お問い合わせ・メール

公益財団法人 仙台ひと・まち交流財団

過去のお知らせ

第26回ワンコインコンサートを開催いたします

「ワンコインコンサート」は、作曲家の片岡良和氏監修のもと、「響きのよいホールで、クオリティの高い音楽を手頃な料金でより多くの皆様に」をコンセプトに、地域の方々が気軽に文化芸術に親しむライフスタイルを「ワンコイン=500円」で提供している親しみやすい曲を中心としたコンサートシリーズです。

日時:2018年5月24日(木)

出演者 佐藤香オフトロフスキー(ソプラノ)

    原田仁美(ピアノ)

14:00開演(13:30開場,15:00終演予定)

今回から開演時間が変更になります


会場 宮城野区文化センターパトナホール
入場料 一人500円(チケット制:全席自由)
チケットは宮城野区文化センター窓口で販売しています。(電話予約可) お問合せ:宮城野区文化センター 022-257-1213

 

チラシをクリックすると、新規タブでPDFファイルが開きます。

第25回ワンコインコンサートを開催いたします

「ワンコインコンサート」は、作曲家の片岡良和氏監修のもと、「響きのよいホールで、クオリティの高い音楽を手頃な料金でより多くの皆様に」をコンセプトに、地域の方々が気軽に文化芸術に親しむライフスタイルを「ワンコイン=500円」で提供している親しみやすい曲を中心としたコンサートシリーズです。

日時:平成30年3月22日(木) 終了いたしました。

今回も大勢のお客様に来館していただきありがとうございました。

出演者 アンサンブル”パナ”

相澤優子(Vo),齋藤翠(Vo),ヒューレット・マリ(Vo),門脇磨美子(Pf)

13:30開演(14:30終演予定)
会場 宮城野区文化センターパトナホール
入場料 一人500円(チケット制:全席自由)
チケットは宮城野区文化センター窓口で販売しています。(電話予約可) お問合せ:宮城野区文化センター 022-257-1213

 

チラシをクリックすると、新規タブでPDFファイルが開きます。

 

震災復興交流事業 あなたのオモイ それぞれのカタチ

当事業は、東日本大震災後の平成24年10月に開館した仙台市宮城野区文化センターと、併設の市民センターや図書館、児童館で連携しながら開催し、仙台市宮城野区の住民同士が交流する震災復興交流支援事業です。 あの日の出来事を風化させないため、震災で中断した人々の様々な物語や想いを語り継ぐため、さらに震災前にあった生活の営みの記憶を想い出てもらえるよう、進み続ける復興の中で、今の変わりゆく暮らしや地域のことについて、住民ができることを考える機会としてとらえてもらえるような、これから先のことを語り合うことで新たな交流が生まれる契機となるよう企画しました。 この町で生まれてくるたくさんの想い(オモイ)を、さまざまな表現方法で形(カタチ)にして、ステージや展示、映画を観て、聴いて、ワークショップや参加型事業で感じて、伝える、みんなが集いあえる広場のような願いで創りました。平成24年度から開催し、平成29年度で6回目の開催となります。

「もう」と「まだ」を心のなかで入れ替えながら過ぎる毎日。

それぞれが待つ「あの日から」を持ち寄って,みんなで語り合いたい。

震災から7年目の,さらにその先へ。

あなたの言葉で,声で,想いは伝わる。

2018年3月2日(金)~3月4日(日)

宮城野区文化センターで開催

 

画像をクリックすると,PDFファイルが開きます。(3.6MB)

 

単独チラシ ファミリーツリー

 

単独チラシ ポエトリーリーディング「RE:プロジェクト」

 

夢ギャラリー 第21回宮城野高等学校 卒業制作展「レストラン」

夢ギャラリー 第21回宮城野高等学校 卒業制作展「レストラン」を開催します。

●2018年2月20日(火)~25日(日)10:00~19:00

●宮城野区中央市民センター3F 第3会議室、創作室他

●入場無料

【主な内容】昨年、宮城県美術館で行った第21回宮城野高等学校卒業制作展を、もう一度会場を移して開催します。宮城野高校3年間の集大成となる作品、絵画、彫刻、工芸、デザインの分野を展示します。チラシをクリックすると、PDFファイルが開きます(1MB)

みやぶん写真展「宮城野区の風景」

宮城野区内で活動する一般の方にカメラを貸し出し、日ごろの風景、人々の営みなど写真に収めて、パネルに加工し、展示しています。

☆みやぶん写真展開催中!!

2月10日(土)~2月18日(日)
場所:宮城野区文化センター2Fロビー

仙台第三高等学校の写真部に依頼し「宮城野区の風景」と題して写真を撮って頂きました。
写真家の小岩瞳子さん監修のもと生徒さんたちが感じた宮城野区の風景をモノクロ写真で表現しています。
高校生たちが自ら写真を撮り、構成を考えました。ぜひご覧ください! 

【講評】 写真は、そこに在るものが写るだけだが、写っているものの意味を超えて新たな思想へと変化する。それ写真の魅力でもある。 仙台第三高等学校写真部の皆さんと「宮城野区の風景を撮る」といテーマのもと、ワークショップを重ねてきた。短い期間にも関わらず、それぞれの写真には、ゼロから積み重ねていこうとする思考の変化が垣間見えて、それとともに撮る写真も、そこから何を選択するかについても、変化していっているように思える。そこには意欲と柔軟さ、そして編まれていった写真には強い意思のような緊張感すら感じられる。写真から見えるものは、宮城野区の風景であると同時に、撮影者ひとりひとりに内在している思考であると思う。そのことに触れた時、住む場所も年代も違う人々に共感を与えるのだと思う。 【小岩瞳子】仙台で活躍する写真家。東北芸術工科大学卒。個展「夜蟹」「夜を下る」他多数開催。

 

空間のアトリエ事業

宮城野区文化センター夏の風物詩、空間のアトリエ事業「星に願いを」を開催しております。

地域の幼稚園・保育所・保育園・児童館による手作りの七夕飾りやご来場いただきました皆様の願いを込める吹き流しの他、宮城野区文化センター前の広場では夜になると天の川イルミネーションが点灯しております。皆様でぜひ宮城野区文化センターへお越しください。

 

 

開催チラシ(画像をクリックするとPDFファイルが開きます)

 

 

 

 

平成29年度みやぶん演劇ワークショップ「みやぶん演劇学校」参加者募集中!

今年度もみやぶん演劇ワークショップ「みやぶん演劇学校」を開催いたします!

 

昨年度に引き続き、横山 真さんを講師にお迎えし、日々の生活の中で見えているものが変わり、

豊かなものになるような魔法のような3日間を味わえます。

 

詳細は、下記チラシをご覧ください。

 

      <チラシ表面>           <チラシ裏面>

 

            

宮城野うたまつり

宮城野うたまつり実行委員会では,第4回宮城野うたまつりを開催します。

日時 平成29年9月11日(月) 13:30開演

場所 宮城野区文化センター パトナホール

 

夏の親子ステージたんけんたい「みんなで劇場を体験して、パフォーマンスしてみよう!」を開催いたしました。

8月7日(月)に、夏の親子ステージたんけんたい「みんなで劇場を体験して、パフォーマンス

してみよう!」を開催いたしました!

 

外は雨でしたが、貸切の館内で元気いっぱいにたんけんがスタートしました。

入口入ってすぐ出された3つのミッションをみんな次々とクリアしてからパトナシアターへ集合。

舞台スタッフから劇場に関するレクチャーを受け、普段見ることのできない舞台の裏側、機材倉庫や

楽屋を見たり、機械を操作したり、舞台技術を体験しました。

調光室での明かりのオン-オフやピンスポットの操作体験はみんな興味津々、大人気でした。

 

お昼はそれぞれ持ってきたお弁当をみんなで一緒に食べ、午後はボンクラーズ(榴岡児童館)と

パフォーマンスに挑戦してみました。

ホールを目一杯使って、みんなのびのびと楽しく表現することができ、特にミラーや

たけのこダンスが盛り上がりました。

 

夏休みに親子で楽しい思い出になったことと思います。

たんけんたいのみなさん、一日お疲れさまでした!!

 

  

  

街なかコンサートを開催いたしました

雨の中125名のお客様に来場していただき,助川兄弟の圧倒的なパフォーマンスに酔いしれてました。

せんくら2017 街なかコンサート

せんくらプレトーク&コンサート
助川ブラザーズが「せんくら」の魅力を語り尽くします!!

宮城野区文化センターPaToNaホールに
助川ブラザーズがやってくる

●日 時:2017年9月28日(木)10:30開演
●会 場:パトナホール ホワイエ
●出 演:助川ブラザーズ ギター:助川 太郎&コントラバス:助川 龍
●料 金:無料 先着100名 ※満員の場合は入場をお断りする場合はございます。

 

☆まもなく今年度の「あなたのオモイ それぞれのカタチ」を開催いたします!

☆第34回仙台市史講座を震災復興交流事業の一環として開催いたします!

演題:①「海岸林の育成と里浜の暮らし-仙台市宮城野区を中心に-」
      講師 菊池慶子氏(東北学院大学文学部歴史学科 教授)
   ②「震災から蘇るふるさとの生きもの・私たちの海辺」
      講師 平吹喜彦氏(東北学院大学教養学部地域構想学科 教授)
日時:平成29年3月4日(土)13:30~16:00
場所:宮城野区中央市民センター3階 第3会議室
定員:100名(応募者多数の場合、抽選とさせていただきます。)
応募方法:1名につき1枚の往復はがきに住所・氏名・電話番号を明記の上、
〒983-0842
仙台市宮城野区五輪2丁目12-70
仙台市宮城野区文化センター「第34回仙台市史係」
までお申込みください。
応募締切:平成29年2月17日(金)消印有効
※詳しい内容は、チラシをご覧ください。クリックするとPDFファイルが開きます。

人材育成事業

宮城野区文化センターの保有するホールを知ってもらうとともに、照明・音響の特徴やパフォーマンス体験できる機会を提供し、文化の担い手となることに関心をもってもらえるよう取り組みます。

☆夏の親子ステージたんけんたい

「みんなで劇場を体験して、パフォーマンスしてみよう!」 を開催しました。

日時:平成28年8月3日(水)10:30~14:30 
対象:小学生1~2名と保護者1名で1組
会場:宮城野区文化センター パトナシアター

空間のアトリエ・花を咲かせよう事業

宮城野区文化センターの外まわりやエントランス(吹き抜け空間)を、地域のこどもたちの協力のもと彩りのある空間とするため、四季を通じさまざまな飾り付けを行っています。 地域の皆様が気楽に集えるよう魅力あふれるセンターを演出するとともに、地域の様々な施設と連携しながら創造性豊かなこどもたちの育成にも取り組みます。

みやぶんワークショップ

みやぶんワークショップでは、ダンスと演劇を企画しています。ダンスや演劇を地域の皆様が身近に体験することで、「日常と異なるコミュニケーションの体験と発見」というコンセプトのもと、自身の可能性を再認識するきっかけづくりを応援します。
このようなワークショップをもとに、文化芸術を通じて地域づくりを考えていきます。

☆平成28年度 「みやぶん演劇学校」申込み受付中!!

参加者の一人ひとりの話を聞きながら物語を紡ぎ、全3回で1つの作品を作ります。
演劇に興味をお持ちの方であれば学生からシニアまで演劇経験の有無も関係なく参加 することができます。
演劇との幸せな出会いを望む方、全3回のワークショップで日々の生活をさらに豊かなものにしましょう!
*詳しくはチラシをご覧ください。クリックするとPDFファイルが開きます。

日 時:平成28年12月6日(火)・13日(火)・20日(火)18:30~21:00
     全3回
対 象:中学生以上 全3組(中学生は保護者同伴)
会 場:宮城野区文化センター リハーサル室
参加費:1,500円(保険料等)
※申込みは宮城野区文化センター窓口又は電話でお願いいたします。
宮城野区文化センター 022-257-1213

宮城の音楽祭

「歌のチカラでみんな元気に!」という主旨のもと、地域(宮城野区)の発展と交流、そして復興を願いながら、音楽文化の振興と地域間交流を目的に、合唱サークルを中心とした「みやぎの音楽祭実行委員会」主催で開催します。