このサイトは、(公財)仙台ひと・まち交流財団が運営する児童館・児童センター81館の情報を掲載しています。

仙台市の児童館・児童センター

大沢児童館 行事レポート

児童館情報
児童館だより
行事カレンダー
行事レポート

め・だまらんど「ボタニカルキャンドル作り講座」

2020/02/14

今年度最後の「め・だまらんど」で昨年大人気だった【ボタニキャルキャンドル作り講座】を子育て中のママ&地域の皆さんに参加して頂き行いました。色とりどりの草花や木の実、甘い香りのドライフルーツの中から、気に入ったものを選び、ろうそくの芯が入ったコップの中に入れて、そのコップの周りに溶かしたろうを流し込みました。固まるのを待って、最後に紙コップをはがして出来上がったキャンドルに、参加者の皆さんから「わぁ~素敵」との歓声が上がりました。お花の香りに包まれた癒しのひと時になりました。

「コスモス文庫」の読み聞かせ

2020/01/22

「コスモス文庫」による読み聞かせを開催しました。「コスモス文庫」は、図書ボランティアとして毎週水曜日に図書室の図書整理や、貸し出し・返却作業などをしてくださっています。そして、月に1度、小学生を対象に絵本や紙芝居の読み聞かせもしてくださいます。今回は、小学1、2年生を対象に、絵本『オニじゃないよ おにぎりだよ』を読んでくれました。おにぎりが大好きなオニが、人間にもおいしいおにぎりを食べさせようと奮闘するクスッと笑える楽しいお話です。参加した子どもたちは夢中になって聞きいっていました。「コスモス文庫」の読み聞かせはどなたでも参加できます。ぜひ、みなさんも聞きにきてください。

親子行事「オリジナルリースづくり」

2019/12/14

小学生親子を対象とした親子行事シリーズの2回目は、ペーパーナプキンを使ってリースづくりにチャレンジしました。お花紙の作り方なので、難しい作業は特になく、楽しく作業できました。親子で相談してペーパーの模様や飾る実を選び、仕上げていくのですが、
親子の会話だけでなく、子ども同士、親同士も楽しい会話が広がっていました。週末と言ってもなかなか忙しい小学生の生活の中に、親子で作品を完成させるだけでなく、会話を楽しんだり、仲間を広げていくことができたらという職員の思いで企画した親子行事。
限られた時間ですが、親子で楽しんでもらうことができ、本当によかったなと思います。

おはなしチャンネル

2019/11/13

乳幼児親子対象のお話の時間・「おはなしャンネル」に職場体験の大沢中学校2年生の皆さんに、絵本の読み聞かせをしてもらいました。前日から何の本を読むかを考えて、自分が小さい頃に読んだことがあるという「はらぺこあおむし」の絵本を選び練習を重ね、当日は感情を込めてとても上手に読んでくれました。幼児さんも中学生に「イチゴだね~
」などと言葉をかけながら楽しいおはなし会になりました。その後は、幼児さんは「おねーちゃん」と声をかけ、手をつないだりしながら、ままごとやボールで中学生の皆さんと一緒に遊びました。おはなしを通しての楽しいひと時になりました。

おおさわのへそ

2019/10/09

小学生を対象に、大沢地区社会福祉協議会のみなさんと一緒に「おおさわのへそ」を開催しました。今回は「コマ遊び」です。木のコマに自由に色をつけて、一人一人の個性が光るきれいな色のコマができました。その後は、自慢のコマで回し方の練習です。ひもをまくコマが初めてという子も多くいましたが、何度も練習して上手に回せたときにはとっても喜んでいました。最後には、子どもたちから「楽しかった!!」「コマの回し方を(地域の方に)優しく教えてもらって、感謝の気持ちでいっぱいです。」という素敵な感想もたくさん聞かれ、子どもも大人も楽しい笑顔がいっぱいのひとときでした。

じどうかんまつり2019「うちゅうであ・そ・ぼ」

2019/09/14

児童館事業の一大イベント「じどうかんまつり」。今年は宇宙をテーマに「うちゅうであ・そ・ぼ」と題して、各コーナー、宇宙にちなんだ内容で楽しんでいただきました。児童クラブの子どもたちによる「うちゅうへGO」のダンスでスタート。コーナーはUFO、ロケットや宇宙人、自分なりの惑星の世界を作ったり、星の千本引きなど。広い体育館はミラクルでいっぱいでした。当日のボランティアだけでなく、事前準備でも地域の皆さんにたくさん助けていただきました。中学生の皆さん、図書ボランティアさん、児童クラブ保護者、行事ボランティアさん、ジュニアリーダーさん、総勢50名以上の皆さんに支えられて無事楽しく終えることができました。

PAGE TOP