仙台市の児童館・児童センター

児童館一覧

桂児童センター

  • 設置:平成13年12月4日
  • 指定管理期間:令和4年4月1日~令和7年3月31日
  • 併設施設:桂市民センター

小学生タイム「プラバン」

2022/05/28

今年度最初の小学生タイムは、「プラバン作り」でした。予めプラバンのサイズを伝えていたので、描きたい絵柄を紙に書いてきたり、本を持参するなどし、子どもたちの意欲的な姿が見られました。
黒ペンで絵を描いた後は、色鉛筆とカラーペンで色塗りをしました。ペンを使用した子は、はみ出さないよう慎重に、色鉛筆の子はちゃんと色がついているのか心配しながら塗っていましたが、どの子も楽しそうに作業していました。
最後にプラバンを焼いた時は、トースターの中でぐにゃりと曲がる様子を「ワー」「キャー」と叫びながら見守っていた子どもたち。
約4分の1に縮まったプラバンを見て、「カワイイ!!」と皆とても喜んで、キーホルダーにして持ち帰りました。

たんぽぽタイム「はじまり会」

2022/04/28

今年度もたんぽぽタイムが始まりました。
1回目は知らない親子同士がお友達になってもらいたいと思い、自己紹介カードを作りました。
その後、そのカードを使って曲の間親子で歩き、曲が止まったら近くにいる親子同士で、お互いに自己紹介をするというゲームをしました。
一人一人と「子どもの名前」「マイブーム」等を書いた名刺を交換すると、
「家の子と同じ!」とか、家での遊びや様子に会話が弾んでいました。
そして、中々次のスタートが出来ないという場面も見られましたが、
親子でお友達を作ったり、今まで知らなかったお友達の一面を知る会になりました。
このように「たんぽぽタイム」では、年間を通して、親子で楽しめる活動を用意しています。
今年度もたくさんの方々のご参加をお待ちしています。

明治チョコレート教室

2022/03/18

児童クラブの小学生を対象に明治主催の「カカオ・チョコレート教室を開催ました。
実物大のカカオの模型を見せてもらったり、カカオが成長してチョコレートになるまで何年かかるかなどをクイズ形式で教えてもらいました。そのことで、みんなが大好きなチョコレートの秘密を楽しみながら知ることができました。
チョコレートの秘密を知った後は、自分だけの巨大マーブルチョコの筒作りをしました。ねり絵のキャラクターをぬる時は、お手本を真似する子や「このバスはチョコレート色にしよう!」「このキャラはこの色でぬろう!」などとそれぞれ楽しそうにぬっていました。
そして、ぬり終わったぬり絵を貼ってもらい、中にマーブルチョコレートを入れて、「巨大オリジナルマーブルチョコ」が完成しました。
それを、みんな嬉しそうに家に持って帰りました。

「けん玉名人と遊ぼう」の行事を通じて

2022/02/15

1月、「けん玉名人と遊ぼう」という行事で講師の小野寺ゴリさんに教えて頂き、けん玉にチャレンジする児童が多く見られるようになりました。
けん玉が得意な児童が、「こう持った方がやりやすいよ」などと、技のコツを他の児童に教えるようになり、なかなか技を決まらず苦戦していた児童も、技が決まるようになってきました。技が決った時は、「出来たー!」と友達と一緒に喜んだり、職員にも満面の笑みで教えてくれます。
児童達は、今まで出来なかったことが出来た時の達成感を味わうことで、けん玉が好きになり「次はもっと難しいけん玉の技に挑戦しよう!」と意欲的に取り組んでいます。

けん玉名人とあそぼう

2022/01/29

小学生を対象に講師の石巻剣玉部の小野寺ゴリさんをお招きして、「けん玉名人とあそぼう」を開催しました。当日は、けん玉名人こと、ゴリさんが数々の圧巻のパフォーマンスを披露し、参加した子ども達から、「おーっ!」と歓声が上がりました。その後、子ども達は、けん玉を楽しみながら技の上達に繋がるドキドキワクワクのバランスゲームなどの遊びをしました。更に、ゲームが終わった後、名人直伝のけん玉が上手になるコツや、かっこよく見える名人ならではのやり方を子ども達に教えてくれました。子ども達は、「やってみたい」という思いで、全員が目を輝かせて話を聞いていました。行事が終わった後も、児童センターに残って練習をしていた子どもが多くいました。

クリスマスリースを作ろう

2021/12/18

今月の小学生タイムでは、クリスマスリース作りをしました。入室する時、オーナメントのキラキラしたハート、星、ベルの中から
「自分の好きなものを1つ選んでね。」と職員から言われると、子ども達は、目を輝かせて選び、席に座りました。フェルトのひいらぎの葉を付け、最後にキラキラふわふわした飾りを添える時は、パーツを置いてみて考える子、「〇〇くんって工作得意だよね。」と参考にする子、直感で次々と付けていく子など様々でした。そして、一人一人が工夫して個性あふれる作品を作っていました。
当日は初積雪の日で、職員が心配したにも関わらず欠席もなく、持参物をきちんと持って時間前に集合し、参加者の期待の高さが伺える行事でした。

チャレンジ!防災ミッション

2021/11/20

恒例になった「桂赤十字奉仕団」の皆さんと共催の防災について学ぶ行事に20名の小学生が参加しました。今年は東日本大震災後10年なので、「当時、桂の電気やガスの復興に何日掛った?」「避難所に避難した人数は?」などのクイズから、コロナ下での避難ソーシャルデスタンス2mにちなんだものまで様々なコーナーに友達と一緒にチャレンジしました。暗い中ヘッドライトを頼りに物を探すことの大変さ、2m位だと思ってお菓子を並べてみると、全然足りなかったり、長すぎたり。でも、奉仕団の方々にアドバイスをもらって全てのコーナーをクリアし、景品をゲットすることが出来ました。そして、ちょっと防災博士になった子ども達でした。桂赤十字奉仕団の方々からは「小学生と一緒の行事は楽しい!活力をもらえる!桂赤十字奉仕団メインイベントして来年も宜しく。」参加者の保護者の方からも、「親が分からないようなことを一杯学んできて、家に帰ってからも興奮していろいろ教えてくれました。ありがとうございました。」とのコメントを頂きました。

ダンス発表会

2021/10/16

令和3年10月16日(土)
桂児童センターでは、ダンスを通じて体を動かす楽しさや達成感を味わってほしいと思い、ダンスクラブを結成しました。発表会に向けた練習期間に、緊急事態宣言が出されたときは、自宅で練習をしたり、児童センターでは、遊戯室で「ダンスの曲をかけて!」と言って遊びの中で踊りながら「ダイナマイト」「愛日本」の2曲を覚えたダンスクラブの子ども達です。全員揃って練習が1回も出来なかった中でも、発表会当日は、子ども達のハツラツとした演技を見せてくれ、保護者の方々から、「感激しました。ありがとうございました。」など嬉しい言葉を頂きました。発表した子ども達も、「来年もやりたい」や「楽しかった」と笑顔で帰っていきました。コロナ禍でも、子ども達が頑張った姿を保護者の方々に見せることができ、本当に良かったと思いました。

合同避難訓練

2021/09/17

児童センターでは月に1度、避難訓練を実施しています。今回は桂市民センターと合同で消防訓練を行いました。訓練が始まると市民センターと児童センターの全館に警報が鳴り、火災の発生を知らせる放送が流れました。大きな警報の音に怖がる子どももいましたが、静かに放送を聞き、職員の話をしっかり聞いて無事に避難することができました。避難後は浅野防災さんからお借りした水消火器を使って消火訓練をしました。消火器についてお話をしていただいた後に、実際に水消火器を使ってみました。子どもたちは少し緊張しながらも、「火事だー!」と大きな声で叫んでから、的に向かって勢いよく放水!はじめて消火器に触る子が多く、貴重な体験となりました。

児童クラブの夏休みの水遊び

2021/08/02

「まん延防止等重点措置」適用とその後に出された「緊急事態宣言」の中での児童クラブですが、感染防止を図りながらも子どもたちが児童クラブにいる間ストレスを溜めることなく、充実した時間が過ごせるようにしました。
今年も夏休み中のプール開放がなかったので、夏休み中暑い日は、園庭にミニプールとクジラシャワーを出しました。暑い中子どもたちに涼を求めて足を入れバシャバシャしたり、手で触ってお互いに掛け合って楽しんでいました。保護者の方々からも「いろいろ工夫して頂きありがとうございます。」という感謝の言葉もいただきました。これからも職員の知恵を絞りながら、コロナ下子どもたちの安全を第一に、児童クラブにいる間少しでも充実した時間、今できる遊びの提供をしていきたいと思います。

次のページへ

ページトップへ