仙台市の児童館・児童センター

行事レポート

人形劇サークル ぐう ちょき ぱあ さんがやってくる

2022/10/27

南光台市民センター・子育て支援クラブ「たんぽぽ」さんとの共催事業として、乳幼児親子さんを対象に市民センターホールで行いました。
かわいい動物たちの登場に子どもたちは興味津々で、近づいたり、なじみのある歌が流れると親子でゆったりとからだを揺らしたりと、和やかな雰囲気となりました。人形からきれいなシャボン玉が次々と出てくると、ママたちも驚いた様子でした。
素敵な生の歌と伴奏での人形劇が、親子でリラックスできたひとときとなっていれば嬉しいです。

らんらんたいむ「ハロウィンの森を探検しよう!」

2022/10/25

ハロウィンの森を探検する10月のらんらんたいむは、幼児親子6組7名の参加となりました。
遊戯室でかぼちゃのバッグ作り、魔女の帽子輪投げ、はらぺこおばけのボール投げ、くもの巣キャンディ取りのコーナーを、スタンプラリーをしながら回りました。全部のコーナーを回ると、どこからか魔法使いが…!子どもたちがドキドキしながら「トリックオアトリート」と声をかけると、お菓子のプレゼント!
最後に、ハロウィンのフォトコーナーで記念撮影。嬉しそうな笑顔で帰っていく親子の姿が印象的でした。

親子であそぼ合同「うんどうかい」

2022/10/25

市民センターの大きいホールで,乳幼児親子30組対象に「うんどうかい」を行いました。
「みんなで頑張るぞ!!エイエイオー!!」と,元気いっぱいの掛け声でスタートしました。
体操・かけっこ・大玉ころがし・障害物競走と競技はもりだくさん!!かけっこでは,ゴールにいるママを目指して一目散に走る姿,一人でチャレンジする姿,ママと手を繋いでドキドキしながら走る姿,できるようになったハイハイで一生懸命進む姿,それぞれの成長を会場のみんなで感じ,温かい雰囲気に包まれました。
親子一緒に体をたくさん動かし,笑顔があふれるうんどうかいでした。

おひさま広場 ハロウィンゲーム

2022/10/25

10月25日(火)のおひさま広場は,体操「おばけのばけちゃ」を踊り,絵本「トリックオアトリート」を読んで気分はすっかりハロウィンになりました。
まずはおばけ探しをして遊びました。遊戯室に隠れているおばけを全部見付けることができたら,かぼちゃ帽子をゲット!職員の背中にもおばけが隠れていたので,見付けた幼児さんは,ここにいたの⁉と驚いた様子でした。ゲットしたかぼちゃ帽子をさっそく被ってくれた幼児さんたち。かぼちゃおばけに変身して,おばけたちの仲間入りができました。
次におばけゲームです。おばけすべり台,蜘蛛の巣くぐり,おばけの的あてなどで遊びました。特に人気だったのはおばけの的あてでした。
最後は「トリックオアトリート!」と呪文を唱えて魔女からお菓子をもらい,ハロウィンの雰囲気を楽しみながら,みんなで和気あいあいと過ごすことができました。

ちびっこハロウィン

2022/10/24

10月24日に「ちびっこハロウィン」を開催しました。先生たちのダンスでハロウィンがスタート!
お家から仮装をしてきた可愛い衣装に身を包み、かぼちゃの馬車やお城の前で「ハイ!チーズ!」写真を撮りました。かぼちゃのころころビンゴやおばけ&かぼちゃつり、魔女の帽子のわなげで楽しく遊んだ後は、思い思いにかわいらしく飾ったハロウィンバッグに景品のおもちゃやおみやげを入れました。
最後に「トリックorトリート!」の合言葉で、子育て支援クラブ「めんこいっちゃ」の皆さんからプレゼントをもらいました。
ちびっこさんたちの仮装は、一時間だけで終わってしまうのがもったいないくらい、とても素敵でした。

にしタガーの森ハロウィンフェスティバル

2022/10/23

今回,コロナ禍で開催を見送っていた児童館まつりを3年ぶりに開催することができました。
「にしタガーの森ハロウィンフェスティバル」と題して,小学生を対象に実施しました。
当日は,ハロウィンにちなんだ楽しい遊びのコーナーや様々な工作コーナーなど盛りだくさんの内容で時間が許す限り何度も遊んで楽しんでいく姿が見られました。久しぶりの児童館まつり開催に,子どもたちもスタッフも皆嬉しさでテンションが上がり,終始児童館に子どもたちの元気な笑い声やニコニコ笑顔が飛び交い大満足の中終えることができました。
来年も地域の皆さんと一緒に楽しいおまつりが開催できることを願います。

じどうかんまつり

2022/10/22

今年も10月22日に児童館祭りを開催することが出来ました。
昨年同様、参加は小学生の申込をした人だけと人数や対象に制限がありましたが、ヨーヨー釣り、射的、工作、ストラックアウト、かぼちゃさがしと様々なコーナーで楽しく遊びました。
特に射的では子育て支援クラブの皆さんにアドバイスを受け、真剣な眼差しで的に狙いを定めていました。
最後のかぼちゃさがしでは、会場のあちこちにあるかぼちゃに書かれた文字を探して組み合わせ、一つの言葉にしますが、似たようなかぼちゃの飾りがあったり、間違えないように一生懸命探していました。
子育て支援クラブの皆さんの他に子ども会育成会や児童クラブの保護者の方にボランティアで参加して頂き、賑やかに開催が出来て良かったです。

「NENOフェス」

2022/10/22

3年ぶりの児童館まつり『NENOフェス』はマジシャン『アッキー小川』の不思議なマジックでスタート!!
今年度は50人定員の申し込み制で民生委員さんや子育て支援クラブさんのご協力の下、コロナ禍でも無事に開催することができました。
オリジナルキャンドル作りや缶バッジ作り、アンパンマンのお面屋さんの他、缶つみタワーやパックンシュート、輪なげ、とすけなど盛りだくさんのコーナーで密になることなくゆったり遊ぶことができ、あっという間の1時間半でした。
終了後は参加者から「楽しかったぁ!!」とたくさんの嬉しい声を聞くことができました。お忙しい中、ご協力いただきました皆様、本当にありがとうございました。また来年も楽しみにしていてくださいね!!

地域探検「岡田探検隊」

2022/10/22

最初に訪れたのは、岡田小学校西門前にある「板碑群」です。ご先祖様達に安心して生活できるようにお願いをするために建てられたものです。中には建てられてから200年以上過ぎたものもあり、古くから岡田に人が住んでいたことが分かりました。
次に向かうのは、創業から100年以上続く「鈴木商店」です。お店の方からはお店の歴史と、「もう何十年も、岡田の子ども達を見守ってきましたよ。」というお話を聞きました。子ども達は地域の人達に温かく見守られていることが実感できました。
最後は佐藤園芸さんです。子ども達は学校体育館ほどのビニールハウス内で育てられている、色とりどりのパンジーやビオラに大興奮です。
今年も自分の生活する地域の再発見ができた行事でした。

ゆもとじどうかんまつり

2022/10/22

3年振りとなるじどうかんまつりを開催しました。
開催するにあたって、申し込みは来たものの、どれくらいの人たちが興味をもって、来てくれるかがよめず、当日までドキドキしていました。
今回遊ぶコーナーは、プラズマカーレース、たこ焼きビンゴ、水ヨーヨーつりとバルーン体験でした。子ども達は普段遊んだことのないものに加え、自分の釣った物や作った物は持ち帰れるというのが嬉しかったようです。
工作コーナーでは、紙皿とガチャケース、竹ひごを使ったコマを作りました。こちらもいつもはあまり登場しないキラキラテープ、シールをふんだんに使い、みんな丁寧に仕上げていました。
とすけでは、なかなか思い通りの物が出ず、もう一回やりたい!と粘っている子もいました。
そんな中一番人気のあったのが「館長先生のオオクワガタ大抽選会」です。広報は館内に1枚ポスターを貼っただけのシークレットイベントでしたが、男の子を中心にたくさんの子が参加していました。夏から館内で館長先生のクワガタやカブトムシを飼育していたこともあり、昆虫への興味が湧いているところだったので、みんな我れ先にと応募券へ記名し箱に券を入れていました。
その他にもプラズマカータイムトライアルやバルーン体験などイベントタイムを含め、1時間半たっぷり遊びました。子ども達がたくさんのおみやげを抱えて楽しそうに帰って行く姿を見ることが出来て、職員一同とても嬉しい一日でした。

前のページへ

次のページへ

ページトップへ