このサイトは、(公財)仙台ひと・まち交流財団が運営する児童館・児童センター81館の情報を掲載しています。

仙台市の児童館・児童センター

郡山児童館 行事レポート

児童館情報
児童館だより
行事カレンダー
行事レポート

おりがみタイムスペシャル

2020/02/26

月1回、地域のボランティアおりおりの会さんに、季節の折り紙を教えていただいている「おりがみタイム」のスペシャルとして、2月はお雛様作りに挑戦しました。初めに、好きな柄の千代紙を選び、着物を作り、襟を付けました。子ども達は、着物の柄と襟の色の相性を考えながら、楽しそうに作っていました。次に頭を作り、頭と胴体をのりで付けました。立体的に、しかも襟を互いちがいに貼り合わせるのに苦戦していましたが、先生の手元をよく見て、真剣に取り組んでいました。お内裏様も同様に作り、2体を金の台紙の上に乗せて、桃の花のシールで飾りつけをしました。子ども達は、完成を想像しながら、思い思いに飾りつけをして作り上げ、満足気に帰って行きました。

むかしあそびをしよう

2020/01/08

冬休みあけ、郡山老人福祉センターと共催でむかしあそびの会をしました。小学生40人が八本松で活躍中の、むかしあそびの達人“わらべ村”の皆さんに教えていただきながら様々な遊びに挑戦しました。羽根つきや紙風船、ゴムとびで身体を思い切り動かし、こま回しや、まとあてのコーナーも大人気!老人福祉センター将棋クラブの皆さんとじっくり勝負する子もいました。閉会式では代表2人が感想とわらべ村さんと将棋クラブの皆さんに感謝の言葉を発表しました。最後は握手し、「楽しかったです」「またきてください」「かぜをひかないように」などの言葉を交わして別れを惜しみ、心に残る交流となりました。

すもうとちゃんこ

2019/12/21

若林区中央市民センターの協力のもと、初めてのすもう大会を企画しました。参加者はしこ名入り名札とまわしを身に着け、期待と緊張の入り混じった表情で東西の部屋毎にスタンバイ。東北大学相撲部の学生力士が入場すると、拍手と歓声が起こりました。しこ踏みの準備体操や実技披露の後、「はっけよい、のこった」のかけ声で、対戦がスタート。子どもたちの白熱した真剣勝負が繰り広げられました。相撲部のお兄さんとの対決では、1人の力士めがけて9人の小学生が一斉にぶつかっていきました。最後は、子育て支援クラブの皆さんが調理してくださった美味しいちゃんこをいただきました。心も体もポカポカと温まる、冬の一大イベントとなりました。

飯田保育所交流会

2019/11/08

郡山小学校の振替休業日に、小学生31名で飯田保育所を訪問しました。事前に、ダンス隊・あそび隊・ゲーム隊に分かれ保育所のお友だちが喜ぶ内容を準備して、いざ出発!小学生のUSAのダンス発表、けん玉・フラフープ等の技の披露では、たくさんの拍手をもらいました。保育所のお友だちは「世界中の子どもたちが」の曲を元気いっぱい歌ってくれました。お礼にみんなで作ったぶんぶんゴマをプレゼントしました。ゲーム隊は児童館と保育所にちなんだ〇×クイズと王様じゃんけんで盛り上げました。最後にみんなでパプリカを踊って楽しく交流会を終えました。バイバイと手を振り見送ってくれた小さいお友だちの姿が心に残っています。

秋休みドッジボール大会

2019/10/16

秋休み最終日、お隣の東長町と八本松の児童館と合同でドッジボール大会を行いました。今年は2つの意味で画期的でした。一つ目は、館対抗をやめ、各チームに3館児童を分け、学年構成なども均等にした点です。ジュニアリーダーの監督の下、楽しい雰囲気の中にも、試合ではみんな真剣そのもの。優勝を目指し、互いに相談する、ボールを渡す、プレーを讃えるなど交流場面が随所に見られました。二つ目は、八本松市民センターと連携できたことです。計画立案から会場提供、ジュニアリーダー手配、賞状準備など大変お世話になりました。参加者21名の多くは会場まで歩き大変そうでしたが、気持ちのいい汗をかくことができ、秋休みのよい思い出となりました。

郡山児童館 レインボーまつり

2019/09/28

今年の児童館まつりは「にじいろ」をテーマに開催しました。オープニングは、郡山小学校3・4年生の「よさこい」と、USAアメリカチームのダンス「USA」でスタート。その後は、ストラックアウトやキラキラスライム、的あて、折り紙コーナー、そしてキッズリーダーが大活躍したレインボーカフェ、どのコーナーも賑わっていました。遊んでスタンプを集めると「おかしのつかみどり」ができるコーナーもとても好評で、みんなワクワクしながら遊んでいたのが印象的でした。
虹の色に囲まれて楽しく遊んでもらいたいという思いで開催したレインボーまつり。総勢240名の方々にご参加いただきました。皆様ありがとうございました。

PAGE TOP