このサイトは、(公財)仙台ひと・まち交流財団が運営する児童館・児童センター81館の情報を掲載しています。

仙台市の児童館・児童センター

大竹児童館 行事レポート

児童館情報
児童館だより
行事カレンダー
行事レポート

さくら・いちごクラブ合同運動会

2019/10/03

この日は雲が日差しを遮り、過ごしやすい絶好の運動会日和。さくら・いちごクラブのお友だちは、お母さんに鉢巻を付けてもらってやる気満々。準備体操をして競技開始。先ずは駆けっこ。みんな風になってゴールを駆け抜けました。続いてさくら・いちご対抗親子リレー「フルーツバスしゅっぱ~つ!」。バトン代わりにフルーツを乗せた台車を繋ぐ競技。さすがに年長のさくらさんが勝利。続いてはさくら・いちご対抗玉入れ。いちごさんは的のビニールの中に優しいメロンパンナちゃんが入っていたので、みんな玉入れに集中出来ました。ところが年長のさくらさんは中に剣道の面を被ったバイキンマンが…。みんな玉を入れることなどそっちのけで、バイキンマンをやっつけることに夢中になったためか、いちごさんが勝利を収めました。休憩を挟み、最後は障害物競走「それゆけアンパンマン!」。数々の障害物を乗り越え、宝箱からお花をゲット!すべり台を滑ってお菓子を取りゴール。全員無事にゴール出来ました。ダンスの後、全員に缶バッジの金メダルが授与され、溢れる笑顔いっぱいの中、運動会を終了することが出来ました。

さくら・いちごクラブ合同運動会準備

2019/09/19

今日は、来月行われる幼児クラブ合同運動会準備の日。いつものようにウォーミングアップ・出席確認を終えて、お誕生日を迎えたお友だちをみんなでお祝い。さていよいよ準備。【準備その①】運動会で使う缶バッチメダルの下絵塗りに挑戦。マスコットキャラクター・ビッキーのイラストにお母さんと一緒に色を塗り仕上げました。【準備その②】いよいよかけっこと玉入れの練習。かけっこは、ホイッスルの合図でお母さんと一緒にスタート。風のようにゴールを駆け抜けました。玉入れは、上手に紅白の玉を段ボール箱に投入。30個以上も投げ入れることが出来ました。さくらクラブ・いちごクラブのお友だちは後片付けも満点!本番が楽しみです。

子ども企画「呪われたあき寺」

2019/08/21

今日は、子ども企画「呪われたあき寺」(お化け屋敷)の実施日。この子ども企画は、児童クラブ員が自由な発想で主体的に『遊び』を企画する取組です。今年は、お化け屋敷を企画。8月に入ると計画に沿って準備を楽しみ、前日からは模様が絵に取り掛かり、おどろおどろしい「あき寺」が完成しました。いよいよ本番。低学年の児童も受付と誘導の役割をきちんとこなしました。「あき寺」に一歩足を踏み入れると、木魚と読経のバックミュージックが流れる異様な世界。あまりの怖さに足が前に進まないお友だちや入り口で立ちすくんでしまい、「あき寺」に足を踏み入れることすらできないお友だちが続出。もっと怖がらせたいお化けたち、児童館の先生方を怖がらせてしてやったりと満足そうでした。

トワイライトキャンプ

2019/07/20

今年のトワイライトキャンプは、にわか雨による無用な混乱を避けるため、集会室での開催となりました。オープニングは児童クラブの「パプリカ」ダンス披露。軽快なリズムで参加者も自然に踊りだしました。続いてチーム対抗ゲーム合戦。フラフープくぐりやペットボトルキャップ探しの真剣勝負。大きな盛り上がりの後は厳粛な儀式が待っていました。キャンプファイヤーに代わるキャンドル灯火式。火の神から火の子に分火された炎がメインキャンドルに灯され神聖な儀式も無事に終了。いよいよお待ちかねカレー会食の時間。子育て支援クラブ特製カレーがふるまわれました。今年のカレーの隠し味はチョコレート。皆、競うようにお替りをしました。フィナーレは消防団の方々による恒例花火大会。打ち上げ花火や仕掛け花火が児童館の夜空を焦がし、今年も大竹・向田の沢山の方々のご支援の下、滞りなくトワイライトキャンプを終了することが出来ました。ご支援いただいた地域の方々に衷心より御礼申し上げます。ありがとうございました。

いちごクラブ「ピクニックにいこう」

2019/06/13

梅雨の中休み、爽やかな快晴に恵まれ、いちごクラブ「ピクニックにいこう」を実施しました。遊戯室でウォーミングアップをしてお母さんと一緒に館庭へ。ピクニックカードに記されたシロツメクサやタンポポなどを見つけてはカードにご褒美シールを貼ってもらい大喜び。さらに職員がクラブのお友だちをスペシャルポイントに案内。なんとそこには体長1m超の完全な形の蛇のぬけがらがあり、親子で興味津々。最後は青空の下、サンサン体操で締めくくりました。

チャレンジスタジオ「春の散策と工場見学」」

2019/05/18

さわやかな五月晴れに恵まれ、「春の散策と工場見学」に出かけました。大竹児童館からおよそ70分の長い道のりを新緑を眺めながらウォーキングを楽しみ、白松がモナカ本舗赤坂工場にたどり着き、広大な敷地に建つ工場を見学しました。参加した児童の一人は、「モナカの皮の製造過程が一番印象に残ったよ!」と感想を聞かせてくれました。最後はごま餡のモナカと熱いお茶でほっと一息。参加者一人一人にお土産までいただきました。

PAGE TOP