仙台市の児童館・児童センター

児童館一覧

西中田児童館

  • 設置:平成16年4月1日
  • 指定管理期間:令和4年4月1日~令和7年3月31日

あそびた~い★む「バンブーステップ」

2022/05/31

フィリピンなどに伝わるダンス「バンブーダンス」。3mくらいの長~い竹の棒2本を用いて、3拍子のリズムに合わせながら、ステップを踏んでいきます。
まず最初に、竹の棒なしで、足あとマークをたどってステップを踏む練習をしました。
いざ本番です!竹の棒が開いたり閉じたりする中で挑戦すると、足が棒の間の挟まれそうで、ステップを進めていくのは、なかなか難しい!リズムに乗って「なか、なか、そと♪」「右、左、右♪」と、何度も何度もチャレンジしていました。3拍子でリズムを刻む竹の音も心地よく、楽しい時間になりました。
「あそびた~い★む」は、あそびが更に豊かになるよう、平日定例行事として毎月開催していきます!来月もお楽しみに。

ようこそじどうかんへ!みんなであそぼうデー!

2022/04/30

今年度初めての月イチチャレンジは、スタンプラリーをしながら、児童館にある色々なおもちゃで遊ぶ
「みんなであそぼうデー」!
カプラやテーブルゲームなど、普段から児童館で遊べるおもちゃはもちろん、新しい輪投げや
ビニールプールでのアヒル釣りなど、新作おもちゃも色々あり、初めて来る子もいつも遊びに来ている子も
楽しめる行事でした。子育て支援クラブ「エルフィン」の皆さんにスタッフとしてご協力いただいたおかげで、
様々な遊びのコーナーを作ることができました。
終わりを迎えるころには「楽しかったね」「もっと遊びたいね」など、子どもたちの楽しそうな声があちこち
から聞こえてきました。

子育て支援クラブ 春の花植え

2022/03/26

春の兆しはあるものの、風がまだ冷たい日、子育て支援クラブさんが用意してくれた春の花苗を、花壇に植えるお手伝いをしました。
紫や青のパンジー、赤と白のデイジー、ピンクの撫子、どのお花も子ども達に負けないくらい、鮮やかで元気な苗です。
支援クラブ3人の方々が掘ってくれた穴に、次々に苗を植えました。昨年から植えていたチューリップやムスカリの球根の葉がもりもりと土の上に顔をだしているのをみつけた子ども達は、植物のパワーに驚いていました。
子育て支援クラブエルフィンの方々は、いつもわくわくするような行事を企画してくださいます。そんなエルフィンさんに子ども達から折り紙で作った『ことり』をプレゼントしました。
4月からもよろしくお願いします!

元気に外遊び!

2022/02/19

立春を経て2月も中旬を過ぎると、少しずつ館庭の木々にも春の兆しが感じられるようになってきました。
宮城県緊急特別要請のため、2月中の行事やイベントがすべて中止となり、寂しい思いをしていた子どもたちも、元気に外で遊ぶ日が増えてきました。砂場の砂を掘り起こしたり耕したりしているうちに、穴掘りに夢中になって深く掘る競争をしたり、秋のうちに枝打ちをして集めておいた小枝に、毛糸をくるくる巻き付けたり、小枝の先端にキラキラの紐を付けたりして「魔法の杖」を作るクラフト遊びをする子もいました。
暦の上では立春を過ぎたとはいえ、まだまだ冷たい風の吹く日もありますが、早く春を呼び込めるように、これからもいろいろな外遊びを楽しんでいこうと思います。
♪春よ来い、早く来い♪

カラービーンズさんのバルーンショー

2022/01/29

2月の月イチチャレンジは、バルーンアート工房カラービーンズさんを招待し、「カラービーンズさんのバルーンショー」を開催しました。色とりどりのバルーンが、かわいいハートやお花、かっこいい剣に変身すると、子どもたちからは拍手が起こりました。何本もバルーンを組み合わせた大作では、子どもたちも手拍子をしてカラービーンズさんを応援しました。何ができるか目を輝かせて見つめていると、出来上がったのは可愛いミッキーマウス!子どもたちは「すごい」と声をあげていました。子どもたちも挑戦したバルーンアートでは、悪戦苦闘しながらもそれぞれに可愛いわんちゃんが完成しました。
出来上がった作品をお迎えに来たお家の人にほめてもらい、子どもたちは満足した様子で帰っていきました。

ママのためのリラックスタイム ~ぷちぷち可愛い多肉植物の世界~

2021/12/23

子育て支援クラブエルフィンさんの企画で、多肉植物の寄せ植えを作る行事を開催しました。直径6.5cmの2号鉢は、掌の上に乗るほどの可愛らしいサイズですが、そこに20個以上の色とりどりの小さい苗をピンセットで植えていきます。講師は「ここばな庵」代表のこせきようこさん。モルタルを使った立体的なイラストでオリジナル鉢に仕上げてくださり、乳幼児や小学生のママはもちろん、支援クラブメンバーも、職員も、参加者それぞれが、お気に入りの鉢を選んで寄せ植えを仕上げていました。当日は、北風がとても強い日になり、出席を見合わせた方もいましたが、後日出来あがった寄せ植え鉢をお渡ししました。お日様の光をあびて元気に育つことでしょう。

中学生職場体験

2021/11/16

 柳生中学校から4人の中学生が職場体験に来てくれました。仙台市では『仙台自分づくり教育』として、社会的・職業的に自立できる力を育むために、中学生の職場体験活動を行っています。児童館もその体験先として3日間受け入れをしました。清掃や消毒など日常の業務はもちろん、主体的に取り組むために2つのプログラムを計画してもらいました。乳幼児向けの紙芝居の読み聞かせと小学生向けに『柳中生と遊ぼう!』と称して、あそびの体験会を実施してくれました。乳幼児ママからは、温かい眼差しを受け、たくさん拍手をいただきました。小学生には、けん玉、なわとび、オリジナルぬりえ、と自分の得意なことを活かして積極的に小学生と遊んでくれました。最終日は、小学生みんなで見送りさようならをしました。今度は自由来館で遊びにきてくださいね。

芸術家派遣事業「みて・ふれて・感じるジャグリング」

2021/10/23

 今年度の芸術家派遣事業は、ぼたもち堂のみなさんをお招きし、「みて・ふれて・感じるジャグリング」を開催しました。
 子どもたちが遊戯室に入場すると、ぼたもち堂のみとちゃん、クラウンくみちゃんがパフォーマンスでお出迎えしてくれました。子どもたちはあっという間に目が釘付けとなり、次々に披露されるスゴ技に歓声をあげたり拍手をしたりしていました。一番盛り上がった演目は、みとちゃんによるバランス芸です。子どもたちにお馴染みの竹馬や大きな脚立をみとちゃんが見事顎に乗せると、子どもたちからは大きな歓声が上がりました。ジャグリングの面白さに触れることのできた一日でした。

お外でのんびりすごしています

2021/09/01

 夏休みが終わり、学校生活がスタートしましたが、コロナ感染の終息はまだまだ先が見えません。そこで、三密を少しでも回避するために、児童館の庭側にあるウッドデッキを活用して、半戸外で宿題をしたり、本を読んだりするスペースを作りました。初秋の気持ち良い風と、庭にある青々とした木立から差す木漏れ日の元、すぐに大人気の場所になりました。帰ってくると、競って宿題を始めたり、好きな本を持ってきて、友達と一緒に読んだりしていました。また、そのまま寝転がって空を見上げたりする子からは、『いやしのウッドデッキだ~。』と笑顔がこぼれていました。約6畳ほどのスペースですが、寒くなるまで、お気に入りの場所になりそうです。

夏休みの様子

2021/08/02

今年の夏休みの児童クラブの様子をお知らせします。7/21~8/24まで35日間の夏休みとなりました。今年は毎日3時に『休憩タイム』を設けて、検温、手洗い、うがいを行い、外の日除けタープで日光浴をしたり、寝転がって読書をしたり、体を休めるひとときになりました。また、夏休みお楽しみBOXと称して、遊びグッズを増やし、子ども達自作のカードゲーム、保護者の方にいただいたお寿司のおもちゃ、トルネードができるボトル、野球盤など、自由に誰とでも、いきいきと遊んでいました。また、尚絅学院大学生アルバイトの方が一輪車チャンピオンということもあり、貴重な演技を見せていただく機会もありました。オリンピックイヤーらしい素敵な思い出もできました。小学校のプール開放がなく、子ども達にとっては、夏の楽しみがひとつ少ない夏でしたが、毎日元気に、けがもなく過ごすことができました。

次のページへ

ページトップへ