もあっという間に集まり、楽しみにしている様子がうかがえました。 当日はあいにくの雨でしたが、子どもたちは元気いっぱい。お名前を呼ばれると「は~い」とかわいいお返事! キラキラハンドルの制作では、小さいビーズを上手につまみ、ホースの中にに入れていました。
 出来上がったキラキラハンドルを持ってドライブに出発! 気分はバスの運転手さん。「バスに乗って」の曲に合わせて右にカーブしたり、でこぼこ道を走ったりしてドライブ気分をあじわいました。 帰りは、キラキラハンドルを手にニコニコ笑顔で児童館を後にしていました。

パピプペパーク「みんなであそぼう」

2020/09/25

子育て支援クラブ「一期一会」共催のパピプペパーク。「みんなであそぼう」と題して、約半年ぶりに開催することができました。前半は、ふれあい遊びやバルーン遊びで緊張をほぐし、後半は、「かざぐるま」さんからお借りした布おもちゃに自由に触れて楽しみました。中でも、子どもたちに人気だったおもちゃは魚釣り!カラフルな魚から大物まで、カゴに山盛りにして大喜びする子どもたちの姿に、お母さんや支援クラブの皆さんにも笑みが広がります。お母さんたち同士、また、支援クラブの子育ての大先輩たちと会話をしながら、ゆったりした時間を過ごしました。今後のパピプペパークにも、ご期待ください!

次のページへ

ページトップへ