仙台市の児童館・児童センター

行事レポート

小正月行事を楽しもう!

2023/01/07

1月7日(土)小春日和に恵まれ、一足早く小正月行事のだんご刺し飾り作りを体験しました。
当日は事前申し込みの6組19名の親子が参加、手指消毒や検温・健康観察など感染症予防に細心の注意を払いながらの開催となりました。
最初にだんご刺しにミズキを使用するいわれを知り、さらにだんご刺し飾りには「子孫繁栄」「商売繁盛」「疫病退散」の御利益もあるとの説明を受け、幼児から大人まで参加者のモチベーションも上がりました。
いよいよ餅花づくりに挑戦。選んだミズキの枝についた芽を取って紅・緑・白に色分けされ約1cm四方に切り分けられたキューブ状の餅を小枝の先に刺し、鯛や小判・おかめ等縁起の良い飾りを吊るし、最後に今年一年の目標をしたためた絵馬を飾り付け、自宅用のだんご刺しの飾りを完成させました。
次に児童館の玄関ホールに飾るだんごの木に、参加者全員で色とりどりの餅を縁起の良い飾りを吊るし大きなだんご刺し飾りを完成させ、記念撮影をしました。
最後に「川前大仏ゲーム」で楽しみました。このゲームは、紅白2グループに分かれて集会室中央に特設された川前大明神の鳥居をくぐり壁際に鎮座するそれぞれのチームの大仏に紅白のお手玉を頭や肩・手・ひざなどにお供えするもの。両軍とも真剣に頑張ったご褒美に大仏より家庭で味わえるようにと袋入りのお餅が参加者全員にふるまわれ、楽しいひとときも終わりを迎えました。

大そうじ

2022/12/28

2022年最後のこの日,児童クラブのみんなで大そうじをしました。
ロッカーを拭いたり,本を整えたり,みんなが使う玄関を掃除してくれました。みんな一生懸命掃除をしてくれたので,ピカピカになりました。
2023年は,ピカピカの児童センターで,みんながピカピカの良い年になることを職員一同願っております。

気持ちよく新年を迎えよう

2022/12/27

今日は大掃除の日です。1年間の汚れを落として気持ちよく新年を迎える準備をします。児童クラブと自由来館の小学生34名が参加しました。
初めにくじを引いて分担を決めました。テーブルの落書きや汚れ拭き、本棚やロッカーの拭き掃除、窓拭き、エントランスの掃き掃除の4つです。雑巾やほうきなどの道具を持ったら大掃除のスタートです。
雑巾をぎゅっと絞って丁寧に掃除していきます。ピカピカになってくるとますますやる気がでてきます。友達と協力したり競ったりしながら一生懸命に取り組みました。
最後はお互いに拍手をしてきれいになったことを喜び合いました。

仙台七夕を知ろう‼

2022/12/27

8月に開催を企画していた「仙台七夕を知ろう‼」の行事が延期となり,ようやく12月に開催できることになりました。
鳴海紙商事の鳴海幸一郎さんをお迎えし,仙台七夕の知らなかった興味深いお話をたくさん聞かせていただきました。七夕飾りに込められた願いや,仙台七夕の準備や後片付けについて楽しく知ることができました。
後半は,美しく染められた和紙を使ってミニ吹き流しを作りました。参加した子どもたちは真剣に丁寧に飾りを作っていました。鳴海さんの楽しいお話と共に,製作もご指導いただき,充実したひと時になりました。
来年度の七夕製作に繋がっていきそうなそんな行事になりました。

もういくつ寝るとお正月♪みんなで楽しもう忘年会!

2022/12/27

3年ぶりに年末恒例の忘年会を開催!子どもたちが日頃から遊んでいるダンス、コマ、けん玉、なわとびの技を発表してくれました。
観覧している子どもたちは、見事にやり遂げた友だちの姿を称え拍手喝采!職員がかくし芸を披露したあとは、ピアノやファゴット、ウクレレの楽器演奏に合わせて歌を歌うと会場がひとつに。
最後には、大黒様に変装した子育て支援クラブ会長が登場!プレゼントをいただきながら、打ち出の小槌で福も呼び込んでもらいました。
そして、今回はなんと、小学校の校長先生がスペシャルゲストで登場!みんなの雄姿を見に来てくれただけでなく、パフォーマンスも披露してもらい、最後まで笑顔と拍手にあふれる時間となりました。

おたのしみ会

2022/12/27

2022年もあと残りわずかとなり、1年の締めくくりにキッズスタッフが中心となって「おたのしみ会」を開催。
みんなで、ゲームやなぞなぞ、ビンゴゲーム、だるまさんが転んだをして楽しい時間を過ごしました。
そのなかでもビンゴゲームでは、番号が発表されるたびに喜んだり悔しがったり。自分のカードを見ながらも、自分が一番先にビンゴしないかなとドキドキわくわくの時間でした。早くビンゴになったラッキーな5人には素敵なプレゼントが贈られました。
みんなからは「楽しかった。またやりたい」という声が聞かれていました。

らるくしえるタイム「交通安全教室」

2022/12/27

交通安全指導課の方々から、自転車の安全な乗り方を学びました。
自転車は、子どもたちの生活の中で身近な移動手段でありながら、交通ルールを学ぶ機会は少ないように思われます。
初めは緊張していた子どもたちも、パネルや布シアターを使ったクイズには、積極的に手をあげて参加していました。
DVD鑑賞では、自転車の保険について学びました。自分の乗っている自転車の保険について、家の人に聞いてみたいという声もありました。
反射材の実験では、どのように光るのか、ライトを使って実際に見ることができました。お土産にいただいた反射材も、自分の自転車に付けたいと喜んでいました。
本日の学びを受け、これからも安全で楽しい自転車の乗り方を続けて欲しいと思います。

児童クラブ「みんなで大そうじ!」

2022/12/27

待ちに待った冬休みがやってきました。子ども達は楽しいイベントの話題で持ちきりです。
児童館では、一年間のしめくくりとして子ども達が過ごしたお部屋やおもちゃを、感謝を込めて大そうじをしました。学年ごとのグループにわかれてテーブルや椅子、本棚や数々のおもちゃを協力しながらきれいにしました。
とても手際良く、協力しながら掃除をしたので、児童館はあっという間にきれいになりました。大そうじが終わったあとは、ごほうびのビンゴ大会。一人ひとり真剣にカードを見ながら、番号が呼ばれる瞬間はそれぞれ喜んだり悔しがったり…。歓声の中ワクワクドキドキの時間がくりひろげられました。来年も皆さんにとって良い年となりますように。

寒さを吹き飛ばせ!!タグラグビー

2022/12/26

冬休みに仙台高等専門学校ラグビー部の兼村先生と学生さん達が向山児童館の子ども達と運動しに来てくれました。
赤・青・黄・緑の4チームに分かれて、ラグビーボールを使ったいろいろなリレーをしました。
ラグビー部のお兄さん達をリーダーに、各チームでどうやったら早くゴールできるか並び順を考えたり、ボールの扱い方のアドバイスをもらったりしてチーム毎に息を合わせてがんばっていました。
子ども達は、丸いボールと違って思うとおりにバウンドしなかったりパスができなかったりとラグビーボールに悪戦苦闘しながらもチーム戦を楽しんでいました。
最後は、鬼役のお兄さん達に捕まらないようにトライに挑戦するゲームです。最初は鬼の間を抜けられず、なかなかトライできませんでしたが、各チームのお兄さんが鬼を引き付け、その間にトライできるようにサポートしてくれたり、よ~くタイミングを見て突破できるようにもなったので、だんだんトライできるようになっていきました。そして思う存分体を動かすことができ「また一緒にやりたい」という声も聞かれました。
また、優しく親切なお兄さん達との交流もとても楽しかったようです。体だけでなく心も、寒さを吹き飛ばす程あったかくなったタグラグビー体験でした。 

チャレンジ!はちスポ「ダブルダッチ」

2022/12/26

毎月の定例行事「チャレンジ!はちスポ」の12月は、ダブルダッチに挑戦。
今回は講師をお招きし、跳び方のコツをたっぷり教えていただきました。
初めて挑戦する子が多く、最初は「難しそう」「出来ない」と言っていた子もいましたが、何度もチャレンジするうちに、いつの間にか跳べるように。2本の縄の中に入るタイミングや跳ぶテンポなど、ちょっとしたコツをつかんだ子どもたちは、あっという間に上達していきました。
今回ダブルダッチに挑戦したことで、縄跳びにも色々な遊び方があることを知ることができたようです。ダブルダッチの楽しさを感じたり、「やればできるんだ!」という気持ちを持つことができた体験となりました。

次のページへ

ページトップへ