仙台市の児童館・児童センター

児童館一覧

上杉児童館

  • 設置:平成11年9月10日
  • 指定管理期間:令和4年4月1日~令和7年3月31日
  • 併設施設:上杉コミュニティ・センター

幼児クラブ「クリスマス会」

2022/12/15

6組の親子が集まってくれたクリスマス会。
この日の職員は、サンタの帽子を身に付けて雰囲気を盛り上げます。子どもたちは、笑顔で受付けを済ませクリスマス会が始まります。
初めは、読み聞かせグループの「わかば」さんによるお話会です。クリスマスにちなんだお話をお母さんの膝の上で安心しながら楽しく聞きました。
その次は、ツリーのオーナメント作りです。親子で会話を楽しみながら作りました。
最後は、親子で「キラキラ星」のベル演奏です。強弱がはっきりした楽しい演奏となりました。
その音色を聞いたのか、トナカイとサンタクロースがプレゼントを運んで来てくれました!子どもたちは驚いていましたが、記念撮影するくらい仲良くなり別れを惜しんでいました。笑顔がたくさん見られたクリスマス会でした。

わくわく企画~遠足に行こう!~

2022/11/12

秋晴れの土曜日。絶好の遠足日和の中、元気よく榴岡公園に出発です!
歩くの大好きな小学生&職員が一列になって、街中の歩道をどんどん歩きます。35分歩いて、無事に公園に到着!
最初に噴水広場に向かいます。覗き込む子どもたちに「落ちないでね!」の声がけを忘れずに。
続いてお楽しみランチタイム♪全員で石製の大きなテーブルを囲みます。「顔を見ながら食べると美味しいね!」と子ども達。1年ぶりの遠足が楽しくて楽しくて、笑いが止まりません。
ランチ後は近くのアスレチック公園で鬼ごっこ。知らない子と友達になって盛り上がったところで帰る時間…帰り道でも疲れるどころか、ますます元気いっぱい!最後まで笑顔いっぱいの楽しい遠足でした♪

児童館まつり「上杉でおまつりだぁ!!全員集合!!!」

2022/10/01

三年振りの児童館まつりを開催しました。
広報した際「まつりって何?」と子ども達から質問・疑問がありました。でも、内容を伝えた途端に目を輝かせて申込みをしてくれました。
準備期間は、あっという間に過ぎ晴天に恵まれた当日、職員一同気合いを入れて子ども達を迎えます。開場の音楽が流れ静かだった児童館が一気に賑やかなまつりモードになりました。
「とすけ・射的・スーパーボールすくい・ゆうれい屋敷・占い・チャレンジコーナー」子ども達は目当てのコーナーに急いで並び順番を待ちます。友達や親子で楽しそうにしている姿が見られました。
子ども達のワクワクと笑顔があふれ、笑い声が沢山聞こえる児童館まつりとなりました。

幼児クラブ「ミニミニ運動会」

2022/09/22

アンパンマンとバイキンマンのリストバンドを付け、いよいよ運動会のスタートです。
行進や体操、チームに分かれて「エイエイ、オー!」の気合を入れて5種目の競技を行いました。
最初は、アンパンマンたちのバスに乗ってサイコロを振り、動物に変身してぬいぐるみを取りに行きました。次は、1人でお母さんの所まで行く「よーい、どん!」。最初は怖がっていた子も、ゴールテープの後ろで待つお母さんへ飛び込んでいく姿は、ちょっぴり大人になったように感じました。中でも大人が白熱した「玉入れ」や「綱引き」「リバーシ」では、勝負に真剣に取り組む姿を見せてくれました。
活動を終え、どこか誇らしげな子どもたち。ひと回り成長してキラキラする姿を見ることができた1日となりました。

お楽しみ企画納涼会「怪談ばなし」

2022/08/09

暑い夏の日に少しでも涼んでもらおうと企画した納涼会。40名程の子どもたちが参加しました。
当日の朝、会場づくりスタッフとして3年生以上に声を掛けたところ10名程の子どもたちが集まりました。午前中に打ち合わせ、昼食後にセット運びに設営です。テキパキと動いてくれて、あっという間に準備完了です。子どもたちの力に圧倒されました。
さて、納涼会スタートです。五つの怖い話です。一話が終わるまで会場から出られない約束です。隣の子と肩を寄せ合い、話を聞いて「きゃー。」「うわぁ。」悲鳴をあげている様子が見られました。一話ごとにギブアップするかどうか確認を取りましたが、ほとんどの子どもたちは残りました。
「楽しかった。」「またやってね!」の感想と満足した表情で終了しました。

ちびっこまつり

2022/07/09

乳幼児対象のおまつりが3年ぶりに開催です。テーマは「ぐりとぐらの世界に迷い込もう!」、館内は華やかに装飾されています。
写真ブースの他にも春夏秋冬をイメージした4つのコーナーがあります。まず目に飛び込んでくるのは、色とりどりの風船マットが敷き詰められた春のコーナーです。割れそうで割れないマットに、ドキドキしながらも笑顔がこぼれます。
次は美味しそうな工作のお菓子がズラッと並んだ冬のコーナーです。ホットケーキにアイシングクッキー、どれにしようか親子で真剣に選んでいます。
夏はボールプールの中から動物を探します。宝探しのようで何度も夢中になって挑戦します。
秋は万華鏡作りです。筒の側面にシールをペタペタ貼ります。卵の車が用意してある写真ブースでは、親子でニッコリ記念撮影をしています。
久しぶりのおまつりに、参加した親子は楽しかった!と帰っていきました。

なかよしタイム「くまさん」

2022/06/07

朝から雨が降り続いていましたが、足元が悪い中乳幼児さんが遊びに来てくれました。
手遊びの「むすんでひらいて」をすると、子どもたちは歌に合わせて器用に手を開いたり閉じたりしていました。
体も温まってきたところで、今日の天気にぴったりな絵本「かさ」の読み聞かせです。色とりどりの傘の絵が出てくる中、「私は赤色のかさ!」と今日差してきた傘の色を言いながら聞いている子もいました。
いよいよかたつむり作りです。体部分になる色画用紙を何色がいいかな?こっちにしようかな?と悩みながら作業を進めます。色画用紙をくるくる丸めたり、お母さんと協力しながら目を貼ったり一生懸命作ってくれました。
最後は完成したかたつむりを引っ張って歩いてみたり、走ってみたり、それぞれ楽しそうに過ごしていました。

幼児クラブ「しゃぼん玉あそび」

2022/05/26

晴天に恵まれ予定通りに公園でしゃぼん玉あそびです。
始めは室内での活動です。かわいい声でお返事をして、元気にサンサン体操をします。そして、モールでしゃぼん玉の道具作り親子で相談しながら好みの形を作る様子は微笑ましいです。準備ができたら公園へ移動します。少しの距離ですが、お友だちと歩くのが楽しいのか張り切る様子が見られました。
いよいよ「しゃぼん玉あそび」です。しゃぼん液にモールの手作り道具を浸して飛ばしますが、うまくできない様子です。でも、親子で工夫し飛ばすことができると大はしゃぎ!しゃぼん玉を追いかけたり、掴もうとしたりと思い思いに楽しむ姿がみられました。
新緑の中、心地よい風が吹き、しゃぼん玉あそびを盛り上げてくれているかのようでした。

プラ板を作ろう!

2022/04/27

製作が初めての1年生はプラ板と下絵を手に取ると待ちきれない様子で説明を聞いています。
セロハンテープでその2つを固定したら早速描き始めます。
子どもたちは真剣な表情で絵をなぞり、なぞり終えると今度は楽しそうに色を塗っていきます。
黄色、ピンク、水色など透明だったプラ板が一気に色鮮やかに変わります。
キャラクターの原型通りに塗る子やオリジナルの色で塗る子、それぞれの個性が現れます。
満足するまで色塗りをしたら次はオーブンで焼いていきます。
子どもたちは「これが本当に小さくなるの?」と不思議そうな表情です。
じっとオーブンに目を凝らしているとあっという間に小さくなり、あちこちから「わぁ!」と歓声があがります。
出来たてアツアツのプラ板に目を輝かせながら、嬉しそうに帰っていきました。

マジックスクリーンづくり

2022/03/18

黄色いペンで塗ったライトをかざすと、かくれていた絵が現れるマジックスクリーン。黒画用紙とプラバンを使った製作です。
子どもたちは自分の好きな下絵を選んで、油性ペンで丁寧になぞっていきます。なぞり終えると今度は色塗りです。思い思いの色で塗り、プラバンが一気に華やかになります。
そこに今度は黒画用紙を下に敷くと、プラバンは一気に暗転します。子どもたちは「え⁉これで大丈夫なの⁉」と不安な表情になりました。
その間に重要な役目を果たすライト作りに取り掛かります。取っ手に色を塗り、スイッチの丸シールを貼るとカラフルなライトの完成です。子どもたちは早速出来立てのスクリーンにライトをかざし、浮かび上がった絵を見るとニコニコ笑顔で遊んでいました。

次のページへ

ページトップへ