このサイトは、(公財)仙台ひと・まち交流財団が運営する児童館・児童センター81館の情報を掲載しています。

仙台市の児童館・児童センター

館児童センター 行事レポート

児童館情報
児童館だより
行事カレンダー
行事レポート

未来のエジソン 「科学クラブ」

2019/11/16

今日は電気についてたくさんのことを学びました。電気はどうやって作られているのか?どのように運ばれてくるのか?電気は溜めるとこができるのか?それらについて実験を繰り返し一つ一つ体験的に学びました。蓄電器を回して電球を点灯させる。蓄電器を回して蓄電池に電気を溜め、LEDを点灯させることもしました。光を生み出した後は作った電気で音を鳴らすことができるかの実験です。オルゴールに蓄電器をつなぎ音楽を生み出しました。実験が成功した時の子どもたちは本当に嬉しそうでした。今日は腕が疲れるほど蓄電器を回し、電気を作り出す大変さも学んだようです。身近な疑問を実験によって学んでいく科学クラブは未来のエジソンを生み出すかもしれません。

「天高く馬肥ゆる秋」

2019/10/16

台風一過の秋休み。とても気持ちの良い秋晴れの中、昼食会を行いました。館児童センターの館庭は仙台市の児童館の中でも1,2を争う館庭の広さだと思います。トンボやカエル、バッタ、カナヘビもいつもなら子どもたちから捕獲されまいと必死に生きているところですが、今日ばかりはおいしい匂いに誘われて覗きに来ていたかもしれません。自然の風と太陽の光をおかずにして子どもたちの食欲も旺盛でした。持参したお弁当をぺろりと平らげた後はしばし真昼の天体観測。ブルーシートにごろりとなって、青空を流れる雲など眺めていると本当に幸せな気分になりました。

2019年宇宙への旅(ライブアート)

2019/09/25

ご覧ください。ちいさな芸術家たちの手によって壮大な宇宙が作りだされました。柴田人蜜さんの指導で幼児親子さんがハンドペイントを行いました。とろみのある絵の具の感触も気持ちが良かったようです。とても楽しそうに絵の具を塗ったり絵の具の上を歩いたりしていました。家では体験できない貴重な経験でしたね。種子島から打ち上げられたJAXAロケット「こうのとり」8号も無事宇宙ステーションに到着したようです。みなさんもちょっと足を止めて秋の星空を見上げてみてはいかがですか?この作品は11月9日館コミセン作品展に出展します。こちらの宇宙もどうぞ眺めに来てください。

東北高校生現る!

2019/08/28

この日は小学生の「3Dボックスを作ろう!」という工作があり、東北高校の3年生が4名、ボランティアとして来館しました。工作のお手伝いをしていただいた後は遊戯室でドッジボールに盛り上がりました。現役野球部やテニス部の皆さんの身体能力の高さに驚き、感動し、ほれぼれし、楽しい時間はあっという間に過ぎました。最後は別れを惜しんでサイン攻め。高校生もさすがですね。慣れた手つきでさらさらと子どもたちにサインを書いてくれました。今日のあこがれがやがて次のスポーツ少年を生み出すかもしれません。これからも交流を深めていきたいと思った一日でした。

児童センターのじゃがいもを食べよう!

2019/07/26

ファーマーズクラブが春に植えたじゃがいもが順調に育ち,今年もたくさん収穫できました。そのじゃがいもを子育て支援クラブの方たちに茹でてもらい,みんなでおやつにいただきました。当日はとても暑くなりましたが,夏空のもと,80名近くの幼児親子と小学生が集まってくれました。ファーマーズクラブと子育て支援クラブの皆さんに感謝しながら,ホクホクのじゃがいもをお腹いっぱい食べました。準備してくれた子育て支援クラブさんと職員は汗だく…でも,みんなの美味しそうな顔に元気づけられながら,暑さを吹き飛ばして準備に後片付けにと頑張りました。来年もたくさん収穫できると良いですね。

ひぽぽまつり☆2019

2019/06/15

毎年恒例の「ひぽぽまつり」。今年はお天気に恵まれず、雨の中での開催となりましたが、ボランティアスタッッフを含め、360名の方が遊びに来てくれました。よさこいひぽぽ団による「よさこい乱舞」でスタート。東北高校のお姉さんたちのストラックアウトやたこやきビンゴのコーナー、おやじの会のキック&キャッチコーナーはとても賑わっていました。子育て支援クラブの玉こんにゃくやたこ焼きを美味しそうにほおばる子どもたちの様子がほほえましかったです。作るコーナーでは、科学クラブによるスライム作りが大人気で、長蛇の列ができました。雨が降って残念なお天気でしたが、子どもたちもスタッフも笑顔いっぱい、大盛況で終わりました。

PAGE TOP