仙台市の児童館・児童センター

児童館一覧

片平児童館

  • 設置:平成元年4月22日
  • 指定管理期間:平成31年4月1日~令和4年3月31日
  • 併設施設:片平市民センター

アイロンビーズでコースターをつくろう!

2021/2/20

小学生を対象としてアイロンビーズでコースター作りを行いました。デザインに和柄を取り入れ、市松模様と言われる二色の正方形を交互に連続してつなげていく格子文様やその他鱗文様など、自分の好きなデザインを選び、一粒ずつプレートにアイロンビーズを並べて作っていきました。赤と白、緑と黒や橙と白など色の組み合わせも様々で、子ども達はとても集中して作業に取り組んでいました。仕上げにアイロンで熱を加え、ビーズ同士を接着させ完成させました。新型コロナの影響もあり、友だち同士で賑やかに創作活動をすることはできませんでしたが、「楽しかった!」と言いながら、嬉しそうに作品を持って帰る姿がみられました。

けん玉に挑戦しよう!

2021/01/16

毎年恒例行事の「けん玉に挑戦しよう!」を、講師の谷田部先生をお招きして開催しました。今回は1~3年生12名が参加してくれました。
初めは持ち方や膝を上手に使うコツなど基本を教えていただき、大中小の皿乗せや、けん先の入れ方までどんどん難しくなりましたがみんな真剣!成功すると「できたー」とあちこちから喜ぶ声が聞こえてきました。
また、フリータイムでは、先生の手作りけん玉やキャラクターけん玉、巨大けん玉を使わせていただいてどれも大人気でした。
最後は「うまく出来てよかった」「楽しかった」との感想を発表しました。
今回の経験がこれからのレベルアップにつながればいいですね。

ペンギンタイム・サンサンタイム合同「おたのしみ会」

2020/12/08

1歳から3歳児さんが、クリスマスムードのお部屋に、ワクワクした表情で集まってくれました。
スタートは職員によるハンドベル演奏「もろびとこぞりて」です。最後の和音の響きに歓声も上がり、たくさんの拍手を頂きました。いつもの「さんぽ」の体操で思いっきり動くと、「赤ずきん」の劇の始まりです。職員が扮した赤ずきんやオオカミに驚いたり、笑いが起きたり、それは良い表情で見てくれました。マラカスを作ってクリスマスの曲に合わせて楽しく鳴らしていると、遠くからリンリンと鈴の音が!サンタさんがトナカイと一緒に来てくれました。ひとりずつプレゼントをもらい、ニッコリしたりドキドキしたり。それは可愛いらしい姿でした。

片平マンカラ大会

2020/11/14

片平児童館で人気の遊びの1つである「マンカラ」。その大会を1年振りに開催しました。1年生から5年生まで12名の小学生の参加があり、くじ引きで決めた予選グループで、学年に関係なく総当たり戦を行いました。予選を勝ち抜いた6名が決勝トーナメントに進み、決勝戦は、なんと1年生同士の対戦になりました。負けてしまった他の子ども達も真剣に見守る中、予選から1度も負けることなく勝ち残った1年生の男の子が、見事優勝しました。優勝、2位、3位の景品は、お家でも遊べるマンカラセットでした。そして、参加した全員にもお菓子の参加賞を渡し、みんな満足した表情で帰っていきました。

サンサンタイム「キラキラ☆ハロウィン」

2020/10/27

2歳からの親子さんが参加する「サンサンタイム」。
今年度2回目は、ハロウィンを楽しみました。フェアリーちゃん、かぼちゃさん、こぐま君など仮装したかわいい幼児さんが集いました。今日の手遊びは英語バージョン。猫さんは英語だと「ミャウミャウ」犬さんは「バウワウ」って鳴くんだって!と伝えると、びっくりしながらもすぐに真似っこして歌ってくれました。工作はハロウィンマント作り。お母さんと考えながら、ハロウィンにちなんだキャラクターを夢中で貼り付けました。出来上がったマントを羽織り、魔法の杖を持つと、気分は最高!「キラキラハロウィン!」と魔法の言葉を唱えると、お菓子も飛び出し、にっこりの笑顔でした。

ペンギンタイム「はじまりの会」

2020/09/08

今年度のペンギンタイムがスタートしました!体操やふれあい遊び、ペープサートを楽しんだ後、みんなで風船を使って遊びました。色とりどりの風船、親子でポンポン弾ませてみると、リンリン、シャラシャラ、いろんな音がします。風船の中には鈴や大豆、お米が入っていて、音の違いも楽しみながら、投げたりキックしたり弾ませたり、五感を使って遊びました。最後に好きな色の風船を選んでもらい、鈴を入れて膨らませ、お顔や羽を付けて、ひよこちゃんを作りました。今日は、かわいいひよこちゃんと一緒にさようなら。久しぶりの賑やかなひとときに笑顔が広がりました。

ピヨピヨタイム「保育士さんとあそぼう」

2020/08/31

今年度に入ってから初めての乳幼児親子行事を開催しました。支倉保育所の髙橋伸子先生をお招きし、前半は手あそびや読みきかせ、後半は育児で気になっていること等の情報交換をしました。手あそびでは、親子で夢中になって一緒に手を動かし、ふれあいあそびの時には「キャッキャ」と子どもの喜ぶ声にお母さんの笑顔も見られました。情報交換の時間では、子どもの月齢ごとの様子や悩みを共有し、先輩ママの経験やアドバイスをききあう場面もあり、穏やかな雰囲気の中で交流することができました。参加者からは、「次もまた参加したい」との声もあり、親子ともに楽しい時間を過ごして頂けました。

七夕かざりづくり

2020/07/06

恒例行事の「七夕かざりづくり」は毎年瑞鳳殿に飾らせていただいていましたが今年はコロナウイルス感染症のため中止となりました。
そこで、コロナをやっつけよう!と児童クラブのみんなで願いを込めて飾りを作り館内に飾りました。かたひらの文字が入った飾りには吹き流しに折り紙でカブト虫やひまわり、片平児童館キャラクターの「かたるん」などを付けました。また、星をいっぱい散りばめた大きな天の川には、みんなの願いを書いた短冊を飾りました。
吹き抜けホールに飾り付けると触ろうとジャンプをしたり、自分の短冊を探したりとそれぞれの思いで眺めていました。
どうぞ、みんなの願いが叶いますように♪

かたひらんど「将棋大会」

2020/02/12

片平児童館初めての将棋大会が行われました。「すいよう将棋クラブ」で将棋のルールを覚えたお友だちや、将棋好きの1~4年生の申込があり、新人戦とオープン戦に分かれて、トーナメント戦で対決しました。対局が始まるとみんな真剣。緊張感の中、息をのむ戦いが繰り広げられ、決着がつく度、はぁ~!とため息が。力を出し切ったからこそ、勝った方も負けた方も良い表情を見せてくれました。初代王者は、将棋好きの1年生と3年生の兄弟!おめでとう‼みんなもまた来年の大会にむけて対局を重ねていこうと誓い合いました。一年間将棋の指導と大会の審判をしてくださった名人のみなさんも、ご協力ありがとうございました。

けん玉に挑戦しよう!

2020/01/25

今年も、去年と同じ講師の方を招き開催しました。保護者の方々、小学校の先生も来てくださり総勢23名で大盛り上がりでした。講師の方のいろいろな技に子どもたちは積極的に挑戦したり、目を輝かせながら見ていたりと銘々が楽しんでいました。ちょっとした歌やステップを取り入れ、リズミカルな教え方に笑いがあふれていました。珍しいけん玉がたくさん並べられ、それらのほとんどが講師の手作りの物と知らされた時は誰もが驚きました。動物がパクリと口を開けて小さなボールを食べるけん玉。アンパンマンの体にバイキンマンが入るけん玉。「可愛い‼」と声を上げていました。あっという間に時間が過ぎてしまう程の充実した土曜のひと時でした。

次のページへ

ページトップへ