お問い合わせ・メール

公益財団法人 仙台ひと・まち交流財団

広瀬文化センター

TEL:022-392-8401 FAX:022-392-8410

仙台市郊外にありながら、中心部から車で15分ほどの距離。 605名(車椅子席5席含む)収容のホールは、音楽の発表会・練習はもちろん、舞踊・演劇など、ジャンルを問わず幅広い用途にお使い頂けます。特に、多目的ホールとしては残響特性にすぐれているとご好評を頂いております。

感動を形にする文化芸術創造空間

お知らせ

平成30年度 広瀬文化センターホール再開のお知らせ

舞台照明設備等の改修工事が終了しましたので、平成30年4月14日(土)から 広瀬文化センターホールの貸し出しを再開します。

ひろせワクワクシアター2018

「コンサートホールってどんなところ?図書館にはどんな本や映画があるの?」広瀬文化センターと広瀬図書館は、魅力溢れる映画を、家族や友達で一緒に楽しみながら、文化センターや図書館をもっと知っていただければと2館で協力して、子ども映画会「ひろせワクワクシアター」を企画しました。6月16日(土)は文化センターのコンサートホールが映画館に大変身!! 今回の上映作品は『怪盗グルーのミニオン大脱走』です!毎年この映画会を楽しみにしていただいている皆さんに、今年はゆったりとご覧いただけるよう、午前と午後の2度上映します。ぜひ皆さんお誘いのうえ、ご来場下さい。お待ちしています♪


(C)2016 Universal Studios.All Rights Reserved

●開催日時 平成30年6月16日(土)
      1回目 10時30分(開場10時00分)
      2回目 14時00分(開演13時30分)
●上映映画 『怪盗グルーのミニオン大脱走』日本語吹き替え版
●開催場所 広瀬文化センターホール
●入  場 無料
●こちらのご案内ちらしをご覧ください。

マイ・ステージinひろせ & マイ・ギャラリーinひろせ

広瀬文化センターでは、一年を通して「マイ・ステージinひろせ」並びに「マイ・ギャラリーinひろせ」事業を実施しています。マイ・ステージ&マイ・ギャラリーは、地域の皆様に文化センター内のロビーやミニステージ、オープンスペースなどの空間を発表場所として積極活用いただき、芸術・文化活動を身近に楽しむ機会と、当センターの賑わいのある楽しい空間創りに取り組むものです。これまでには、ミニ演奏会や発表会、また、写真や絵画などのアマチュア作品展示の場としてご利用いただいおり、催しが成功するよう文化センターがサポートします。下記の募集要項にて利用団体を募集中です。ご応募をお待ちしております。

● マイステージ&マイギャラリーinひろせ募集要項

 

 ★ 「仙台フィルハーモニー管弦楽団スペシャルトークイベント」を開催しました!

6月7日(木)開催の仙台フィルハーモニー管弦楽団主催「日本のオーケストラ音楽」展の関連イベントとして、広瀬図書館と広瀬文化センターが協力して、文化センター2階のミニステージを会場にスペシャルトークイベントをお届けしました。欧米作曲家が日本人に与えた影響や、作品が上演された当時のオーケストラ界のことをはじめとして、何かと難しくとらえられがちな現代音楽を、実際に曲を聴きながら分かり易く解説していただきました。楽しむコツとして「決して難しく考えず、自由に純粋に音楽をシャワーのように浴びてみてください。」とのお言葉や、また、関連する図書やCDなどの展示もあり、来場した音楽好きの皆さんも十分にご満足いただいた様子でした。

●開催日時 平成30年5月4日(金)14時から(開場13時30分)
●開催場所 広瀬文化センター(2階ミニステージ)
●出      演 高関    健 氏(仙台フィルハーモニー管弦楽団レジデント・コンダクター)
                磯貝 純一 氏(仙台フィルハーモニー管弦楽団事業部長)
●来場者数 延べ30人
●「日本のオーケストラ音楽」展についてはこちらのご案内ちらしをご覧ください。

 ★「とっておきのこどもARTクラブ作品展2018」を開催しました!

マイギャラリーinひろせにおいて、錦ケ丘の地域を中心に創作活動を行う子ども達の「こどもARTクラブ作品展」を開催しました。今、大人気のパンダの絵画や貼り絵、スチームパンクに挑戦した作品、また、『河北こども美術展』入賞作品など、子ども達が工夫をこらして楽しく作ったアート作品の意欲作が会場のオープンスペースを彩りました。


●開催期間 平成30年4月28日(土)・4月29日(日)
●開催時間 9時から21時まで
●開催場所 広瀬文化センター(2階オープンスペース)
●来場者数 延べ170人

ひろせ環境美化プロジェクト

広瀬文化センターでは、文化センターが地域の一員としての自覚を持って、地域の皆さんとともに環境行動を実践していくために、「ひろせ環境美化プロジェクト」を推進中です。ひろせ環境美化プロジェクト」では、地元町内会や子供会の皆さんと協力して、花植え活動、清掃活動などに取り組んでいます。また、施設内においても、「リサイクルコーナー」や敷地にコンポストを設けるなど、環境に優しい施設運営を目指した取り組みを実践しています。今後も、地域の皆さんやお客様と協力しながら、施設周辺と地域の環境美化に努めていきたいと考えます。

 ★環境配慮型事業所「エコにこオフィス」の認定を受けました!

仙台市では環境先進都市として環境への負荷が低減される循環型社会の構築を目指し、「100万人のごみ減量大作戦」を展開しています。こうしたなかで、ごみ減量・リサイクルを推進し、環境にやさしい事業所を「エコにこオフィス」として認定しています。広瀬文化センターは、認定基準としている、紙類の使用量抑制・再利用の促進や、事務用品等の再利用促進・グリーン購入の推進、缶・びん・ペットボトルの分別・リサイクルの推進など10の認定基準を実践し、この認定を受けています。

 ★「緑のカーテン」で気持ちの良い季節を!

新緑の季節を迎えた仙台ですが、広瀬文化センターでは、ひろせ環境美化プロジェクトの取り組みの一つとして、今年も「緑のカーテン」を活用していく予定です。「緑のカーテン」は、建物の壁に沿って植物を植えることで、照りつける強い日差しを遮り室温上昇を抑制する効果があります。施設の冷房機能やエアコンの使用を抑えることにつながり、節電や省エネに寄与します。今年も施設南側の広瀬図書館の壁にゴーヤや朝顔の種を植えました。効率よく水分を与えられるよう、職員がちょっとした工夫の工作を施しました。気軽に取り組めることから、皆さんも植物を育てることを楽しみながら、環境保護に役立ててみてはいかがでしょう。

●暴力団の利益となる使用の制限について

本施設は、条例に基づき「暴力団の利益となる使用」を許可しません。
また、許可した後に、「暴力団の利益となる使用」であることが判明した場合 は、許可を取り消し、または使用を停止します。
なお、暴力団の利益となる使用を制限するため、使用の許可等の決定に当たり、必要と認める場合には、宮城県警察本部に照会する場合があります。