このサイトは、(公財)仙台ひと・まち交流財団が運営する児童館・児童センター81館の情報を掲載しています。

仙台市の児童館・児童センター

沖野児童館 行事レポート

児童館情報
児童館だより
行事カレンダー
行事レポート

やってみよう!将棋に挑戦!

2020/02/15

 この行事は、沖野老人福祉センターと共催して世代間の交流を図る行事です。将棋をしてみたい、もっと上達したいという小学生が、将棋のボランティア講師の先生に教えてもらいます。はじめに「将棋は奥深いもの。礼儀を守って一生楽しみましょう。」とお話があり、その後1対1の対局です。休憩時間も忘れて真剣に盤に向かっている姿が見られました。初心者は回り将棋やはさみ将棋を教わりました。集中した1時間が過ぎ、皆で駒を片付けながら、「楽しかった。次はもっと強くなりたい。」という声がきかれました。最後に、「これからも将棋を楽しんでください。今日はよく頑張りました。」というお褒めの言葉とともに一人ひとり賞状をいただきました。

春よこい!福は内!楽しく豆まき会

2020/01/25

今年4年目を迎えた豆まき会。地域の子どもたちや大人・民生委員さんなどたくさんの方々が参加してくれました。はじめに沖野すずめ隊さんによる華やかな演舞。演舞後には扇子を持ってみんなで一緒にすずめ踊りの体験をしました。その後、豆まき縁日・おしるこ茶屋が開店。にこにこお助け隊の方々が作ってくれたおしるこをおいしく食べていました。縁日コーナーでは、マスクを被った謎のヒーローが登場。変身した沖父ちゃん会の演出で会場は大いに盛り上がりました。小学生ボランティアひよこクラブのみなさんは、ボール投げやおみくじなどの担当コーナーで参加者を楽しませてくれました。最後は豆まきです。豆まき隊の掛け声で豆がまかれみんなで拾って喜んで福を持ち帰りました。

にこちゃんクリスマス

2019/12/09

日常の利用が少ない地域の乳幼児親子さんも来館のきっかけになるようクリスマス会を開催しました。当日は、サンタの衣装やクリスマスグッズを身に着けた親子さんもいて、たくさんの参加者が会を盛り上げてくださいました。特にオープニングのK²さんによるショーは、ペープサート・紙芝居・バルーンパフォーマンス等盛りだくさん❢お子さんもお母さん方も大いに楽しんでくれました。その後の職員によるミュージックベルの演奏は、練習の成果と本番の強さを発揮し、たくさんの拍手を頂くことができました。そして、歌遊びでアンパンマンがサンタに変身した後、本物(?)のサンタさんが登場‼サンタさんからプレゼントをもらって笑顔いっぱいの行事となりました。

おきのっぺまつり

2019/11/03

秋晴れの中、おきのっぺまつりが開催されました。まずはステージ発表、小学生によるベル『365日の紙飛行機』の演奏。続いて小学生と高校生による『虹』と『ふるさと』の合唱。とても素敵な音色・合唱に会場から大きな拍手を頂きました。遊びの広場では、たくさんのボランティアの方々にご協力いただき、子ども達は色々なコーナー遊びを楽しむことができました。毎年恒例のわなげDEおかしゲット、沖父ちゃん会のバスケ・豆つかみ、チャレンジコーナーでは子どもだけではなく一緒に来た保護者も楽しむ姿が見られました。工作コーナーは特に大盛況で、完成したカラフルプラバンを嬉しそうに持っていました。皆さんのご協力のお陰でおきのっぺまつり大成功でした!!

ママのリフレッシュタイム

2019/10/23

毎日子育てと家事に大忙しのママに笑顔のエッセンスとなりますようにと思いを込めて「ママのリフレッシュタイム」を行いました。まずは、親子のふれあい体操でウォーミングアップしてスタートです。抱っこで疲れた肩や腰をゆったりじんわりほぐすとたちまちリラックス!おうちでも簡単に続けられるストレッチをご指導いただきました。程よく体が温まり、リズミカルに全身を動かしてみるとまるでスタジオエクササイズのようにすっきり、いい汗をかくことができました。地域ボランティア「にこにこお助け隊」の皆さんに子ども達を見守っていただき、ママたちは安心して、本日の主役となって楽しいひとときを過ごすことができました。

わんぱくタイム

2019/09/20

ニュースポーツのピロポロをしました。初めて体験する子どもたちがほとんどでしたが、ピロポロのルールを聞く時の子どもたちの目は輝いていました。最初はうまくいかない子どもたちもすぐに黄色いスポンジのボールがスティックにあたるようになり、笑顔で楽しむ様子がみられました。3人ずつの試合が始まりました。最初のころは、ゴールまでボールを運んでいくのは難しいようでしたが、だんだん慣れて、ボール運びも上手になりました。チームを一生懸命応援する様子もみられ、チームの力を合わせてゴールに入るようになりました。自分たちのチームに点数が入ると子どもたちは大喜びでした。おもいっきり体を動かし、汗を流し、ニュースポーツを楽しんだひとときでした。

PAGE TOP