仙台市の児童館・児童センター

児童館一覧

加茂児童センター

  • 設置:昭和61年4月1日
  • 指定管理期間:平成31年4月1日~令和4年3月31日

ハンドマッサージ

2020/09/28

月2回の乳幼児親子行事を再開して3ケ月。これまでなかなか外部から講師の先生をお呼びして行事を持つことができなかったのですが、思い切って毎日子育てに奮闘しているママたちの癒しになるようにとワイワイひろばで託児付きの「ハンドマッサージ」を行いました。事前予約制の10組限定です。
当日は3組の参加でした。まず講師の門脇先生から首や腰に効く上半身のストレッチを教わりました。そして前腕から手の甲、手のひらそして手指までのオイルマッサージを丹念に指導していただきました。
最後は、職員の託児でおとなしく待っていたかわいいベイビーを交えてのマッサージも行いました。ママたちからは「参加できてよかった。」や「ベビーマッサージはおうちでもできそう!」などの感想が聞かれました。

みずあそび

2020/08/25

あかもちゃんひろば、ワイワイひろば、幼児クラブ合同で「みずあそび」を楽しみました。連日30度を超す気温が続きましたが、この日はラッキーなことに雲がいっぱい。時々直射日光が避けられて絶好の水遊び日より!?
 さて、集まってくれた0歳から6歳までのお友達は、“金魚すくい”“水鉄砲的あて”“すくいすくい”そして“ウォータースライダー”の各コーナーで自分に合った遊びやおもちゃに夢中。
年長さんたちは自前の水鉄砲を持参して“水鉄砲的あて”であっという間に的を撃ち落としました。中には先生たちを追いかけまわして狙い撃ちする場面も。そして“ウォータースライダー”では豪快に着水!
一方の0,1歳さんたちはお母さんに抱っこされたりお座りしたりしながら、ひたすら“みず”と戯れていました。
久しぶりにお外で元気に遊んじゃいましたー!

のびのびひろば

2020/07/09

コロナ対応のため、ずーっとずーっとお待たせしていた乳幼児親子行事がやっと開催できました。この日は、体を動かすことで親子の交流を図ったり身体のバランスをとったりすることをメインにした「のびのびひろば」です。
 さて、はじまりの時間になると7組の親子が集まってくれました。早速「親子でメリーゴーランド」と「ぺんぎんのプールたいそう」を行い、「おはよう」のあいさつの後、お返事「はーい」をしました。
 ここでいったん給水タイム。そして親子あそび「げんきタッチ」と「名刺交換ゲーム」をしました。一人3枚の画用紙に名前と好きな遊びを書いてジャンケンポン。負けた方から名刺代わりの画用紙を相手に渡して自己紹介。中には、今ハマっているあそび=ゆびしゃぶり!などとあって、思わず笑ってしまいました。
 短い時間でしたが、久しぶりの集いに再開した親子は大はしゃぎでした。

幼児クラブ「ごっこあそび」

2020/02/18

加茂地区社会福祉協議会の皆さんのお手伝いをいただきながら、お店屋さんとお客さんに分かれてお店屋さんごっこをしました。
 場内には“かもカフェ”(ドーナッツ、カップケーキ、タピオカ、アイスクリーム)、や“くだものやさん”(みかん、いちご、ぶどう、メロン)、そして“ジュエリー加茂”(腕時計、バッグ、ネックレス、ゆびわ)の売り場が軒を連ね、「いらっしゃいませ!」「ありがとうございました!」「100円でーす!」などの元気な声が飛び交いました。このほかにも、“スタジオかも”“ボーリング場”“アスレチック公園”も用意され、 100円玉や1000円札の入った紙のお財布と買い物バッグを下げて、「ごっこあそび」を楽しみました。

恵方巻

2020/01/25

今年も人気行事「恵方巻」を行いました。ジャンボ太巻きの記録を毎年塗り替え、前年は11m15cm。さて今年の長さは?
午前10時30分開始。加茂子育て支援クラブ、加茂っ子クラブ放課後教室、そして毎回一緒に挑戦してくださっている町内の老人クラブの方々。この方たちのアドバイスや激励を受けながら作っていきます。まず海苔の上に丁寧に酢飯を伸ばしむらなく均一に。これが上手に恵方巻を作るこつ。そこへ具材をまとめた巻き芯なるものを並べて、それを包むように「1、2、ノオ3!」でひと巻き。何せ長~い長~いのり巻きです。みんなで息を合わせないとただののりご飯になってしまう!ここが緊張の走る瞬間でした。そして「ぎゅっ、ぎゅっ、ぎゅっ」と手のひらいっぱいの太巻きを固めてさらに反対側からひと巻き。
できましたー!!
長さは?
オシーッ!! 11m11cm!!!
参加者からは大きな歓声とともに小さなため息も聞こえたりしました。でも、今年の恵方「西南西」を向いて静かに「いただきます。」をすると、みんな美味しそうな笑顔になりました。お疲れ様でしたー。

年忘れゲーム大会

2019/12/07

令和元年の新語・流行語大賞「ONE TEAM」にあやかって、チームで一つの目標達成のためにみんなで団結しよう!そんなわけで、今年も「年忘れゲーム大会」を行いました。昨年同様小学生はもちろん、乳幼児親子さんも参加してくれました。
 さて種目は? 「ボール集め」「リバーシ」「新聞ボール運び」「玉入れ」の4競技です。
小学生3チーム、乳幼児親子1チームでタイムを競い合いました。得点結果は?最後の種目「玉入れ」が終わるまで大接戦でした。途中小学生が幼児の演技に声援を送る場面が見られ、会場が温かな雰囲気に包まれたのが印象的でした。
 最後に、成績発表がありお互いの健闘をたたえてみんなで拍手。これぞ「ONE TEAM」!!

スポーツチャンバラ

2019/11/09

小学生先着20名!募集開始後あっという間に定員に達しました。“チャンバラ”と言ったら男の子?と思いきや、参加者の三分の一が女子児童でした。
 さて当日、宮城県スポーツチャンバラ協会員の武山さんご指導してくれました。用具について、防具の付け方、遊び方など丁寧な説明にみんな“フムフム”。
そして防具をつけて、いざ勝負!スポチャンはスピードとタイミングの祭典といわれるほどだから、遠慮しているとなかなか「1本」が取れない。打とうと思ったら逆に一本取られたりして悔しそう。
今は少なくなった遊びの一つを、周りに遠慮なく思う存分できて、参加者の表情は実に満足気でした。

畑つくりたいむ

2019/10/15

12日(土)に予定していたサツマイモほりは、台風19号の影響で小学校の秋季休業日15日に延期して行いました。
さて、今年5月に植えた苗は日に日に大きくなり、夏休みごろには畑一面が芋のつる草で覆われました。
そして芋ほり当日。あらかじめつるを取り除いておいた畑の前で掘り方の説明を受けた後、いよいよ掘り始め!です。最初はそーっと両手の指を使って芋にかぶっている土をかいていきました。すると、だんだん紫色した芋の頭が少しずつ少しずつ見えてきました。中にはいくつもの頭が出てきて、掘っている途中から興奮しだす子も出てきました。慎重に掘り進め、芋の半分が出たところで今度はそーっと芋をゆすってみます。そしてまたまた土をかきだしてゆする。これを繰り返すうち、今度は抜けそう!
 収穫したサツマイモの中には子供の足より太いものがあったり、5本も6本もぶら下がっていたり、歓声があちこちで上がりました。掘った芋は焼いもにしてみんなで食べるよ。

センターまつり~かもゴリ☆フェスタ2019

2019/09/14

午前10時、子どもスタッフによるオープニング行事で「パプリカ」と「よさこい」のダンスが披露されました。熊騒動や猛暑の中、時間を見つけて練習した成果が出て、会場から大きな拍手をいただきました。
そして、オープニング終了と同時に遊びのコーナー(バッテリー、ペットボトルフリップ、ボーリング、キックターゲット、くつとばし、ゴットアイ、フライングラ・ビット)と出店(だがしやさん、焼きソーセージ、玉コン、わたあめ、かき氷、ラムネ・ジュース・お茶)の開店です。遊びのコーナーでは、3か所回るとお菓子のプレゼント、さらに4か所以上になるとガチャポンのおまけつき。
秋晴れの下、会場のあちこちで子どもたちの歓声が上がり、あっという間の2時間でした。
そしてお手伝いのボランティアの皆さん、お疲れ様でしたー!

幼児クラブ、ワイワイひろば、あかもちゃんひろば合同読み聞かせ

2019/09/09

ママ同士の交流を深めてもらおうと、近隣の幼稚園で活動している「めるへんの森絵本サークル」の皆さんにおいでいただいて、乳幼児親子各広場と幼児クラブ合同の読み聞かせ会を持ちました。
初めに遊戯室で簡単な運動遊びをした後、集会室に移動して始まりです。エプロンシアターや手作り絵本「おつきさまこんばんは」、「くっついた」の読み聞かせ、そしてペープサートと盛りだくさんでした。
終わった後は麦茶を飲みながらのママトーク。当日は台風15号の影響が心配されましたが無事行事を終えることができました。

次のページへ

ページトップへ