仙台市の児童館・児童センター

児童館一覧

桜ケ丘マイスクール児童館

  • 設置:平成10年6月1日
  • 指定管理期間:令和3年4月1日~令和4年3月31日

「花を植えよう!」

2021/05/12

子育て支援クラブさんと児童クラブの1年生で、花壇にトマトやキュウリなどの野菜と、色とりどりの花の苗を植えました。
遊戯室で説明を聞いた後、全員張り切って外に出て作業を始めました。
シャベルで土を掘って、優しく大事そうに苗を植える子どもたち。土をペタペタとならして、気持ち良さそうに感触も楽しんでいました。その後支援クラブさんが野菜が大きく成長するよう、風に飛ばされない頑丈な支柱を立ててくださり完成です。
花壇の前を通るたびに、成長する野菜や花の様子を見るのを毎日楽しみにしています。水や太陽、土の栄養をたっぷり吸収して、美味しい野菜が収穫出来るのが待ち遠しい日々です。

光るプラバンを作ろう!

2021/03/13

子どもたちに大人気のプラバン作り!今回は、光るプラバンでキーホルダーを作ります。
1年から6年までの全学年の申込みがあり、中には1月の行事に参加してくれた子も複数人いて、行事を心待ちにしていてくれたことが嬉しかったです。プラバンに絵を描く作業中には、1年生に色のアドバイスをしてくれた5年生、下絵無しで直接プラバンに描いている6年生を「すごい!」と言って覗き込んで見ている1・2年生等...焼きあがったプラバンを笑顔で見せ合う姿もあり、あちらこちらで、異学年の交流を見ることが出来ました。「本当に光るか家で試してみるね」と、ニコニコ顔で帰っていった子どもたち。きっと本当に光るのを見て驚いたり、喜んだりしたでしょう。

「劇遊び」

2021/02/20

開始時間の5分前には皆そろって始まった「劇遊び」。講師の方から①自分の好きなようにやる②人を馬鹿にしない③怪我をしないの3つの約束の話がありました。いろいろなお題を出され、子どもたちは戸惑ったり悩んだりしながらも楽しそうに演じていました。ものの気持ちを考え演じることにより、相手のことを思いやることに通じていくんだなということが心に残ってくれると良いと思いました。体を思い切り使い、最後は参加者全員で遊園地の「コーヒーカップ」を演じた後は「楽しかった」という笑顔がいっぱいでした。満足そうな様子で仲良く帰っていく姿を見て、とても嬉しく思いました。

下敷きを作ろう

2021/01/23

「ずっと行事を待っていました~」嬉しい言葉と共に申込みをしてくれた小学生。
久しぶりの小学生行事は、好きな絵に色を塗りラミネートをかけて下敷きを作ります。参加した子ども達には、事前に描きたいものを考えてきてもらいました。大ヒット中のアニメの主人公や好きなキャラクター、オリジナルの作品等々・・中には4月に1年生になる妹の為にと妹の好きなキャラクターを書いて下敷きを作った子もいました。
世界に一つだけの下敷きの完成です。
子ども達から「楽しかった~。また行事をやってください!」行事終了後に、嬉しい言葉を聞くことが出来ました。

親子でフラワーアレンジメント

2020/12/19

「わたしは熊手!」秋に落ち葉を集める時に活躍しているよ。
だけど、今回の行事「親子でフラワーアレンジ」では、幸せをザクザク集める縁起物として、お花や鶴、稲、松を飾ってもらいお正月飾りに大変身したんだよ。行事当日は、大雪が降って外は真っ白な銀世界。参加してくれた小学生の親子が、とっても楽しそうにわたしを飾りつけてくれて、すごくうれしかった。今年は、コロナウイルスが流行して大変な1年だったけど、来年は穏やかで楽しい年になるようみんなの健康と幸せを祈っているね。

人形劇

2020/09/07

開始30分前から集まってくれた幼児親子さん。このコロナ禍でやっと実現した行事を楽しみにしていてくれたんだと実感しました。手洗い・消毒のあと「ぐうちょきぱあ」さんの手遊びから始まった人形劇。参加した3組の親子はニコニコ笑顔でした。その場で親子一緒に手遊びをしたり、音楽にあわせて体を動かしたり…。大型絵本を読んでくれた時はしっかりと聞いていて魔女さんの問いかけにも上手にお返事をしていました。「5と言ったらサツマイモ」では、出てくるみんなが次々とお芋にされてどうしよう…と心配そうに見ていたけれど、最後は元に戻ることができてホッと一安心。お別れにはステキなプレゼントをもらって嬉しそうに帰っていきました。

児童クラブ「交通安全教室」

2020/08/11

例年になく短かった今年の夏休みでしたが、児童クラブの子ども達は、毎日元気に過ごしていました。そんな夏休みの一日、交通安全指導課の皆さんによる「交通安全教室」を開催しました。ガイドラインに従い、対象は制限して1年生のみ、開始前に検温と消毒、そして一枚のマットに一人ずつの指定席、講師との間隔も2Mあける対策をしました。最初は少し緊張していた子どもたちも、何が見える?や間違い探しのクイズに積極的に手を挙げて答えていました。難しい自転車事故の保険の話もDVDが始まると真剣に見ていました。次の日、安全教室でもらった反射板をリュックにつけて児童館に登館してくれた子ども達。交通安全について考えるいい機会になったようでした。

令和2年度児童クラブ保護者会

2020/07/04

児童クラブの子ども達が作った七夕飾りを玄関に飾り、保護者の皆さんをお出迎え。今回の保護者会は、3密を避けるため、1年生と今年度新しく登録の申し込みがあった2年生以上の保護者に限定して開催しました。3月の保護者会が中止になり、今回が直接保護者の皆さんに、児童館・児童クラブについて説明する機会になりました。手の消毒や間隔をあけて座って頂くなど感染防止に協力して頂きました。会終了後には、子ども達が書いた短冊を見て笑顔で帰っていかれる保護者の姿がありました。短冊の願いに「世界からコロナがなくなりますように!」と、書いたお友達がいました。このお願いが早く叶いますように?

劇遊び

2020/02/19

「劇遊び」の申込みはあっという間にいっぱいになり子どもたちの関心の高さを示していました。当日は授業参観日で早くか
ら集まった子どもたちは、(どんなことするのかな?うまくやれるかしら…)と期待と不安の入り交じった様子。講師の「仙台シアターラボ」の方々といろいろな役に取り組み演じることにより、相手の立場に立って思いやる気持ちや接し方を学んだ時間でした。皆とても元気いっぱいで、走ったりジャンプしたり思いっきり体を動かしていたので顔も真っ赤!それぞれが自分の動きを楽しそうに表現しながらも、相手や仲間の行動を邪魔せず表現していました。迎えに来た保護者からも「こどもたちとても喜んでいました。」という声をきけたのも良かったです。

豆まき おにはそと!

2020/01/28

2月3日の節分を前に、今回の幼児クラブは「豆まき」です。牛乳パックで豆箱を作り、中には新聞紙で作った豆を入れ、段ボール製のかわいらしい『赤おに』『青おに』に向かって「おにはそと~ふくはうち~」と元気に豆をまきました。お母さんたちにも、節分の由来と正しい豆まきの唱え方『天打ち、地打ち、四方打ち、おにの目ん玉ぶっ潰せ!』を伝えると「初めて知った!」と驚いていました。子どもたちは、それぞれの心の中にある「おに」をやっつけようと一生懸命で、親子で笑顔あふれる活動となりました。帰りには、節分の魔除け『ヒイラギイワシ』をお土産に配りました。一年間、災難から家や家族を守ってもらうよう玄関に飾ってもらえたら嬉しいです。

次のページへ

ページトップへ