仙台市の児童館・児童センター

児童館一覧

加茂児童センター

  • 設置:昭和61年4月1日
  • 指定管理期間:令和4年4月1日~令和7年3月31日

まるごとチャレンジキッズ「ジェルキャンドルを作ろう」

2022/12/17

今回の加茂市民センターとの連携事業では、冬にぴったりな「ジェルキャンドル」を作りました。申込み開始当日に定員となる人気。
当日は、キャンドルグラスに白や赤、緑のカラーサンドを入れ、サンタクロースやスノーマンの飾りをカラーサンドの上にのせ、温めて溶かしたジェルを流して固まったら完成。固まるのを待つ間に、クリアファイルで簡単に作れるクリスマスツリーライト作りをしました。きらきら光るストーンシールを飾りつけキャンドル風のライトで照らすと素敵なツリーの出来上がり。
自分たちの作品に、「かわいい」「すごい」等と歓声を上げ楽しかったと喜んで作品を持ち帰りました。

子育て支援クラブ主催 フラワーアレンジメント

2022/11/26

加茂子育て支援クラブ主催行事のフラワーアレンジメントを開催しました。
当日はフラワード虹の丘店の方を講師にお招きし、20名が参加しました。クリスマスまであと1カ月ということで、クリスマスツリーに見立てたアレンジメント作りを楽しみました。
皆それぞれ個性あふれるオリジナル作品が出来上がり満足気でした。

芋ほり

2022/10/11

五月に植えたサツマイモの苗。五か月後の秋休みに収穫祭としての芋掘りを48名の児童が行いました。
軍手をした手で、土を深く掘り、丁寧に芋を探していました。一つの茎に二つ三つと芋がつながっているのを掘り当てると「いっぱいなっているー」と感動の声があちこちからあがっていました。
また、初めて芋掘りを体験した児童もいて、「楽しかったー」という声もたくさん聞こえてきました。収穫したさつま芋は、11月9日にお土産として渡します。子どもたちの笑顔が楽しみです。

かもゴリデー2022

2022/09/17

今年もやってきました「かもゴリデー」。
縁日風に水ヨーヨーつり、スーパーボールすくい、射的にくじびきのコーナー、その他にもBigスピードカップスの遊びのコーナーやかさぶくろロケット作りのコーナーがあり、幼児親子さんから小学生までの多くの方の参加がありました。毎年人気の射的のコーナーには今年も多くの方が並んで景品をゲットしていました。
加茂子育て支援クラブの方々は、ディスクターゲットのコーナーを開き、かもゴリデーを盛り上げてくれました。コーナー運営に携わってくださった加茂地区子ども会育成会の方々ありがとうございました。

七夕飾り

2022/08/06

夏休み中に折り鶴や短冊、投網や屑籠などの七つ飾りを仙台七夕に向けて児童クラブの子どもたちと一緒に作りました。
仙台七夕まつり当日は、加茂市民センターまで行き、短冊に願いを込めて飾りつけをしました。風になびく七夕飾りはとてもきれいでした。

スクラップブッキング作り

2022/07/05

加茂市民センターとの共催行事、みんなすくすく子育てひろば「スクラップブッキング作り」を開催しました。
4組の親子が参加し、それぞれ思い出の写真のデコレーションを楽しんでいました。同室で親子分離をしての活動だったので、普段できないことを子どもと少し離れて集中してできていたので、ママたちのリフレッシュするいい時間となっていました。
写真をかわいくデコレーションして思い出を素敵に残すことができて皆満足気でした。

小学生ゲーム大会

2022/06/18

今年度初の小学生向け企画行事ということで、バラバラドッジボールの源平大会を行いました。
普段は机があってボール遊びができない遊戯室で、この日だけは皆で思いっきり遊べました。
1年生から6年生まで、ひたすらボールを追いかけて当てることに燃える子もいれば、当たらないように逃げ回る子もいて、それぞれのやり方で汗だくになりながら楽しんでいました。
外でやる源平とは違ってかなり速めのスピード感に初めは面食らっていた子も、徐々に慣れて元気に参加していました。

プラ板作り

2022/05/23

小学校振替休業日に児童クラブの子どもたちでプラ板作りをしました。
前もって告知していたこともあり、これを描きたいとぬりえやマンガ本を持ってきている子もいて、それぞれの意欲を感じました。色鉛筆も使えるプラ板を用意したので、ペンとは違ったやわらかで細やかな色合いが出せていて、とても素敵な作品が出来上がっていました。
自分のオリジナル作品がキーホルダーとなり、完成品を手にした子どもたちは皆自信に満ちた満足気な表情をしていました。

みんなであそぼう ワンツースリー

2022/04/25

今月のみんなであそぼうワンツースリー第2回目は、
間近にせまったこどもの日にちなんで「こいのぼりの足型アート」づくりをしました。
それぞれ足型をとってオリジナリティー溢れる作品づくりを親子で楽しんでいました。
完成した作品を見ながら
「こんなに大きくなったんだね」と子どもの成長にも気付ける時間となり、
ママたちもとても嬉しそうでした。

3月の児童センターでの様子

2022/04/01

宮城県緊急特別要請が解除されたことで、児童センターでのあそびも少しずつ緩和されました。
しばらく出来ていなかった源平は男女問わず人気で、「今日から出来るよ」の声掛けに歓喜の声が響きました。
1つのボールを夢中になって追いかけ、投げて、避けての繰り返しで、思いっきり身体を動かしながら楽しんでいます。
あそび終えた子どもたちは、清々しいとても良い表情を見せてくれています。

次のページへ

ページトップへ