(財)仙台ひと・まち交流財団
 財団のご案内
 お知らせ
 施設のご案内
  ・戦災復興記念館
・宮城野区文化センター
・若林区文化センター
・太白区文化センター
・広瀬文化センター
・市民センター
・児童館・児童センター
 施設マップ
 休館日のお知らせ
 情報誌コミコミ
 交通安全教室
 移動図書館
 リンク集
   
トップに戻る
 
(財)仙台ひと・まち交流財団     寄附金の募集について
           当財団では、皆様からの寄附金を募集しております。

 

 公益財団法人仙台ひと・まち交流財団は、仙台市のコミュニティ活動を支援することを目的に平成3年に設立されました。
 仙台市における戦災復興記念館・区文化センター、市民センター・児童館などの施設運営を行いながら、地域における芸術文化活動のためのイベント、学ぶ縁を創出する生涯学習講座の実施、子どもたちが広く集う児童館において地域住民の皆さんが参加しながら子育てに関する行事を行うなど市民の皆さんの身近なところでコミュニティづくりを推進する事業を行っております。
 平成23年4月1日からは、こうした事業活動を認めていただき公の利益となる活動を行う公益財団法人としての認定を受け新たな一歩を踏み出すこととなりました。
 公益財団法人の認定を受けたことにより、ご寄附については税法上寄附金控除等の優遇措置が適用となります。つきましては、皆様のご寄附により公益活動の拡充に努めてまいりたいと存じます。

 


 寄附金の使途
 当財団が実施する下記の公益目的事業の費用に充当させていただきます。
生涯学習によるコミュニティの振興及び関連活動の支援事業
児童の健全育成及び子育て支援に関する事業
地域文化活動振興によるコミュニティづくり支援事業
地域コミュニティまつり実施に係る支援事業
図書サービスの提供によるコミュニティづくり支援事業
交通の安全確保による地域コミュニティづくり支援事業
情報提供・相談による地域コミュニティづくり支援事業

 お申し込み手続き
 申込書に必要事項を記入のうえ、下記まで持参か、郵送ください。               →申込書のダウンロード 

   

〒980-0804
仙台市青葉区大町2-12-1
(戦災復興記念館 3階)
公益財団法人仙台ひと・まち交流財団 総務課
TEL 022-268-4789
FAX 022-225-2791

 お名前の公表
 当財団のホームページ等に法人名(団体名)氏名等を掲載させていただきます。 (公表を希望されない方は、申込書の必要事項欄にご記入願います。) 

   

 寄附金控除について
 当財団は、平成23年4月1日より公益認定を受け、公益財団法人仙台ひと・まち交流財団となりました。公益財団法人は、特定公益増進法人に該当するため寄附者は寄附金控除を受けることができます。財団から発行される寄附金受領証明書を添付しますと、下記の税制優遇を受けられます。

 
(個人によるご寄附)
所得税の所得控除が受けられます。

※住民税における寄附金控除は、各都道府県及び市町村の条例で指定されている場合のみ適用されますので、お住まいの都道府県及び市町村にお問い合わせください。

(法人によるご寄附)
一般の寄附金の損金算入限度額と別枠で損金算入が認められます。

※税制は適宜改正されますので、寄附金控除の詳細及び最新の情報については、所轄の税務署または税理士にご確認ください。

  

 

公益財団法人仙台ひと・まち交流財団 寄附金募集要綱

1 公益財団法人 仙台ひと・まち交流財団の事業目的
   当財団は、仙台市内のコミュニティの推進及び振興を図るため、地域における多様なコミュニティ活動を支援する事業、生涯学習を支援する事業及び児童の健全育成を支援する事業を行い、もって連帯と協調にあふれた住みよい地域社会の実現に寄与することを目的としています。

2 事業内容
 当財団は、上記「1」の目的を達成するため、次の事業を行っております。
  (1)生涯学習によるコミュニティの振興及び関連活動の支援事業
 仙台市内に設置されている市民センターにおいて、生涯学習に関連する事業を展開し、「学び」を軸とした交流や地域の課題に主体的に取り組むひとづくりをおこなうなど、地域コミュニティの活性化につなげております。
●市民センター
 地域における自主活動及び生涯学習の拠点施設です。中学校区毎に整備が行われています。現在の設置数は60ヵ所です。地域に根ざした各種講座の開催や、生涯学習の情報提供等により、市民の皆さんの自主的な生涯学習活動を支援しております。
(2)児童の健全育成及び子育て支援に関する事業
 仙台市内に設置されている児童館・児童センターにおいて、子どもが自ら考え遊びに取り組むことで自主性を培い、集団の遊びを通して協調性を育む事業を展開しております。また、育児相談や乳幼児親子の交流事業(幼児クラブ等)を通して子育て家庭への支援事業を実施しております。
●児童館、児童センター
 児童に健全な遊びの場を提供することで、健康を増進し情操を豊かにすることを目的に設けられた児童厚生施設です。 小学校区毎に整備が行われています。
 現在の設置数(財団が運営している施設数)は82ヵ所です。
(3)地域文化活動振興によるコミュニティづくり支援事業
 仙台市内に設置されている戦災復興記念館・文化センターにおいて、住民の地域への誇りや愛着を深め、地域社会の連帯感を強めるために、地域の歴史、風土等に培われた特色ある伝統的な文化を継承・発展させるとともに、地域から新しい文化芸術活動を創造し発信するための事業を展開しております。
●戦災復興記念館  ●宮城野区文化センター  ●若林区文化センター
●太白区文化センター  ●広瀬文化センター
 芸術・文化の創造、発表、鑑賞や、交流の機会を提供し、市民の皆さんの文化活動を推進する目的で各区に設けられた、文化拠点施設です。
(4)地域コミュニティまつり実施に係る支援事業
 地域住民の交流促進を図るために、町内会等が企画・実施するコミュニティまつりの経費の一部を助成しています。
●コミュニティまつり助成事業
(5)図書サービスの提供によるコミュニティづくり支援事業
 図書館を利用しにくい地域を中心に仙台市内各地を移動図書館車で巡回し、図書サービスを提供しております。定期的に市内76カ所を巡回しています。
(6)交通の安全確保による地域コミュニティづくり支援事業
 安全・安心で住みよい地域社会づくりのために、交通事故の防止を目的として、幼児や高齢者のための交通安全教室や、違法駐車防止のための助言・啓発活動を行っています。
(7)情報提供・相談による地域コミュニティづくり支援事業
 宮城野区文化センター、若林区文化センター及び太白区文化センター内の情報センターにおいて、仙台市で発行している刊行物や観光パンフレットなどの市政全般に関する資料の収集・提供等に併せて、地域イベント、歴史、文化にかかる資料などを提供しております。

3 寄附金の使途
   当財団が実施する上記「2」の公益目的事業に使用させていただきます。

4 寄附金の募集期間
  随時

5 寄附金の対象
   個人  一口 2,000円  ・  法人  一口 5,000円

6 申込方法
   所定の「寄附金申込書」にご記入の上、下記宛にお申し込みいただきます。
●申込受付
   〒980-0804 仙台市青葉区大町2丁目12番1号
   公益財団法人 仙台ひと・まち交流財団  総務課
   TEL:022(268)4789    FAX:022(225)2791

7 払込方法
   振込取扱金融機関にて指定する銀行口座への払込をお願いいたします。
 口座番号等は、申込書に記載しております。
  恐れ入りますが、払込手数料のご負担をお願いいたします。

8 寄附金に対する税法上の優遇
   当財団は、公益財団法人の認定を受けております。当財団に対する寄附金には、税制上の優遇措置が適用されます。詳細は、所轄の税務署又は税理士にお尋ねください。

▲ページトップへ戻る
 
寄附申込者のご紹介

 上記によりご寄附頂きました方々につきましては、次のとおりです。頂戴しました寄附金は、財団の公益目的事業に活用させて頂きました。ご協力いただきました方々に改めて御礼申し上げます。

平成27年度 寄附申込者一覧

平成26年度 寄附申込者一覧

 
 

平成25年度 寄附申込者一覧

   
 

平成24年度 寄附申込者一覧

 
▲ページトップへ戻る
 
Copyright 2002- 仙台ひと・まち交流財団 All Rights Reserved.