仙台市の児童館・児童センター

児童館一覧

黒松児童館

  • 設置:昭和44年4月1日
  • 指定管理期間:平成30年4月1日~令和5年3月31日

くまっちー1「バレトン」

2020/09/17

9月のくまっちー1は、講師に滿園依李氏をお招きして「バレトン」に挑戦しました!バレトンとはニューヨーク発の裸足で行うバレエワークアウトです。バレエと聞いて優雅でスローな動きをイメージするかもしれませんが、なかなかの運動量に皆さんビックリ!「身体を動かし続けること」を目標に、ママたちもスクワットやウエストをひねる動きなど全身を使った運動で汗を流していました。お子さんたちは音楽を聴きながらおもちゃであそんだり、ママの頑張っている姿を足元で見守りながら応援♪参加した皆さんも「自分の運動時間をなかなか持てないのでいい機会でした」「思いっきり身体を動かせて楽しかったです!」という声が聞かれました。

くまっちー0サロン「お誕生会&サイコロトーク」

2020/08/21

0歳児親子を対象とした「くまっちー0サロン」7月に続き今回は2回目です。生後2か月から今月1歳のお誕生日を迎えたお友だち3組の親子の参加でした。ふれあいあそびは、ぷかぷかと海に浮かぶイメージを持ちながら童謡「うみ」に合わせリンパマッサージとママの手を目で追う動きを取入れて遊びました。少しぐずっていた子も歌が始まりママの手が触れると不思議と機嫌がよくなっていました。お誕生会は歌でお祝いをし、ママと一緒に記念撮影。とってもかわいいバースデーカードがお土産です。また、サイコロトークでは、「ママの疲れはどこに?」の目に「子育てをしていると腰・背中が痛くなる」という意見があり、後半はママのためにストレッチタイム…腰と背中を中心としたお家でも簡単にできるストレッチを行いました。

くまっちーの宝箱

2020/07/14

今年度に入り初めての行事。近隣の幼稚園がお休みのため昨年度クラブに在籍していた兄姉の参加もありみんなワクワク笑顔で来館してくれました。お友だち同士の距離をとりながら幼児親子7組で「梅雨」をテーマに宝箱のスタート。始めに♪かたつむり♪にあわせて手遊びや体あそびをしながら、久しぶりの児童館でのあそびを親子が触れ合いながら楽しんでいました。また、工作「お散歩かたつむり」では子どもたちが殻や体に絵を描き角や目を貼り付け、最後にママと一緒に成形し腹足にスズランテープでお散歩用のリードをつけお散歩の開始。カタツムリを気にしながらそっと後ろ向きに歩く子、カタツムリと一緒に並び歩く子、みんな楽しそうにお散歩していました。

クラフトDAY

2020/02/06

バレンタインデーを前に「身近な人や自分への贈り物を作る」をテーマに、オリジナルマグネット作りをしました。子どもたちは誰に贈ろうかと考えながら、紙粘土をこねこねし、動物やお花、ハートなど思い思いに形を作り、ビーズで飾り付けをした後、マグネットを貼りました。どの子も真剣そのもので、目をきらきらさせてマグネット作りをしていました。「先生見て、できたよ。」と、満足げに職員に見せてくれる子や、一緒に参加された幼児親子さんとも作品を見せ合い作品の感想を言い合いながら、楽しいひとときを過ごしていました。小学生の中には、お母さんや児童館の先生に作品をプレゼントした子もいて、バレンタインデーの素敵な贈り物になりました。

くまっちーの宝箱スペシャル

2020/01/28

節分を前に、テーマは「鬼」です。親子で触れ合い遊びをした後、宝箱から絵本「おにはうち」が登場。優しい鬼の物語に子ども達は真剣な眼差しで聞き入り、お母さん達はそんな我が子を優しい表情で見守っていました。次は「赤鬼と青鬼のタンゴ」のダンスタイム。かわいい指を角に似せて小さな鬼になりきり、笑顔でタンゴのリズムに合わせて踊りました♪
みんなでいっぱい遊んだ後は、手形・足型をとり、カードを作りました。親子で交流しながら製作を楽しんでいる様子でした。「子どもの成長を少しでも感じられるので嬉しい」と製作を楽しみに来館される方もおり、月に一度の特別な時間を過ごしていました。

くまっちースペシャル「おたのしみ会」

2019/12/05

おたのしみ会のテーマは「親子で参加しよう」です。歌や手遊び、お手玉遊び、ペープサートで楽しみました。公演いただいた髙橋氏のウクレレに耳を傾けながら「おもちゃのチャチャチャ」や「北風小僧のかんたろう」など全5曲を身体をゆらゆらと動かして親子で楽しみながら歌いました。お手玉遊び「おせんべやいて」では、♪お醤油漬けて…の部分を参加したお友だちの好きなものに変えて遊ぶことで会場は一気に盛り上がり一体感を感じました。後半は、サンタクロースの登場です。突然の登場にママにしがみつく子もいましたが、一緒にダンスを踊り一人ひとりサンタさんからプレゼントを貰うと笑顔で会場がいっぱいになり、年末の楽しいひと時となりました。

くまっちー0「わらべうた」

2019/11/20

今回は講師に武石麻弥氏をお迎えして親子でわらべうた遊びを楽しみました。お返事遊びやおむつ交換時におすすめの声がけなど、
日々の育児に役立つ知恵と愛情たっぷりのわらべうたを教えていただきました。写真は薄い布を使ったわらべうた「かっこう えだぁ」です。赤ちゃんの反応は様々で、布を被せられすぐ外す子や全く平気で被ったままの子、被せられた瞬間に泣いてしまう子もいました。
ママ達も「性格の違いがわかる!」と驚いていました。「0歳児はママの手と声でたくさん遊べるのよ」と先生のお話の通り、赤ちゃんたちは一生懸命ママの声と手の動きを目で追いながら嬉しそうに反応を返していて、ママたちもその様子に癒されていたようです。

やきいも&やきやきパーティー

2019/10/16

秋休みのお楽しみ…毎年恒例の「やきやきパーティー」。今年は、子育て支援クラブと共催で〝やきいも″も焼くことになりました。さつま芋を新聞紙で包み濡らし、アルミホイルで包みいよいよ熾火の中へ…「どこに入れればいいの?」子どもたちは不安と期待で心を躍らせながらかまどに入れ出来上がりを待ちます。この間、知っていると自慢できる「さつま芋クイズ」や、持参した食材を焼いて待ちました。マシュマロ、ウインナーは串焼きに…炭火に近づきすぎないように真剣な顔でくるくると串を回しながら焼き加減をチェック。餅や笹かまは網焼きで…トングを使い両面お好みに焼きます。「もういいかな?」「おいしい!」みんな自分で焼いて満足。いよいよ「やきいも」です。アツアツ・ホクホクをみんなで美味しくいただきとても良い笑顔で終えることができました。

黒松市民センター・黒松児童館まつり

2019/09/28

恒例となった黒松市民センターと合同のまつり開催。今年のスタンプラリーは、全館にポイントを拡大!お楽しみグッズのゲットを目指して、スタンプカードを手にどこから回ろうかワクワクドキドキ。遊びのコーナーでは「水ヨーヨー」、「とすけ」や児童館での普段の遊び等、地域の方々との触れ合いを楽しんでいました。食べ物コーナーでは、味噌おでんや綿あめが大人気で、長蛇の列が出来ていました。そして、ステージでは「チャレンジクラブ」のダンス発表!この日の為に練習を積み重ねた成果が発揮され、たくさんの拍手とお褒めの言葉をいただきました。最後までお天気にも恵まれ、笑顔あふれる一日となりました。

自然体験「ジャガイモ収穫」

2019/08/09

5月に畑に種植をしたジャガイモの収穫を子どもたちと行いました。午前中の強い日差しの中子どもたちは土の中のジャガイモを懸命に探します。「これみてぇ!すごく大きいよ!」「こんなにいっぱいとれた!」と楽しみながら収穫をし、豊作を喜びました。収穫を終えると「いつ食べる?ジャガバターがいいな!」など食欲もわいてきます。午後のおやつタイムでは、残念ながらバターはありませんが子どもたちの要望に応え『茹でジャガイモ+お塩』でアツアツ茹でたてをいただきました。「甘いね。どうやって作ったの?」…茹でただけです。「お替りある?」…もう一個あります。会話も弾みお腹も満たされ、夏休みの思い出の一つとなる一日になりました。

次のページへ

ページトップへ