このサイトは、(公財)仙台ひと・まち交流財団が運営する児童館・児童センター81館の情報を掲載しています。

仙台市の児童館・児童センター

桂児童センター 行事レポート

児童館情報
児童館だより
行事カレンダー
行事レポート

ジュニアカレッジわくわくどきどき実験室「魚の体を調べてみよう‼」

2019/11/09

市民センターと共催事業のジュニアカレッジの2回目は「わくわくどきどき実験室」の魚の解剖です。30cm位ある鮒をはじめは触るのもやっと!むしろ触れない子もいましたが、いざ解剖してみると、魚の身を見て「焼いて食べたい!」「刺身にできそう!」という子も…講師の先生方の補助のもと、徐々に魚に触れるのも慣れていき、魚の体の仕組みを調べていくうちに自分から積極的に触れるようになりました。そして、心臓、腎臓等を確認したり、魚にしかない浮き袋を取り出したり、腸を取り出し1本のひも状に伸ばして長さを測ったりという事もできました。中でも目の中に入っている透明なレンズは、水晶の様にきれいで、皆、家に持って帰ろうと、必死になって目の中から探していました。「はじめは魚に触れなかったけど、実験楽しかったです。」「魚のことがよくわかりました。」等の感想が聞かれる行事になりました。

後期運動遊びクラブ

2019/10/01

9月末から始まりました後期運動遊びクラブは、小学1・2年生を対象に活動しています。仲間と楽しく運動遊びをすることを目的とし、毎回の準備体操として大縄跳びをしています。「やったことないよ」という子ども達でしたので、川跳びからスタートしました。皆で跳べる回数も数回でしたが、毎週チャレンジすることで山跳びが出来るようになりました。コツをつかんでからは、跳べる回数もどんどん増えていきました。子ども達もグループ内で、並び順などの相談をしています。引っかかってしまっても、「ドンマイ。」などの声がけがあり、相手への思いやりがみられます。残りわずかとなりましたが、仲間と共に楽しむクラブを続けて行きたいと思います。

小学生タイム「UFOを作ってあそぼう!」

2019/09/17

この日、遊戯室に無数のUFOが現れました。緑の厚紙の円盤にマジックで模様を描いたりイラストの絵を貼って、オリジナルのUFOを作って飛ばすという、小学生タイムの行事での一コマです。男子はマジックで絵を描く子が多く、女子はイラストの絵に丁寧に色を付ける子が多く、色々な円盤が完成しました。割り箸の先についている輪ゴムに円盤を引っかけて飛ばしますが、すぐ飛ぶ子、なかなか飛ばない子、飛んだり飛ばなかったりと様々でした。遊戯室に作った「やね」「そら」「うちゅう」のラインの最高値の「うちゅう」超えを狙って、どうしたら遠くまで飛ばせるかを考えながら皆何回もチャレンジしていました。目標地点まで行くと「やった!」と喜ぶ姿が印象的でした。

ちびっこ夏まつり

2019/08/19

開催日の暑さを考慮して、今年は市民センターの部屋を借用し実施しました。
オープニングは練習を重ねた小学生のダンスで始まりました。この日を楽しみにしていたのか、可愛い浴衣や甚平で参加する幼児が目立ちました。カードを持って各コーナーを回り、お面や提灯、参加者の名前入りキーホルダーを、嬉しそうにゲットしていました。
各コーナーの「夏まつりお助け隊」の小学生は、「いらっしゃいませ。」「ありがとうございました。」「こちらのコーナーがすいてますよ。」など、呼び込みをして盛り上げていました。遊びのコーナーでは、ボーリングのボールを渡しピンを並べて、応援にも力が入っていました。エアートランポリンでは、何回もリピートする幼児をストップウオッチで測って、混乱なく遊ばせる小学生の姿が印象的でした。当日はカフェコーナーで飲み物とお菓子を準備し、休憩を取りやすくしたことで、赤ちゃん連れの方もリラックスできたようでした。また、お下がり絵本市も人気で「うちの子の大好きな絵本をいただけて嬉しかったです。」との声もいただきました。
 夏休み中だからこその、小学生と幼児親子の触れ合いができる、充実した時間を持つことができました。

小学生タイム「七夕小竹飾り作り」

2019/07/19

毎年恒例となっている仙台七夕まつりの一番町アーケードに飾る《小竹飾り》を作りました。当日は40人近い小学生の参加があり、令和に因んで「レ」の付くもの「レッサーパンダ」、「イ」の付くもの「イルカ」、「ワ」の付くもの「輪つなぎ」を折り紙で作りました。最初は「むずかしい~」と言っていましたが、うまく出来るようになると「もっと作りたい。もっと作っていい?」と言ってたくさん作ってくれました。そして吹き流しに貼っていくと「わ―かわいい‼」と子どもたちのテンションも高まり、花紙の花もたくさん作ってくれ部屋中花紙の花でいっぱいになりました。3個の小竹飾りが出来上がり、七夕まつりの出番まで図書室に飾られました。

かつラッコ「七夕」

2019/06/20

概ね月2回行われる幼児親子自由参加の「かつラッコ」この日は絵の具を使って七夕飾り作りを行いました。始めに願い事を書いて織姫と彦星を作りその後は、絵の具を霧吹きやタンポを使って大きな障子紙を染めていきました。霧吹きが楽しくて、霧吹きを離さない子、手に付けて手形を楽しむ子、初めは遠慮がちにやっていた子ども達もだんだん大胆になっていき、障子紙はあっという間に青、黄、緑など様々な色が混ざったステキな天の川が完成しました。この日の作品は、児童館で飾らせてもらった後、織姫、彦星は仙台七夕の小竹飾りに飾らせてもらうという事でお預かりしました。今、児童センター遊戯室入口に飾ってあります。8月には桂児童センターの小竹飾りに飾ります。幼児親子のステキな作品を是非見に来てください。

PAGE TOP