施設のご案内   (財)仙台ひと・まち交流財団

 

   

(財)仙台ひと・まち交流財団

若林区文化センター

 
 

           

 

 

●「ふれあい製品展示販売会」を開催しています!

 

 若林区文化センター1階正面玄関東側におきまして、障害のある方が制作した「ふれあい製品」の展示販売会を開催しております。
 平成26年度開催日はこちらでした。

 

 

 ●「雛人形飾り」を展示しました!

 

 若林区文化センターグランドロビーを会場に、地域のお子様の健やかな成長を願い、また、ご来館の皆様が楽しんでいただけるよう、「雛人形飾り」を展示しました。
 今年は、毎年展示している雛人形飾りとともに、日頃から地域や当センター事業でもご活躍されている折り紙ボランティア「白い花の会」様のご協力をいただき、皆様が一つひとつ丹精を込めて製作された作品を展示し、文化センターロビーを華やかに演出してくれました。
 ご覧いただいた皆様、お楽しみいただけましたでしょうか?また来年の展示をお楽しみにしてください。

 

ひな祭り   ひな祭り

 

 

 ●「若林の新風景」写真展を開催しました

 

 若林区文化センター1階グランドロビーを会場に、平成27年3月6日(金)までの間、「若林の新風景」写真展を開催しました。
 
  ご来場戴いた皆様、ありがとうございました。

 

若林の新風景 若林の新風景

 

 

 ●仙台市立南小泉小学校6年生の皆様がお正月用の門松を飾ってくれました!

 

 仙台市立南小泉小学校6年生の皆様が、若林区文化センター正面玄関に心をこめて作ってくれたお正月用の門松を飾ってくれました。
 12月16日には、6年生の皆様が来館されて贈呈式が行われ、感謝の気持ちや作られた感想などもいただくことができました。
 この門松には、児童の皆様からの「心と心をつなぐ、未来へのメッセージ」が寄せられており、「輝」「全力」「魂」など、ご来館の皆様に10のメッセージをお届けしてくれました。
 1月13日(火)まで飾っていただいたこの門松ですが、多くの皆様がこのメッセージをお受け取りいただいたのではないでしょうか。

 

門松 メッセージ

 

 

 ●「広瀬川サケプロジェクト」サケの稚魚が広瀬川に放流されました!New

 

 皆様に育てていただき、暖かく見守っていただきましたサケの稚魚が、3月7日(土)に元気な姿で広瀬川に放流されました。毎年ご来館いただき、サケが育つ様子を見守っていただいている方々もおり、大変感謝しております。
 今後も地域にある大切な自然をより身近に感じていただき、親しんでいただけるよう、施設を有効活用するなどして取り組みたいと考えております。


 

 

 ●「広瀬川サケプロジェクト」サケの稚魚が育っています!

 

 3月5日(木)まで文化センターで暮らし、3月7日(土)には広瀬川に放流されるサケの稚魚ですが、地域の皆様の温かい見守りの中、日に日に大きく育っています。放流後も元気に広瀬川で泳いでくれますようにと、地域のお子様も一緒にエサをあげて育ててくれています。

 

鮭
     
鮭 鮭 鮭

 

 

 ●「広瀬川サケプロジェクト」サケの卵が孵化しました!

 

 平成26年12月21日(日)から始まったこの展示も、新たな年を迎えるとともにサケの卵が孵化しました。サケが大きく育ちますようにと、地域のお子様も一緒に温かく見守ってくれています。

 

鮭
   
鮭 鮭

 

 

 ●「広瀬川サケプロジェクト」を開催してます!

 

 若林区文化センター1階ロビーにおいて、平成26年12月21日(日)から「広瀬川サケプロジェクト」を開催してます。
 この展示は、広瀬川市民会議の主催によるもので、サケを多くの市民の皆様に知ってほしい、また、サケを育む広瀬川についても知ってほしい、との思いで始まったものです。
 まだ展示が始まったばかりで、水槽にはサケの卵だけが気持ちよさそうにしていますが、これから孵化して元気にサケが育ちますよう、皆様、一緒に温かく見守ってください。


 

鮭
   
鮭 鮭
鮭project

 

 

 ●施設周辺をキレイにする活動は冬期間お休みします!

 

 今年5月から、地域のボランティアの皆様とともに毎月第1・3水曜日の午前10時から11時まで、施設周辺をキレイに保ち、文化センターが居心地の良い場となるよう、館庭を中心とした草取りなどに取り組んできました。
 毎回、地域の皆様にご参加いただき、回数を重ねるごとに仲間も増えて、楽しみや心地よさを感じながら、春先に始まった活動もあっという間に冬を迎えることになりました。
 せっかくの活動ですが、冬期間はお休みして3月下旬に再開する予定ですので、暖かい季節になりましたら、いつもの日時で皆様をお待ちしてます。
 また、地域のボランティアの皆様が新たな計画を練り始めていますので、どうぞお楽しみにしてください。


 

cleanproject cleanproject
   
cleanproject cleanproject
   
cleanproject

 

 

 ●「第20回若林区童謡フェスティバル 〜心のふるさと 若林〜」を開催しました!

 

 平成26年11月8日(土)に、若林区文化センターホールにおきまして「第20回若林区童謡フェスティバル 〜心のふるさと 若林〜」を開催しました。
 この若林区童謡フェスティバルは、地域の皆様やご出演いただいた皆様など、これまで多くの皆様に支えていただき、お陰様をもちまして第20回目として開催することができました。
 当日は、区内を中心とした幼稚園、中学校、高等学校、そして合唱団のほか、特別ゲストとして日本で最初の童謡雑誌「おてんとさん」に由来する在仙の「おてんとさんの会」をお招きし、9団体の皆様にご出演いただきました。第1部は合唱、第2部ではマーチングを演目にして、それぞれの団体の工夫を凝らした演奏で会場を大いに盛り上げていただき、ご来場の皆様に元気と笑顔にあふれるステージをお届けすることができました。
 また、聖ウルスラ学院英智高等学校JRC部の皆様には、会場準備、受付や出演団体の誘導など、終日裏方さんとしてフェスティバルを支えていただきました。
 ご来場、ご支援いただきました皆様、誠にありがとうございました。



童謡フェスティバル


童謡フェスティバル
童謡フェスティバル報告

 

 

 

 ●「いっしょうけんめいかきました100枚展」を開催しました!

 

 若林区文化センターアート・ギャラリー「わかぶん」を会場に、「第20回若林区童謡フェスティバル 〜心のふるさと 若林〜」プレイベントとして、「いっしょうけんめいかきました100枚展」を開催しました。
 この展示は、第20回若林区童謡フェスティバルにご出演の「聖和幼稚園」「るり幼稚園」、文化センター近隣の「エコールノワール幼稚園」「小さき花幼稚園」それぞれの園児の皆さんが一生懸命描き上げた絵を、第1部と第2部に分けて展示したものです。
 
どの絵も力強さがある中にも個性に満ち溢れ、園児の皆さんの成長が感じ取れる作品の数々となり、ご来館の皆様に元気を与えてくれる機会となりました。
 ご来場いただいた皆様、誠にありがとうございました。

日   時:
第1部 平成26年10月21日(火)〜11月9日(日)
  第2部 平成26年11月12日(水)〜11月30日(水)
出展団体:
第1部 聖和幼稚園、るり幼稚園
  第2部 エコールノワール幼稚園、小さき花幼稚園



いっしょうけんめいかきました

 

 

 

 ●仙台市シルバー人材センターボランティアの皆様と環境美化に取り組みました!

 

 平成26年10月12日(日)に、仙台市シルバー人材センターボランティアの皆様とともに、環境美化に取り組みました。
この取り組みは、ボランティアの皆様が地域の環境美化への取り組みに少しでも貢献しようとの思いから始まり、地域の皆様が来館する文化センターを綺麗にして、気持ち良くご利用いただけるようにと、当文化センターにおいては昨年から活動されています。
当日は、まだまだ日差しが厳しい状況ではありましたが、文化センター敷地や隣接する歩道など、広範囲におよびゴミ拾いや雑草取りなどを行いました。
当文化センターでは、今後も関係団体の皆様と連携を図りながら、地域の環境美化に取り組んでいきます。

 

silver01 silver02 silver03

 

 

 ●「第26回若林区民ふるさとまつり」にご来場いただきありがとうございました!

 

 平成26年10月19日(日)に、若林区役所と若林区文化センターを目一杯におまつり会場にして、「第26回若林区民ふるさとまつり」が開催されました。
 清々しい秋晴れの中で開催されたおまつりには、「ステージイベント」や「特別企画」などのお目当てのイベントを楽しもうと、大勢のお客様にご来場いただきました。
 文化センターでは、ホールや展示ホールなどを会場に「健康づくりフェスティバル」と「わたしの作品展」が開催され、出展された皆様の熱心なご説明のもと会場は大いに盛り上がりました。また、「区内幼稚園・保育所作品展」の会場となった1階ロビーでは、親子連れ、おじいさんやおばあさんなど、多くの皆様が笑顔で作品について語ったり、記念の写真撮影をして楽しまれました。
 ご来場いただいた皆様、誠にありがとうございました。




hurusatomaturi
hurusatomaturi

 

 

 

 ●「ひまわりお絵かき大会」作品展示を開催しました!

 

 若林区文化センターグランドロビーにおいて、8月12日(火)から8月31日(日)までの間、お子さん方が一生懸命に描いたひまわりの絵の作品展示を行いました。
 展示作品は、震災復興・地域支援団体「ReRoots」が主催した「ひまわりまつり」開催時に、お子さん方がお絵かき大会の中で描いてくれた作品の数々で、是非、多くの皆さんにご覧いただこうと展示を行いました。どの作品も本物のひまわりのように生き生きとたくましく描かれており、また、8月19日(火)からは若林区の風景やひまわり畑を題材とした写真コンクールの応募作品の展示も行い、館内をひまわりで飾っていただきました。
 期間中にお立ち寄りいただき、力作の数々をご覧いただきました皆さん、誠にありがとうございました。


himawarioekaki

 

 

 

 

 ●「仙台七夕に願いを」開催いたしました!

 

 今年も若林区文化センターのグランドロビーに仙台七夕の大笹を飾りました。
 併せて,『アートギャラリー「わかぶん」』において,若林区中央市民センターの折り紙ワークショップが8月2日(土),8月5日(火)〜8日(金)に開催されました。
  

 

clean2
clean3

 

 

 

 ●「第3回ダンス・フェスティバルin仙台」を開催いたしました!

 

 若林区文化センターホールを会場に、「第3回ダンス・フェスティバルin仙台」を開催しました。
 当日は、暑さの厳しい中、13団体、約300人のご出演のもと、延べ800人のお客様にご来場をいただき、盛大に第3回目を開催することができました。
  イベントでは、福島県いわき市において8月に開催された「フラガールズ甲子園」出場の福島県立平商業高等学校及び福島県立湯本高等学校をお招きし、その2校と常盤木学園高によるフラ、タヒチアンダンスをそれぞれ披露しました。そして、3校とともに、宮城県立支援学校小牛田高等学園を交えたフラの共演を行い、ご来場の皆様に笑顔と元気に溢れるフラを披露し、また、フラをとおした地域間交流も図ることができました。
 その他にも、仙台市内のフラダンス団体を中心に、日舞、チアリーディング、ヒップホップやジャズダンスの団体などにご出演いただき、ご来場の皆様とともに会場が大いに盛り上がりました。
 ご出演者への大きな拍手や声援をいただきましたご来場の皆様、誠にありがとうございました。
   


開催レポートはコチラの写真をクリック! yajirusi 
hura




■ ポスター 
 チラシ 
 パンフレット 
dance dance dance

 

 

 ●「若林区文化センターバックヤードツアー」を開催しました!

 

 平成26年7月20日(日)に、NPO法人 冒険あそび場−せんだい・みやぎネットワークとの共催で、「若林区文化センターバックステージツアー」を開催しました。
 初めての開催となったこのイベントは、小学生以下のお子さんとお父さんとの親子参加として開催し、18名の皆さんにご参加いただきました。
 当日は、展示ホールを会場として会場設営の模擬体験や楽器に親しむ機会、また、普段は職員以外に立ち入れない地下の中央監視室や図書館の書庫に侵入するなど、文化センター関係者の一人として活躍していただきました。
 今後も、親子でお楽しみいただけるようなイベントを企画してまいりますので、お楽しみにしてください。



tanabata1
tanabata2

 

 

 ●仙台市立古城小学校「伝承七夕を追え!〜夢をのせ 願いよ叶え 仙台七夕2014〜」を展示しました!

 

 若林区文化センターグランドロビーにおいて、仙台市立古城小学校児童の皆さんが製作された七夕飾りを展示しました。
 七夕飾りは、五年生の皆さん一人ひとりが丹精込めて製作された吹き流しや、全学年の皆さんによる願いが込められた短冊などの作品で、文化センターを華やかに彩ってくれました。
 今回の展示をとおして、古城小学校の皆さんによる伝承七夕への取組みを多くのご来館の皆様にご覧いただくことができました。
 今後も、このような機会を設けたいと考えていますので、お楽しみにしてください。



tanabata1
tanabata2

 

 

 

 

 ●「平成26年度戦災復興展プレイベント」を開催しました!

 

 若林区文化センター1階グランドロビーを会場に、「平成26年度戦災復興展プレイベント」を開催しました。
 当イベントは、平成26年7月4日(金)から7月13日(日)までの間、仙台市戦災復興記念館を会場に開催された「平成26年度戦災復興展」のプレイベントとして開催し、昭和20年7月10日米軍による空襲で焦土と化した仙台から、復興を遂げるまでの仙台の歴史をご紹介しました。
 今回は、仙台空襲と復興を記録したパネル5点と昭和22年当時の七郷地区航空写真1点の6点を展示し、多くの皆様にお立ち寄りいただきご覧いただきました。
 お立ち寄りご覧いただいた皆様、誠にありがとうございました。


wakabayasi-prefukkouten

 

 

 

 ●仙台市立南小泉小学校「スマイルコットンプロジェクト」の綿花に実がつきました!

 

 仙台市立南小泉小学校4・5年生の児童の皆さんが正面玄関前で育ててくれていた綿花の花に、実となる見事なコットンボールがつきました。 ご来館の際には、是非お立ち寄りいただきご覧ください。

 

cotton
cotton
cotton

 

 

 

 ●仙台市立南小泉小学校「スマイルコットンプロジェクト」を開始しました!

 

 仙台市立南小泉小学校では、日本大震災による津波被害を受けた若林区荒浜の皆様との交流をきっかけに、4・5年生の児童の皆さんが独自に「スマイルコットンプロジェクト」と名付けて、皆様を応援するための綿花づくりに取り組んできました。
 今年は3年目の取り組みとなり、4年生の児童の皆さんが中心となって、種の準備や活動場所となる若林区文化センター正面玄関前の植込みの準備など、地域活動に取り組む地域の若者などと協力し合い進めています。


 

clean2
clean3

 

 

 

 

 

 

 ●施設周辺をキレイにする活動に取り組んでいます!

 

 若林区文化センターでは、施設周辺をキレイに保ち、皆様にとって居心地の良い場となるよう、定期的に館庭を中心とした草取りなどに取り組んでいます。
 活動は、「できることを」、「できる時に」、「楽しんで」、「長く続けましょう!」をモットーに、地域の皆様と“キレイになる”ことを楽しむ取り組みです。
 今年5月から取り組み始め、地域のボランティアの皆様とともに毎月第1・3水曜日の午前10時から11時まで活動していますので、是非、一緒にキレイにしてみませんか?


clean1

clean2
clean3

 

 

 

●「ふれあい製品展示販売会」を定期的に開催しています!

 

 若林区文化センター1階正面玄関東側におきまして、障害のある方が制作した「ふれあい製品」の展示販売会を開催しております。
販売会は定期的に開催しておりますので、こちらをご確認の上、ご来館ください。

 

 

           

 

 ●『アート・ギャラリー「わかぶん」』について

 

 若林区文化センター1階正面玄関東側のスペースを、アート・ギャラリーとして活用しております。
 アート・ギャラリーでは、若林区の歴史や文化、福祉、子育てなどをテーマとして、若林区民手づくりによる身近なアートイベントや、市民の皆様の憩いの場となるよう、各種イベントを開催してまいります。
 今後、さまざまなイベントを企画いたしますので、ご来館の際には、是非お立ち寄りください。

アートギャラリーわかぶん

『アート・ギャラリー「わかぶん」ご利用案内』は、こちらをクリックしてご覧ください。

アートギャラリーわかぶん

 

 

 ●「若林区文化センター・若林区中央市民センター サークル情報」を展示紹介しました!

 

 若林区文化センターアート・ギャラリー「わかぶん」を会場に、平成27年2月1日(日)から2月15日(日)までの間、「若林区文化センター・若林区中央市民センター サークル情報」を展示紹介しました。
 この展示は、若林区文化センター・若林区中央市民センターを主な活動拠点とされている団体や、平成27年2月15日(日)に開催する若林区中央市民センター主催の「学習発表フェスタ」ご出演団体の活動内容をご紹介しているものです。
 お越しいただいた皆様、ありがとうございました。

期間: 平成27年2月1日(日)〜2月15日(日)


 

サークル情報展   サークル情報展


 

 

 ●津波で流出した写真などのおもいでをおかえしする取組みが行われました!

 

 若林区文化センターアート・ギャラリー「わかぶん」を会場に、3月4日(火)から3月8日(日)までの間、津波で流出した写真などのおもいでをおかえしする取組みが行われました。
この取組みは、「特定非営利活動法人おもいでかえる」と「仙台市」主催によるもので、約16万枚の写真などのおもいでの品物を持ち主の方におかえししようと行われたものです。
これまで、主催者やボランティアの皆様の手によって大事に整理・保管されてきた写真などの品物ですが、期間中、会場には430名の皆様にご来場いただき、2,779枚の写真とその他137点のおもいでをおかえしすることができました。
今後も、市民の皆様のお役に立てるよう施設を活用してまいります。

 

おもいでかえる   おもいでかえる

 

 

 ●「書道パフォーマンス」作品を展示しました!

 

 若林区文化センターアート・ギャラリー「わかぶん」を会場に、2月18日(水)から3月1日(日)までの間、聖ウルスラ学院英智高等学校書道部の皆様による「書道パフォーマンス」作品を展示しました。
 この作品展示は、若林区中央児童館の開館20周年記念として開催された児童館まつりの会場で、書道部の皆様が大勢のお客様を目の前にして堂々と作り上げられた作品を、文化センターにご来館の皆様にも是非ご覧いただこうと、2点の作品を展示したものです。
 この作品には、「遊ぶ門には福来る」(縦4m×横2m)、「未来への希望」(縦5m×横3m)の文字が記され、何と言ってもその文字と大きさには迫力があり、ご覧になられた方を圧倒する作品展示となりました。
 ご来場いただきました皆様、誠にありがとうございました。今後も、地域でご活躍されている皆様の作品をご紹介してまいりますので、お楽しみにしてください。

 

書道   書道

 

 

 ●「みんなで知ろう!若林区伝統の技!『門間箪笥店』」を開催しました

 

 アート・ギャラリー「わかぶん」を会場に、若林区内で先祖代々受け継がれる伝統の技術を地域の皆様にご紹介する第2回目として、「みんなで知ろう!若林区伝統の技!『門間箪笥店』」を開催しました。
 今回は、南鍛冶町にある創業1872年(明治5年)から143年の歴史を持つ(株)門間箪笥店との共催により、仙台箪笥の製造工程パネル展、そして実際の小箪笥や使用する道具などを展示しました。
 期間中は、多くの皆様にご来場いただき、門間箪笥店の歴史や代々受け継ぐ「指物」、「塗り」、「金具」からなる三技一体の技術をご覧いただく機会となりました。
 ご来場いただいた皆様、誠にありがとうございました。
 若林区文化センターでは、今後も若林区内の伝統の技をご紹介していきますので、どうぞお楽しみにしてください。


   
箪笥
箪笥
チラシ
報告書

 

 ●「「失われた街」模型復元プロジェクト 記憶の街ワークショップ」が開催されました!

 

 若林区文化センターアート・ギャラリー「わかぶん」を会場に、平成26年12月11日(木)から12月12日(金)までの間、「「失われた街」模型復元プロジェクト 記憶の街ワークショップ」が開催されました。
 このワークショップは、「「失われた街」模型復元プロジェクト実行委員会」の主催により、荒浜地区を形どりした3m四方の大模型を展示し、皆様とともに復元模型を完成させて未来に繋いでいこうとの思いで開催されました。
 文化センターの会場には約100名の皆様がご参加され、様々なお話しをお伺いしながら皆様とともに復元模型を作成することができました。
 ご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました。


   
記憶の街
記憶の街
   
おもて
うら

 

 ●「Music Gallery「Wakabun」」(ミュージック ギャラリー「わかぶん」)を開催しました!

 

 若林区文化センターアート・ギャラリー「わかぶん」を会場に、平成26年12月7日(日)午後6時30分から、「Music Gallery「Wakabun」」(ミュージック ギャラリー「わかぶん」)を開催しました。
 初めての開催となりましたこのイベントは、市民の皆様に音楽を身近な場所で気軽に触れていただき、親しんでいただきたいとの思いで、楽器演奏を楽しんでいただく音楽発表会として開催したものです。
 当日は、日頃から文化センターで発表会や練習に励んでいる個人や団体の方々にご出演いただき、二胡(にこ)やシュタイヤー式ハーモニカなど、インタビューを交えながらご自慢の楽器で奏でる美しい音色を皆様にお届けしました。
 お寒い中ご来場いただきました皆様、誠にありがとうございました。 



   
おもて
うら

 

 ●「ねこまつり写真展」を開催しました!

 

 若林区文化センターアート・ギャラリー「わかぶん」において、平成26年9月4日(木)から9月28日(日)までの間、「ねこまつり写真展」を開催しました。
 この写真展は、若林区文化センターの近隣にあります少林(わかばやし)神社を会場として開催されている「猫塚古墳まつり」を、より多くの皆様にご紹介する機会として、当文化センターで初めて開催しました。
 写真展では、ねこの表情が垣間見える写真や、これまでの猫塚古墳まつりの模様、参加された方々の笑顔がおさめられた写真など、展示パネル一杯に数々の作品を展示し、ご来館いただいた皆様にご紹介しました。
 平成26年10月5日(日)には「第9回猫塚古墳まつり」が開催され、ねこまつりコンサートやワークショップ、紙芝居「名猫伝説 仙台猫塚ものがたり」など、盛りだくさんなイベントとなりました。
 ご来場いただきました皆様、誠にありがとうございました。


 

 

 

nekomaturi
nekomaturi
nekomaturi
nekomaturi

 

 

 

 

●「みんなで知ろう!若林区伝統の技!」を開催しました

 

 アート・ギャラリー「わかぶん」を会場に、若林区内で先祖代々受け継がれる伝統の技術を地域の皆様にご紹介する機会として、「みんなで知ろう!若林区伝統の技!」を開催しました。
 今回は、南染師町にある明治20年創業の(株)永勘染工場との共催により、まちの名前の由来や染物の製作工程、これまで製作した数々の作品など、展示をとおして若林区内で受け継がれている伝統をご紹介しました。
 また、染物が体験できる「若林区伝統の技!染物体験(エコバック)」も併せて開催し、ご参加いただいた皆様には染めの難しさを体験いただきましたが、世界中に一つしかないエコバックの製作に夢中となって楽しみ、大変ご満足いただける催しとなりました。
 当センターでは、地域の伝統や特色をより多くの皆様にご紹介できるよう、今後も努めてまいります。



dentounowaza
 

 

 

●「デイサービス メロディ展 〜空白の青春時代を追う〜」を開催しました

 

 若林区文化センター1階アート・ギャラリー「わかぶん」を会場に、「デイサービス メロディ展〜空白の青春時代を追う〜」を開催しました。
 苦労の多かった青春時代を思い起こしながら、新しい青春時代として、日々、制作に励んでいる方々の素晴らしい作品の数々を展示し、多くの皆様にご覧いただきました。
 ご来場いただいた皆様、誠にありがとうございました。

 期 間:平成26年5月13日(火)〜平成26年5月28日(水)



melody

 

 

●「児童館こいのぼりがいっぱいプロジェクト2014 わかぶんアートギャラリーへ行こう!!」を開催いたしました

 

  若林区文化センター1階アート・ギャラリー「わかぶん」を会場に、「児童館こいのぼりがいっぱいプロジェクト2014」を開催いたしました。
 今年は、文化センターを囲む4つの児童館(若林区中央・古城・南材木町・遠見塚児童館)に集合していただき、児童の皆様が一生懸命に作成した「こいのぼり作品展」や「おもしろすぎ工作「かぶってコイ!」」など、気軽にお立ち寄りいただきお楽しみいただける内容として開催いたしました。また、1階グランドロビーでは、「大きなこいのぼり」が毎日ご来館の皆様をお迎えいたしました。
 期間中は、多くのご家族や、お孫さんへのお土産にと、お爺さんやお婆さんにもお立ち寄りいただき、お楽しみいただきました。
 ご来場いただきました皆様、また、期間中ご協力いただいた皆様、誠にありがとうございました

            

 

●アート・ギャラリー「わかぶん」 合同個人発表展 を開催いたしました

 

 アート・ギャラリー「わかぶん」 を会場に、3月29日(土)から4月20日(日)までの間、「合同個人発表展」 を開催いたしました。
  初めての開催となりました「合同個人発表展」では、若林区にお住まいで、美術品などの文化芸術活動に取り組まれている個人の方々に、日頃の活動成果の発表の機会としていただくとともに、市民の皆様のコミュニティの場となるよう開催いたしました。
  ご来場いただきました皆様、誠にありがとうございました。
  (展示した作品のレイアウトにつきましては、こちらをクリックしてご覧ください。)

 

 

 

●スタジオ機材のドラムのシンバルを新しくしました(2013年6月)

  スタジオ機材のドラムのシンバル(ハイハット 14"・クラッシュ 16"・ミディアムクラッシュ 18"・ライド 20")を新しくしました。繊細でクリアな美しい音が出ますので、是非ご利用ください。

 

●スタジオ機材のギターアンプ、ドラムのフロアタムを新しくしました!(2014年2月)

  以前からご要望をいただいておりましたスタジオ機材のギターアンプ(マーシャル)、ドラムのフロアタム(1616")を新しくしました。ギターアンプはよりパワフルな音が、フロアタムはバスドラムとのコンビネーションなどを使ったより低音を重視した演奏も楽しめますので、是非ご利用ください。

 

 

re若林区文化センターTOPへ

 

Copyright 2002- 仙台ひと・まち交流財団 All Rights Reserved.