このサイトは、(公財)仙台ひと・まち交流財団が運営する児童館・児童センター81館の情報を掲載しています。

仙台市の児童館・児童センター

長命ケ丘児童センター 行事レポート

児童館情報
児童館だより
行事カレンダー
行事レポート

児童センターまつり

2019/10/05

令和になって,初のセンターまつり。今年は「ちょうくん・めいちゃんまつり」と題し,多くの地域の皆様に楽しんでもらえるように内容を一新。オープニングは,中学校吹奏楽部の演奏と小学生レクダンスクラブによるダンスでした。演奏中に小学生が踊り出す場面もあり,とても盛り上がりました。各コーナーは,どの場所も列が途切れず,新しく設けた飲食コーナーは,大人も子どもにも大好評でした。エンディングは,初の大抽選会を実施し,最後まで参加する大人や子どもで賑わいました。共催した子育て支援クラブや協力いただいた地域の諸団体の皆様,児童クラブの保護者,中学生・一般ボランティアの方々,来館してくださった皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。

3館合同マンカラ大会

2019/09/21

長命ケ丘,南中山,北中山児童センター3館合同マンカラ大会。今年度はBRANCH仙台のまちづくりスポットを会場に,真剣勝負に挑みました。3館混合の3人1組のチーム対抗,1回勝負の勝ち上がり戦。ドキドキしながら対戦し,ついに決勝戦!チーム内でアドバイスしたり,メンバー間で作戦を練ったりする姿が見られました。優勝チーム,そして頑張った子どもたち皆へ大きな拍手が送られました。最初は緊張していた子どもたちも,帰り際には「また会おうね」「これからもよろしくね」と笑顔で声を掛け合っていました。NPO法人まちづくりスポット仙台,各館子育て支援クラブ,また,保護者の皆様や近隣地域の皆様のご協力と応援に支えられた大会でした。

中学生と遊ぼう

2019/08/23

南中山中学校の中学生5名の職場体験。その中で「中学生と遊ぼう」は,ドッジボールを通し,小学生とさらに絆を深め一緒に遊びたいという思いで企画してくれました。子どもたち全員が楽しく遊べるようにと,遊びのルールや役割分担を丁寧に話し合い,そして遊びが始まると,子どもたちは夢中になってボールを追っていました。ダイナミックなボールの投げ合いや,温かな応援に,みんなの笑顔があふれました。終了後は,子どもたちから「また一緒に遊びたい」「毎日来てほしいな」などの感想がありました。しっかりと目線を合わせ,丁寧な声がけでじっくりと関わる中学生の皆さんが,とても頼もしく見えました。

あそびのいっぽ「夏まつり」

2019/07/24

小学生の夏休みに合わせて,「あそびのいっぽ・夏まつり」で縁日ごっこをしました。お店の担当は小学生,お客さんは乳幼児親子さんです。毎日少しずつお店の準備に取り組み,「魚つり」「ボウリング」「アイス屋さん」「たんざくづくり」「お休み処」を開きました。受付係のお友だちは,放送でお店の案内をしたり,エンディングの読み聞かせを頑張りました。小さなお客様たちに優しく丁寧に接し,立派なお兄さん・お姉さんぶりを見せてくれました。今回の交流を通し,小学生の一回り大きく成長した姿が見られ,とても有意義な活動となりました。暑い夏を迎えていますが,是非,また遊びに来てください。児童センターでみんなで楽しく遊びましょう。

ふれあい教室

2019/06/26

昨年度児童センター職員松本先生の指導で,キックベースを楽しみました!1年生は,初体験がほとんど。先生の丁寧な指導と上の学年児童の協力により,ボールを蹴って塁まで走ること,アウトにならないようホームベースを回るなど,ルールを覚えながら楽しくゲームを行い,「やったー!」と喜んでいました。その後2年生以上も加わり,クラス対抗でゲームをして盛り上がりました。上級生は下級生にルールを教え,攻守交替の時に声をかけ合うなど,チームを引っ張ってくれました。そんな成長した子ども達と久しぶりにふれあう先生のつながりを改めて感じた大切な時間となりました。児童センターでは,キックベースが当分ブームになりそうです。

親子ドッヂビー

2019/05/18

子ども達が毎日楽しんでいる遊びを,おうちの人にも体験してもらおうと,親子ドッヂビーを開催しました。初めは真っ直ぐ飛ばなかったり,上手くキャッチできず落としたりと,苦戦していた大人チームも,練習を重ねていくうちにすぐに上達。コツをつかみ,子ども達と対等に投げ合っていました。そして最高潮に盛り上がったのは,やはり大人対子どもの対戦でした。動きの機敏な子ども達と,パワーのある大人の試合は,当てたりキャッチしたり,大接戦で白熱したものとなりました。おうちの人と一緒に楽しく体を動かした子ども達はとても満足気でした。おうちの人も子ども達の生き生きした姿と頼もしさを知り,とても有意義な一日となりました。

PAGE TOP