仙台市の児童館・児童センター

児童館一覧

吉成児童館

  • 設置:平成8年4月26日
  • 指定管理期間:平成31年4月1日~令和4年3月31日
  • 併設施設:吉成市民センター、コミュニティ防災センター

どんぐりひろば

2020/09/09

読みきかせボランティア「どんぐりころころ」さんによる乳幼児親子対象の定例行事「どんぐりひろば」を実施しました。半年ぶりのおはなし会となり、本来の自由参加型ではなく、定員を設けた事前申込み制の開催となりましたが、行事を楽しみにしていた親子が参加してくれました。
 いつものように「どんぐりころころ」の童謡に合わせた手遊びから始まり、楽しい絵本や紙芝居、かわいい人形遊びやみんなで一緒に行う歌遊びなどで、子どももお母さんも大喜びです。最後は「さよならあんころもち、またきなこ」でおしまいでした。あっと言う間の楽しい30分でした。次回の開催も待ち遠しく思われる、素敵なおはなし会でした。

ぱんだくらぶ「はじまりの会」

2020/08/27

 2、3歳幼児親子の登録制幼児クラブ「ぱんだくらぶ」のお友だちが笑顔で集まりました。今年度になってはじめての会でしたので、少しだけ緊張しましたが、「さんぽ」の曲に合わせた行進や「ペンギンのプール体操」をお母さんと一緒に元気に踊りました。お名前を呼ばれて、タンバリンにタッチする時は、ドキドキした様子でしたが、みんな上手にできました。職員によるアンパンマンのボードビルは、「勇気リンリン」の曲を一緒に口ずさみながら楽しみました。ソーシャルディスタンスを守りながらはじめて会ったお友だちや、久しぶりに会ったお友だちとのひとときを過ごすことができ、笑顔が溢れていました。また9月に会えるのが心から楽しみです。

「令和2年度児童クラブ保護者会」

2020/07/11

児童クラブの1年生の保護者を対象に保護者会を開きました。子どもたちの児童クラブでの過ごし方について,写真をスクリーンで上映し,登館してからどのように過ごしているのか,遊戯室や館庭を使ってどんな遊びをしているのかを見ていただきました。子どもたちの楽しそうな様子に保護者の方々も安心されたようで,笑みがこぼれる時間となりました。また,南吉成交番の長田巡査部長にお越しいただき,地域と家庭でできる防犯対策について講話をいただきました。最近の地域における防犯上の注意事項のほか,「いつでも交番に相談に来てください。」との話があり,地域と交番を繋ぐとても良い機会となりました。

こま侍とあそぼう

2020/02/19

今年もこま侍がやってきました。
「こま侍!」という子ども達の呼び込みで登場し,同時にこまの技を披露します。空中でこまを手のひらに載せて回す「つばめ返し」,親指で回す「とうろう」,そして頭の上で回す「タケコプター」と,こま侍の連続技に子ども達は大興奮です。続いて,簡単に出来る技の披露と,初めてでも回せるこまの回し方を教えてもらいました。
その後の自由遊びでは,的入れや簡単な技に挑戦したり,こま侍を交えての長回し対決で盛り上がりました。
行事後も子ども達は,こま回しに夢中です。こま名人を目指し,いろいろな技に挑戦するきっかけとなった行事になりました。

小正月をたのしもう!

2020/01/07

1月の行事「小正月をたのしもう!」を小学生・乳幼児親子の皆さんと遊戯室で行いました。「小正月」についての話を聞いた後,さっそく4グループに分かれ,小正月のお飾り作りを始めました。紅白の餅をそれぞれ小さくちぎって丸め,ミズキの枝にくっつけていき,最後に小判や鯛などを飾ります。幼児さんもお母さんと一緒に餅をつけることができ,楽しんでいました。その後は,7日の朝に食べる「七草がゆ」をみんなでいただきました。「春の七草を知っている人?」と聞くと,大きな声で七草の種類を教えてくれる子がたくさんいました。おかわりする子もいて,幼児親子と小学生がおいしくいただきながら一年の始まりを楽しみました。

おたのしみ会

2019/12/25

冬休み初日の午前中に,子育て支援クラブ「クレッシェンド」共催行事「おたのしみ会」が開催されました。地域との世代間交流を図ることを目的に出演者を大募集して,当日の児童館遊戯室は出演者と観客で一杯になりました。ぶらぶらシアター「サンタサンタさん」,吉成児童館のうた,オカリナやギター演奏,「パプリカ」ダンス,吹奏楽演奏などクリスマスの雰囲気が感じられる中で,笑顔あふれる和やかなひと時を過ごし,頑張った出演者に,たくさんの拍手と児童館からの手作りプレゼントが贈られました。会の終わりには,「クレッシェンド」から、お菓子と手作りマグネットのお土産が参加者全員にプレゼントされ,満足感あふれる会となりました。

ふわふわたいむスペシャル「簡単布おもちゃ作り おべんとうばこ」

2019/11/28

布の絵本づくりボランティアグループ「かざぐるま」を講師に,今年もふわふわたいむスペシャルを開催しました。子どもの心に優しく寄り添う布おもちゃを製作し,親子の絆が一層結ばれた行事となりました。今年は,布でつくる「おべんとうばこ」です。次々と完成する,おにぎり・ウィンナー・トマト等を見て,子ども達のわくわくは止まりません。一番人気の卵焼きは,思わず食べてしまいたくなるほどで,笑顔がこぼれていました。製作中は,大型布おもちゃと子育て支援クラブ「クレッシェンド」の見守り託児で,安心して製作に取り組むことができました。出来上がったおべんとうは優しく、絶品でした。

吉成じどうかんまつり

2019/10/19

 今年も「むかしばなしであそぼう!」のテーマでじどうかんまつりが開催されました。
雨天のため,みんなが楽しみにしていたポニーのポーちゃんやいくつかのコーナーは中止となってしまいました。
 しかし,「かぐやひめのまんげきょう」や「うらしまたろうの魚くじ」など昔話にちなんだコーナーでたくさんの小学生や幼児親子が笑顔で楽しむことができました。
 また,子育て支援クラブ「クレッシェンド」の皆さんや吉成市民センター,たくさんの地域のボランティアの方々に協力していただくことができました。
 多くの方が来館し,とても賑わったまつりとなりました。

吉成チャイルドスクール③「移動天文車ベガ号がやってくる!」

2019/09/20

吉成市民センターとの共催事業で天文台より移動天文車ベガ号がやってきました。初めは多目的ホールに集まり、スクリーンに映し出された星空の映像を見ながら、星の大きさや星図、星座のことについてお話を聞いたり、木星は何でできているのかの説明を受けました。星に興味がある子どもたちが多く、天文台の方の話を一生懸命に聞いていました。クイズにもたくさんの手が挙がりました。その後、天体観察になり、外に出て見ると、雲の合間から一等星のベガを見ることができました。アルビレオという二重に見られる星も見え、子どもたちの歓声と共に素敵な夜の行事となりました。

玉川学園ハンドベル演奏会

2019/08/22

東京町田市にある玉川学園ハンドベル部は,震災の被災地を訪れて演奏活動をしています。夏休み最終日,吉成児童館で開催されました。
 最初は観客の前に並んだ沢山のベルに目を奪われました。演奏が始まると高等部の生徒が息を合わせてベルを操り,素敵な音を奏でます。演奏された曲は,みんなが知ってるアニメやゲームの曲,J-POPなどです。演奏の迫力と魅力に子ども達はすぐに引き込まれ,最後まで楽しんで聞くことができ,演奏が終わると沢山の拍手が鳴りやみませんでした。
 演奏後には生徒達との交流会があり,実際にベルに触ったり,鳴らしたりして,みんな大喜びでした。夏休み最終日,とても楽しい時間となりました。

次のページへ

ページトップへ