施設のご案内   (財)仙台ひと・まち交流財団
 財団のご案内
 お知らせ
 施設のご案内
  ・戦災復興記念館
・宮城野区文化センター
・若林区文化センター
・太白区文化センター
・広瀬文化センター
・市民センター
・児童館・児童センター
 施設マップ
 休館日のお知らせ
 情報誌コミコミ
 交通安全教室
 移動図書館
 リンク集
   
トップに戻る
 
   
(財)仙台ひと・まち交流財団 広瀬文化センター
 

広瀬文化センター 仙台市郊外にありながら、中心部から車で15分ほどの距離。
 605名(車椅子席5席含む)収容のホールは、音楽の発表会・練習はもちろん、舞踊・演劇など、ジャンルを問わず幅広い用途にお使い頂けます。特に、多目的ホールとしては残響特性にすぐれているとご好評を頂いております。

 
 

 

使用料の改定内容について(平成28年10月1日から)  
広瀬文化センター  
 
 

改修工事のため、平成29年11月20日(月)から平成30年3月31日(土)の間、 広瀬文化センターホールの貸し出しを休止します。
 
 
フォトひろせ
 

 広瀬文化センター1階のロビースペースを活用して、写真展「−撮る・観る・想う− PHOTO HIROSE」を開催します。
ふるさと宮城地区の隠れた名所や身近な散歩道、地元に伝わる行事など、地域の暮らしをテーマに、地元アマチュア写真家の皆さんのミニ写真展を開催いたしますので、ぜひご来館ください。

 
フォトひろせ
 

● 期  間 平成28年12月6日(火)から12月18日(日)まで
● 場  所 広瀬文化センターグランドロビー

 
まつり
 

 劇団四季や、著名な音楽家の方もご利用いただいている、広瀬文化センターホールの裏側を “間近で”見ることができる「ひろせバックステージツアー」。コンサートホールの舞台裏を公開することで、たくさんの方に舞台芸術を身近に感じ、親しんでいただく機会として今年も開催しました。

 
バックステージツアー
 

● 日  時 平成28年11月26日(土)13時30分から15時まで
● 場  所 広瀬文化センターホール・ホワイエ
● 入場料 無料
● 参加者 10人(小学生・保護者・大人)
● ご案内ちらしはこちらをご覧ください。
● 当日の様子はこちらをご覧ください。

 
平和学習
 

 広瀬文化センターでは、地域の歴史を学びながら、戦災復興への仙台市民の努力と成果、そして平和への想いを、未来を担う地域の子どもたちに語り継いでいくために、戦災復興記念館と広瀬市民センターと協力して、「地域で伝える平和学習」事業を行っています。
 地域の小学校を訪問し子どもたちがいる教室で、戦争体験者である地域のお年寄りに、地域の戦前・戦時中・戦後の暮らしや、時代の移り変わりについて、資料や映像を用いながら生の声でお話しいただきます。
 今年は仙台市立愛子小学校・仙台市立広瀬小学校の2校と、新たに仙台市立錦ケ丘小学校の6年生を対象に行います。これに先立ち、「地域が伝える平和学習」事業を紹介する場として、11月15日(火)から27日(日)まで、広瀬文化センターロビーにおいて、「地域が伝える平和学習」パネル展を行いますので、ぜひ、ご覧ください。

 
平和学習
 

● 期  間 平成28年11月15日(火)から11月27日(日)まで
● 場  所 広瀬文化センターロビー

 
まつり
 

 広瀬文化センターは地域唯一の劇場型ホールとして、地域のイベントを積極的に応援し、地域の文化資源の掘り起こしに努めています。
 この時期は、毎年秋に開催する、いきいき宮城推進協議会・仙台市青葉区宮城総合支所主催の「宮城地区まつり」において、文化センター職員もステージ運営委員の一人として催し物の運営に参加します。
 催し物の開催に向け、スケジュール作成や舞台図面制作、出演者との連絡調整、おまつりの当日には、進行や安全管理などステージコーディネーターとしての立場で、催し物の運営に全面的に協力しました。
 伝統芸能の発表や、地場産品の販売などを通して、ご来場の皆様に宮城地区の素晴らしさを発信する宮城地区まつり。今年も大変多くのお客様にご来場いただき、大成功のうちに終了しました。ありがとうございました。当日の様子はこちらをご覧ください。

 
まつり
 

(第28回宮城地区まつり)
● 開催日時 平成28年10月23日(日)10時から15時まで
● 場    所 宮城総合支所前広場、広瀬文化センターホール ほか
● 参 加 者  29,000人
● ご案内ちらしはこちらをご覧ください。
● 当日の様子はこちらをご覧ください。

 
ジャズ
 

 今年、広瀬文化センターは開館25周年を迎えます。長い間、当センターを支えていただいた地域の皆様への感謝の気持ちを込めて、「Jazz Concert in HIROSE(ジャズ・コンサート・イン・ヒロセ)」を開催しました。
 当日は、プロのジャズミュージシャン大山日出男さんをお迎えしてお届けするジャズのステージと、地元宮城地区の中学校2校の吹奏楽部員たちへのミュージッククリニック(レッスン)と合同演奏を企画しました。
 地域の皆様に身近なホールで、気軽にそして、質の高い音楽ステージをお楽しみいただきたいと考えての開催でしたが、たくさんの方にお楽しみいただけたのではないでしょうか。

 
ジャズ
 

● 日  時 平成28年9月24日(土) 15時30分から16時30分まで
● 場  所 仙台市広瀬文化センターホール
● 入場料 無料
● 参加者 500人

● ご案内ちらしはこちらをご覧ください。
● 当日のプログラムはこちらをご覧ください。
● 当日の様子はこちらをご覧ください。

 
サマー
 

 地域のみなさんとお客様、広瀬文化センター・広瀬市民センターが一体となって創りあげる、真夏の屋外コンサート「ひろせサマーナイトコンサート2016&民俗芸能フェスティバル」を開催しました。
 今年9回目を数える本コンサートも、回を重ねるごとにお客様が増え続け、千人を超える規模まで盛り上がるようになりました。
 猛暑の中、懸命にステージを盛り上げていただいた出演者の皆様、屋台やクッキングコーナー・おたのしみコーナーでお祭りを盛り上げていただいた地元の皆様、そして、今年もコンサートを楽しみにして会場へ足を運んでいただきましたお客様、皆様、本当にありがとうございました!
 当日の様子はこちらからご覧ください。

 
サマー
 

● 日  時 平成28年8月6日(土) 17時30分から20時まで
● 場  所 仙台市広瀬文化センター屋外特設ステージ
● 参加者 1,500人

● 当日の様子はこちらをご覧ください。
● ご案内チラシはこちらをご覧ください。

 
復興展
 

 仙台市では、仙台空襲により大惨事となった仙台のまちの復興に力をそそいだ方々への感謝の念を新たにする場として、仙台市戦災復興記念館(指定管理者 仙台ひと・まち交流財団・東北共立グループ)を会場として戦災復興展を開催しました。
 今年度も、平成28年7月1日(金)から7月10日(日)まで開催し、当広瀬文化センターでは、戦災復興展のバックアップを目的として、平成28年6月21 日(火)から7月10 日(日)までの間、1 階ロビーを会場に、商店街の今昔の写真展示や、戦争を体験された語り部の証言映像を収録したアーカイブ映像の放映を行いました。

 
復興展
 

● 展示期間 平成28年6月21日(火)から7月10日(日)まで
● 展示場所 仙台市広瀬文化センター1Fロビー
● 展示内容
  ・ 戦災復興の様子を撮影したパネル写真
  ・ 仙台市戦災復興記念館アーカイブ映像

※平成28年度戦災復興展の詳細については、ご案内ちらしをご覧ください。
 
ひろせ寄席
 

 ご好評につき、今年も、広瀬図書館・広瀬市民センター・広瀬文化センターの連携事業「ひろせ寄席」を開催しました! 
 今年の内容は、昨年に引き続き午前と午後の二部構成でお届けしました。第一部には小中学生を対象とした落語体験ワークショップ。第二部は、アンデルセン童話がモチーフの珍しい落語から、王道の古典落語まで、噺家・桂扇生師匠の軽妙な語りを楽しむステージで、大人も子供も一緒に楽しめる一日となりました。

●開催日時・会場・来場者

 ・平成28年7月10日(日)

 ・第一部 落語体験ワークショップ「落語体験〜あなたも噺家〜」
  10:00〜12:00 広瀬市民センター和室 参加者9人

 
ひろせ寄席
 

 ・第二部 落語寄席
  14:00〜15:30 広瀬文化センター2階ミニステージ 来場者80人

 
ひろせ寄席
 

●当日の様子はこちらをご確認ください。
●ご案内ちらしはこちらをご確認ください。

 
ワクワク
 

 「コンサートホールってどんなところ?図書館にはどんな本や映画があるの?」
 広瀬文化センターと広瀬図書館は、魅力溢れる映画を、家族や友達、そして地域の皆さんで一緒に楽しみながら、文化センターや図書館をもっと知っていただければと2館で協力して、子ども映画会「ひろせワクワクシアター」を企画しました。
 3回目になる今年も6月11日(土)は、文化センターのコンサートホールが映画館に大変身!今回の上映作品は、図書館でも子どもたちに大人気、そして『怪盗グルー』シリーズでお馴染みのあのかわいい『ミニオンズ』。今年もワクワクしていただけましたでしょうか♪ 
 詳しくは、当日の様子をご覧ください。

 
ワクワク
 

●開催日
 平成28年6月11日(土)

●時  間
 開場13時30分(開演14時)

●会  場
 広瀬文化センターホール

●来場者
 延べ800人

(c) 2015 Universal Studios. All Rights Reserved.

 

 

田んぼアート
 

 宮城地区では、震災を機に、地域に住む皆さんの交流をもとに、地域の絆をつくっていければと、「絆づくり田んぼアート事業」がスタートしました。
 広瀬市民センターを軸に、町内会や農業協同組合、宮城総合支所、学校機関、サークルの皆さんなど、地域の様々な方のいろいろな活動をきっかけに、“出会い”から地域づくりを進めることを目指したものです。地域の宝である“田んぼ”を活かし、宮城地区の雄大な大地をキャンバスに色違いの苗で巨大な絵画「田んぼアート」を描きます。
 広瀬文化センターでは、田んぼアート紹介ブログの更新や、運営などの協力を行っています。今年も、広瀬文化センター南側の錦ケ丘団地入口付近の田んぼに、「絆づくり田んぼアート実行委員会」によって、「政宗と愛姫」をデザインした田んぼアートが登場する予定です。どうぞ楽しみにして下さい。

 

 

● 11月19日(土)田んぼアートフォーラムを開催しました!

 
 

 11月19日(土)に、田んぼアートフォーラムを開催しました♪
 「絆づくり田んぼアート」事業は、宮城地区の地域資源である田んぼを活用し、その田んぼをキャンパスに見立てた絵画アートを地域の皆さんで創り上げることにより、地域に住む人々の絆づくりと地域づくり、人の輝きと地域の輝きを創りだすことを目指しています。
 今年4年目を終え、成果だけではなく様々な課題も潜在していることや、当初5年を目途に始まったこの事業を、今後どのような手法でどのような方向に進めるべきかを、地域の皆さんで考える場として「田んぼアートフォーラム」を開催しました。田んぼアートフォーラム当日の様子をご覧ください。

 
田んぼ
 

 

● 10月1日(土)田んぼアート稲刈り体験会を開催しました!

 
 10月1日(土)に、今年の田んぼアート「政宗と愛姫」の稲刈り体験会を開催しました♪
 9月いっぱいには田んぼアートも見納めとなりました。田植えのときのように、皆さんで稲刈りに参加していただき、地域の絆づくりを進めました。稲刈り体験会の当日の様子をご覧ください。
 11月19日(土)には、「絆づくり田んぼアート」事業のこれまでの活動報告や講演会などを行う、「絆づくり田んぼアートフォーラム」の開催を予定していますので、こちらもぜひご参加下さい。
 
田んぼ
 

 

● 7月23日(土)田んぼアート鑑賞会を開催しました!

 
 5月に地域の皆さんで田植えを行った田んぼアートは、今年もいよいよ見頃を迎えました。たくさんの人たちの手で創りあげた大地に広がる巨大アート。より多くの皆さんにご覧いただきたく、田んぼアート鑑賞会を7月23日(土)に開催しました。鑑賞会の当日の様子をご覧ください。
 
田んぼ
 

 

● 5月28日(土)田んぼアート田植え体験会を開催しました!

 
 田んぼアート2016の田植え体験会を5月28日(土)に開催しました。ご参加いただいた約300人の地域の皆さんの手で、青葉区錦ケ丘入口付近の田んぼのなかに、仙台にちなんだ「政宗と愛姫」を模した絵に沿って田植えを行いました。
 
田んぼ
 

 

 

cleanproject
 
 広瀬文化センターでは、一年を通して「マイ・ステージinひろせ」並びに「マイ・ギャラリーinひろせ」を実施しています。
 文化センター内のロビーやミニステージやオープンスペースなどの空間を活用し、ミニ演奏会・発表会、また写真や絵画などのアマチュア作品展示の場としてご利用いただいています。
 地域の皆様に積極的にご利用いただくことで、芸術・文化活動を身近に楽しむ機会をつくると共に、当センターの賑わいある楽しい空間創りに取り組んでいます。
 下記募集要項にて、利用団体を募集中です。ご応募お待ちしております♪

 

● マイ・ステージ&マイ・ギャラリーinひろせ募集要項

 
mystage&mygallety
 
 

 

● マイ・ギャラリーinひろせで  「防災パネル展」を開催しました!


 今年8月は台風が頻繁に発生し、前線や台風の影響を次々と受けたため、全国的に大雨となり、特に北日本太平洋側では記録的豪雨になりました。このため大規模な災害発生により、甚大な被害を受け復旧まで時間がかかる見込みの地域も未だある状況です。
 宮城総合支所では、このように、今後起こり得ると予想されるあらゆる災害に備え、あらためて市民の皆さまに、災害に対する備えのさらなる強化・充実を図り、防災に関する意識を深めていただくために、「マイ・ギャラリーinひろせ」を活用して「防災パネル展」を開催しました。
 土砂災害や水害の危険性、避難所の説明等のパネル展示や、災害用簡易組立トイレ、発電機や投光器の展示などを行いましたが、宮城地区は昨年9月の水害の被害も大きかったこともあり、地域の皆さんは非常に関心の高い様子で多くの方が足を止めて熱心に展示をご覧になっていかれました。

 
防災パネル展
 

●内   容 土砂災害・水害の危険性・避難所の説明等のパネル展示
         災害用簡易組立トイレ・発電機・投光器の展示
         仙台市水害・土砂災害ハザードマップ等のちらし配布
         防災アンケートの実施
●開催期間 平成28年9月14日(水)から9月30日(木)まで
●開催時間 9時から21時まで
●会   場 広瀬文化センター1階ロビー
●来場者数 述べ1,500名

 

 

 

● 7月31日(日) マイステージinひろせで 「ヴァイオリンとピアノのデュオコンサート」を開催しました!


 マイステージinひろせにおいて、「ヴァイオリンとピアノのデュオコンサート」を開催しました。
 今年2回目のマイステージの主役は、当センターの地元愛子にある民間放課後児童クラブ「ドリームクラブ」と音楽教室「ドリームアカデミー」の子ども達から結成された「ドリーム合唱団」です。
 ドリームクラブ・ドリームアカデミーは、音楽教育を通して、子どもたちが社会に出てから逞しく生きていけるような大人になれる手助けを目的に活動しています。普段は、毎月の「ドリームこども食堂」や「面白理科実験教室」、そして、無料ホームコンサートの開催など、様々な活動をしており、この度、小学生を中心とした合唱団を結成しました。
 「合唱は心身の鍛錬にもなり、力を合わせて何かを達成するというチームワークを養うことへもつながります。また、音楽は人の心を慰め、力を与えてくれたりします。」と代表の太田瑞世さん。子ども達が練習した成果の発表機会が今回のステージにつながりました。
 当日は、約80人のお客様が、子ども達の澄んだ歌声とピアノ演奏、そして、在仙のヴァイオリニスト佐藤由愛さんの演奏に魅了されました。

 コンサートの様子はこちらをご覧ください。
 
デュオ
 
●日  時  平成28年7月31日(日)14時から
●場  所  広瀬文化センター(2階ミニステージ)
●出  演  ドリーム合唱団
        ヴァイオリン 佐藤由愛
        ピアノ 太田瑞世
●来場者  80人
 

 

 

● 6月19日(日) マイステージinひろせで   「ハーモニカ・ミニコンサート」を開催しました!


 マイステージinひろせにおいて、「ハーモニカ・ミニコンサート」を開催しました。
 演奏いただいたのは、日頃から当センターをご利用いただく「ハーモニカ道場」のメンバーの皆さん。遠藤ハーモニカ教室(遠藤好則先生)より指導を受け、独奏を基本とした演奏の向上に頑張っています。
 楽譜を読むことが不得意なメンバーが半数と言うことですが、型にはまった演奏というよりも、歌を歌うように楽しみながら練習しているとのこと。
 毎年、広瀬文化センターホールで行われる発表会に加え、今回は、さらに身近なところで演奏をお聴かせしたいとのことで、「マイステージinひろせ」にて、ミニコンサートを開催していただきました。
 「ふるさと」のような懐かしの童謡から、「真夜中のギター」や「さくら」などの歌謡曲・テレビ主題歌まで、誰もが楽しめる多彩なジャンルの演奏会となりました。足をお運びいただいたお客様、誠にありがとうございました。当日の様子はこちらをご覧ください♪

 
ハーモニカ
 
●日  時  平成28年6月19日(日)13時から
●場  所  広瀬市民センター2階ミニステージ
●出  演  ハーモニカ道場
●来場者  30人
 

 

● マイ・ギャラリーinひろせで
  「とっておきのこどもARTクラブ作品展2016」を開催しました!
 
 マイギャラリーinひろせにおいて、地域で活動する「こどもARTクラブ」在籍の子ども達による作品発表会を開催しました。絵画や立体作品など、子供たちが楽しく、一生懸命に作ったアート作品が展示されました。
 開催期間の3日間には、午前と午後のそれぞれ1回ずつ「ゆかいな、とび出すアートワークショップ」と題したワークショップも併せて開催し、参加した子ども達もゲームなどをまじえたアート作品づくりを、とても楽しそうに挑戦していました。
 
こどもART
 
●開催期間  平成28年4月1日(金)から4月3日(日)まで
●来場者数  述べ400人
 
ひろせ環境美化プロジェクト
 

 広瀬文化センターでは、文化センターが地域の一員としての自覚を持って、地域の皆さんとともに環境行動を実践していくために、「ひろせ環境美化プロジェクト」を推進中です。
「ひろせ環境美化プロジェクト」では、地元町内会や子供会の皆さんと協力して、花植え活動、清掃活動などに取り組んでいます。また、施設内においても、「リサイクルコーナー」や敷地にコンポストを設けるなど、環境に優しい施設運営を目指した取り組みを実践しています。
今後も、地域の皆さんやお客様と協力しながら、施設周辺と地域の環境美化に努めていきたいと考えます。

 
● 環境配慮型事業所「エコにこオフィス」の認定を受けています。

 仙台市では環境先進都市として環境への負荷が低減される循環型社会の構築を目指し、「100万人のごみ減量大作戦」を展開しています。こうしたなかで、ごみ減量・リサイクルを推進し、環境にやさしい事業所を「エコにこオフィス」として認定しています。
 広瀬文化センターは、認定基準としている、紙類の使用量抑制・再利用の促進や、事務用品等の再利用促進・グリーン購入の推進、缶・びん・ペットボトルの分別・リサイクルの推進など10の認定基準を実践し、この認定を受けています。
エコニコオフィス
 
● 11月5日(土)秋の花いっぱい運動で上町子供会の皆さんにお花を植えていただきました♪

 上町町内会青少年育成部の協力を得て、上町子供会の皆さんで、広瀬文化センター正面広場のプランターに、たくさんの花を植えていただきました。
 日ごとに寒くなりますが、色とりどりの花が、来館される皆さんを温かい気持ちにさせてくれることでしょう。
 
上町子供会
 
 
● 6月11日(土)花いっぱい運動で上町子供会の皆さんに花を植えていただきました♪

 上町町内会青少年育成部の協力を得て、上町子供会の皆さんで、広瀬文化センター正面広場のプランターに、たくさんのお花を植えていただきました。
 色とりどりの花が、今後来館したお客様の目を毎日楽しませてくれるでしょう。
 
上町子供会
 
 
● 自然環境に配慮した施設運営の取り組みを進めています♪ ">

 暑い夏が終わろうとしていますが、広瀬文化センターでは、ひろせ環境美化プロジェクトの取り組みの一つとして、今年も「緑のカーテン」を活用してみました。
 「緑のカーテン」は、建物の壁に沿って植物を植えることで、照りつける強い日差しを遮り室温上昇を抑制する効果があります。施設の冷房機能やエアコンの使用を抑えることにつながり、節電や省エネに寄与します。
 気軽に取り組めることから、今年も施設南側の広瀬図書館の壁にゴーヤや朝顔のカーテンを設けました。皆さんも植物を育てることを楽しみながら、環境保護に役立ててみてはいかがでしょう。
 また、施設内では、ごみの分別やリサイクルを推進するために「ひろせリサイクルコーナー」を設け、敷地内には生ごみの堆肥化を進めるためコンポストを設置し、文化センターと、お客様・来館者の皆様と一緒に環境行動の実践が進むよう工夫しています。

 
緑のカーテン
 
 

 

 
20周年記念事業 ひろせサマーナイトコンサート 広瀬のひびき
 
JAZZ concert in HIROSE
 
H27 H26 H25  
 
 
●催し物案内
 12月分 (PDF:483KB)
 11月分 (PDF:488KB)
 

 

暴力団の利益となる使用の制限について(お知らせ)

 

ゲット アクロバット 催し物案内(PDF)をご覧いただくには、閲覧ソフト「Adobe Reader」が必要です。最新の「Adobe Reader」は、左記の「Get Adobe Reader」のボタンから入手(ダウンロード)できます。
 
〒989-3125
仙台市青葉区下愛子字観音堂5番地
TEL.022-392-8401
FAX.022-392-8410
 
地図
-交通案内-
JRでおいでの方
 

JR仙台駅仙山線のりば7番線又は8番線で、山形、作並、愛子方面行きに乗車し20〜25分、愛子駅で下車。徒歩7分。
 

バスでおいでの方
 

・仙台市営バス、JR仙台駅前10番のりばから、作並温泉行き・定義行き・白沢車庫行きに乗車し約40分、愛子駅前下車。徒歩5分。
 
・愛子観光バス、愛宕上杉通りハピナ名掛丁入口付近のりばから、錦ケ丘八丁目行きに乗車し約25分、宮城総合支所・愛子小学校前下車。徒歩4分。
 

タクシーでおいでの方
  仙台駅西口から約12km
※道路事情により所要時間が違いますので、余裕をもってお越し下さい。
 
 
施設概要 利用案内料金表 施設平面図 客席図面 舞台平面図
ゲット アクロバット 客席図面(PDF)をご覧になるには Adobe Readerが必要です。

Copyright 2002- 仙台ひと・まち交流財団 All Rights Reserved.