施設のご案内   (財)仙台ひと・まち交流財団

 

   

(財)仙台ひと・まち交流財団

若林区文化センター

 

若林区文化センター  仙台市中心部から東に位置する当センターは、市民皆さまの多様な文化活動の発表の場として利用されています。舞台発表の場として700名収容の多目的ホール、作品展示発表の場としての展示ホール、そのほか練習用の諸室も用意しております。また、各種会議室や和室を備えた若林区中央市民センター、若林区情報センター、若林図書館が集合した文化複合施設としても、広く多くの方々に利用されている施設でもあります。

 

 
使用料の改定内容について(平成28年10月1日から)  
各区文化センター(宮城野区・若林区・太白区)  
 

    施設へのアクセスや使用料などはこちら       

 

           

 

● 「第5回ダンス・フェスティバルin仙台」を開催いたします!

 

 若林区文化センターホールを会場に、第5回ダンス・フェスティバルin仙台を開催いたします。
 今年は、17団体の皆様にご出演いただき、フラダンス、チアリーディングやジャズダンスなどの演目で、第5回目を迎えるフェスティバルを多いに盛り上げていただきます。
 皆様の熱いご声援をお待ちしております。

 日時:平成28年7月23日(土) 12:30〜15:30(開場11:45)
 場所:若林区文化センター ホール
 出演:チラシをご覧ください。

※ ご観覧いただくには整理券が必要となりますのでご注意ください。
なお、整理券は、平成28年7月1日(金)より若林区文化センター1階受付、公益財団法人仙台ひと・まち交流財団事務局(仙台市戦災復興記念館3階)で配布しております。

※ 整理券は、お一人様2枚までの配布となります。
なお、整理券の枚数には限りがありますので、配布が終了した場合にはご了承ください。





dancefestival

 

 

 ●  「平成28年度戦災復興展プレイベント」を開催しています!

 

 若林区文化センター1階グランドロビーを会場に、「平成28年度戦災復興展プレイベント」を開催しております。
 「平成28年度戦災復興展」は、平成28年7月1日(金)から7月10日(日)までの間、仙台市戦災復興記念館を会場として開催され、昭和20年7月10日米軍による空襲で焦土と化した仙台から、この悲劇を乗り越え、復興を遂げるまでの仙台の歴史をご紹介する展覧会となります。
 当プレイベントでは、昭和22年当時の七郷地区、昭和63年当時の若林地区の航空写真2点と仙台駅周辺などの仙台空襲と復興を記録したパネル5点の7点を展示しております。
 お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

 期間:平成28年6月21日(火)〜7月10日(日) ※7月4日を除く
 場所:若林区文化センター1階グランドロビー


復興展   復興展

 

 



           

 

 

 ●『アート・ギャラリー「わかぶん」』について

 

 若林区文化センター1階正面玄関東側のスペースを、アート・ギャラリーとして活用しております。
 アート・ギャラリーでは、若林区の歴史や文化、福祉、子育てなどをテーマとして、若林区民手づくりによる身近なアートイベントや、市民の皆様の憩いの場となるよう、各種イベントを開催してまいります。
 今後、さまざまなイベントを企画いたしますので、ご来館の際には、是非お立ち寄りください。

アートギャラリーわかぶん

『アート・ギャラリー「わかぶん」ご利用案内』は、こちらをクリックしてご覧ください。

アートギャラリーわかぶん

 

 

 ● 「みんなで知ろう!若林区伝統の技!「常盤手ぬぐい常盤紺型」」を開催しています!

 

 アート・ギャラリー「わかぶん」を会場に、若林区内で先祖代々受け継がれる伝統の技術を地域の皆様にご紹介する機会として、「みんなで知ろう!若林区伝統の技!」を開催しております。
 かつて仙台には「常盤型」を使用した染め物があり、明治から大正まで盛んに着物などを生産していましたが、機械化へと流れが変わり、いつしか忘れられてしまっていました。
 今回は、若林区で「常盤型」の復活復旧に力を注いでいる「仙台「常盤型」伝承館」と、「染の工房 なとりや」の皆様に協力をいただき、現代によみがえった色とりどりの「常盤型」手ぬぐいと「常盤紺型」の型紙(複写)の展示を行っております。
 また、東北生活文化大学では、常盤紺型文様を授業に取り入れており、今回の展示に実際に制作された作品を展示いただくなど、ご協力をいただいております。 
 この展示は7月3日(日)まで開催しておりますので、この機会に是非お立ち寄りいただきご覧ください。

 展示期間:平成28年6月18日(土)〜平成28年7月3日(日)9:00〜19:00


伝統の技 伝統の技 伝統の技

 

 


 ● 「およげ!未来の若林へ みんなでこいのぼり」を開催しました!

 

 アート・ギャラリー「わかぶん」を会場に、4月27日(水)から5月5日(木)までの間、「およげ!未来の若林へ みんなでこいのぼり」を開催しました。
 今年は、文化センターを囲む5つの児童館(若林区中央・遠見塚・沖野マイスクール・古城・南材木町)との共催により、児童の皆様が一生懸命に作成した作品展「ふうとうがこいのぼりに変身」を展示したほか、簡単工作「シールでこいのぼり」作りなどで楽しんでいただきました。
 また、今回は「一人ひとりの思いが翼にのって熊本の子ども達に届きますように」と願い、ご来場の皆様に絵やメッセージを寄せていただきました。
 ご来場いただきました皆様、誠にありがとうございました。


こいのぼり   こいのぼり

 

 

●「平成28年度 デイサービス合同作品展」を開催しました!

 

 若林区文化センターアート・ギャラリー「わかぶん」を会場に、5月11日(水)から5月27日(金)までの日程で、デイサービス合同作品展が催されました。
 この作品展は、若林区内の「デイサービス メロディ」「ツクイ若林七郷」「あんずデイサービス」で行っている趣味の活動から生まれた、絵画・工芸・手芸や書道などの作品を展示したものです。
 開催中は、小学生から70歳代の方まで、幅広い年代の方々においでいただきました。展示作品の感想も、「高齢者の作品とは思えない」「素晴らしいです!」等、製作者の励みになる内容でした。
 ご来場いただきました皆様、誠にありがとうございました。


デイサービス デイサービス デイサービス

 

 


 

 

H27 H26
 

●催し物案内         

     7月分  (PDF:178KB)      

     6月分  (PDF:115KB) 

 
 

暴力団の利益となる使用の制限について(お知らせ)

ゲット アクロバット 催し物案内(PDF)をご覧いただくには、閲覧ソフト「Adobe Reader」が必要です。最新の「Adobe Reader」は、左記の「Get Adobe Reader」のボタンから入手(ダウンロード)できます。  
 
 

-交通案内-

タクシーでおいでの方

 

仙台駅東口から約35km
※道路事情により所要時間が違いますので、余裕をもってお越し下さい。

お車でおいでの方

 

駐車場は58台収容、1時間につき100
※できるだけ公共の交通機関(仙台市営バス等)をご利用下さい。

 

 

  仙台市は「脱クルマ都市」づくりに取り組んでおります。ご来館の際はなるべく公共の交通機関をご利用いただきますよう、ご協力をお願いいたします。

984-0827
仙台市若林区南小泉1丁目11

TEL.022-282-1171
FAX.022-282-1180

 

地図

 

▲ クリックで拡大します。

   

 

バス・地下鉄でおいでの方 > (詳しくはこちら)

 

仙台市営バスのみでご来館される場合

   

 仙台駅前5番のりばより

      荒町・若林区役所経由(系統:400番台)の「薬師堂駅前行」、「大和町・霞の目(営)行」、「遠見塚・霞の目行」、「古城三丁目・霞の目(営)行」に乗車し、若林区役所前バス停下車 下車後、徒歩約3分
 

仙台市営地下鉄東西線のみでご来館される場合

   

 各駅より

     

薬師堂駅下車 下車後、徒歩約15分

 

仙台市営地下鉄東西線と仙台市営バスを乗り継ぎしてご来館される場合

   

 各駅より

     

薬師堂駅下車
下車後、仙台市営バス薬師堂駅前2番のりばより若林区役所経由の「霞の目営業所前行」などに乗り継ぎし、若林区役所前バス停下車 下車後、徒歩約3分

   

 

施設概要

利用案内料金表

施設平面図

客席図面

舞台平面図

ゲット アクロバット

客席図面(PDF)をご覧になるには Adobe Readerが必要です。

Copyright 2002- 仙台ひと・まち交流財団 All Rights Reserved.