このサイトは、(公財)仙台ひと・まち交流財団が運営する児童館・児童センター81館の情報を掲載しています。

仙台市の児童館・児童センター

柳生児童館 行事レポート

児童館情報
児童館だより
行事カレンダー
行事レポート

いっしょに踊ろう♪ダンス隊(ニチイケアセンター南仙台訪問)

2019/11/16

小学生有志で結成したダンス隊が地域のニチイケアセンター南仙台の皆さんと交流してきました。9月のおまつりで発表した「ズートピア」のダンスと新たに練習した「パプリカ」を発表し、ニチイのおじいちゃん・おばあちゃん達と一緒に体操できるよう考案した「北国の春~タオル体操」皆で北国の春の1番を歌いながら体を動かしました。その後は歌を使ったレクリエーションやニチイの職員さんが用意してくれた紅白対抗玉入れゲームで一緒に遊びました。玉入れゲームではおじいちゃん・おばあちゃん達と子ども達で2人一組になり、大人も子どもも本気でがんばり盛り上がりました。最後はアンコールをいただいて、もう一度ダンスを発表させていただき、手作りのプレゼントを交換しあいました。発表もプレゼントもおじいちゃん・おばあちゃん達がとても喜んでくれたことが、子ども達にも励みとなったようです。笑顔あふれる和やかな交流会となりました。

パペットシアターぶんぶんのわくわくシアター

2019/10/24

子育て支援クラブ「めんこいっちゃ」との共催で人形劇団ぶんぶんさんをお招きし、パペットシアターを開催しました。当日はたくさんのお友達が遊びに来てくれました。オープニングでは楽しい歌遊び。ちょっぴり緊張していた子ども達の顔が、ぱあっとニコニコ笑顔になりました。音楽に合わせてかわいい野ネズミがたくさん現れたり、カラフルなカエルが歌を歌ったり、ちょっぴり怖いおばけの登場に子ども達は釘付けになりました。大きなカブを抜くときは、親子で大きな声で「うんとこしょ。どっこいしょ」みんなの力で大きなカブはぬけました。秋の一日、親子で歌って踊って楽しい一日になりました。

じどうかんまつり「やなぎうハッピー☆ハロウィン

2019/09/28

ハロウィン村に変身した児童館は思い思いの仮装でおしゃれをした子どもたちで大にぎわい。魔女の大きなおなべのおかしを豪快におたまですくったり、フライングパンプキンでは的をめがけておもいっきりかぼちゃを飛ばしたり、好きな色を選んでオリジナルのスーパーボールを作れるマジカルボールなどおまつりだけの特別なコーナーで楽しみました。乳幼児コーナーでは変身できる衣装づくりをしました。お着替えをしたら、フォトコーナーでハイポーズ!インスタ映えまちがいなし!みんなたくさんのコーナーを周って素敵な景品をゲットして大満足。一日だけのハロウィン村ではみんなの笑顔があふれていました。

わんぱくカプラデー

2019/08/30

8月のわんぱくデーは魔法のつみき・カプラを行いました。今回からスペシャルな色とりどりのカラーカプラが登場して、みんな大喜び。人が入れるくらいのお部屋を作る子たちや、見本のイラストを見ながら本格的なお城を作ったり、チームワークを発揮してタワーを作ったり、カラーカプラを生かしてじゅうたんや柱に見立てて、素敵なおうちを作る子がいたりと、それぞれ思い思いにゆったりと個性的な作品を作っていました。一日が長い夏休み。広く涼しいお部屋で、カプラを使ってのびのび遊ぶ楽しい時間になりました。

はじめてのヒップホップ

2019/07/22

9月28日のおまつりで発表するヒップホップダンスをプロのダンサー高谷先生から教えていただきました。最初は色んな曲に合わせて体を動かしていきます。初めてヒップホップを踊る子もいましたが、高谷先生がわかりやすく教えてくれるので楽しく踊れました。切れ目ないウォーミングアップのダンスに子ども達は汗だく、高谷先生の格好良く踊る姿に近づきたいと一生懸命がんばります3。体が温まった所で本番で踊る予定の映画ズートピアの「トライエブリシング」のダンスが始まりました。集中して振り付けを覚えようと必死に踊る子ども達に、先生から何度も「すごく上手!」「覚えるのが早いね!」とお褒めの言葉をいただきました。子ども達も「とても楽しかった」と終わった後もダンス熱は冷めやらず…今も練習に励んでいる日々です。完成をどうぞお楽しみに!!

からだづくり教室

2019/06/17

一般社団法人・ボディジャンプの菅野正利先生をおまねきして「からだづくり教室」を行いました。からだをほぐすストレッチをしてから、グループに分かれてボールを後ろの人に渡してきょうそうしたり、テニスボールを使ったリレーをして楽しみました。今までやったことのない新しい遊びに、みんな大興奮!集まったボールを数えるのに、どんな工夫をしようかとみんな頭をひねって考えました。4年生がリーダーシップをとってアイディアを出してみんなをまとめたり、下の学年の子どもたちが一生けん命応援をしたり、みんなが一体になった楽しい時間になりました。

PAGE TOP