・!doctype html>l 運営・取り組み - 市民センターの設置目的と運営方針 | 公益財団法人 仙台ひと・まち交流財団 市民センター利用案内

運営・取り組み

市民センターの設置目的と運営方針

市民センターの設置目的

市民センターは市民相互の交流と地域活動の振興に資するとともに、市民の文化の向上及び福祉の増進に寄与するため、社会教育法(昭和二十四年法律第二百七号)第二十四条の規定に基づき、設置されています。【仙台市市民センター条例第1条より】

市民センターの運営方針

市民センターは、公益財団法人仙台ひと・まち交流財団が仙台市から指定管理者として指定を受け、管理を行っております。

管理者として指定を受けている期間

平成30年4月1日から平成35年3月31日まで

市民センターの運営方針
  1. 仙台市の公の施設であることを常に念頭におき、市民の福祉の増進に努め、市民の公平な利用に供するよう管理を行うこと。
  2. 社会教育法及び「仙台市市民センターの施設理念と運営方針」に則り、社会教育施設としての市民センターの目的達成に資する管理運営を行うこと。
  3. 仙台市及び仙台市教育委員会の各種施策との整合性を図りながら施設の管理運営を行うこと。
  4. サービス水準の維持向上に努め、安定的かつ継続的なサービスの提供がなされるよう管理運 営を行うこと。
  5. 利用者や地域住民の声を常に把握し、施設の管理に反映させること。
  6. 最少の経費で最大の効果を挙げるよう管理の効率化に努めること。