このサイトは、(公財)仙台ひと・まち交流財団が運営する児童館・児童センター81館の情報を掲載しています。

仙台市の児童館・児童センター

松陵児童センター 行事レポート

児童館情報
児童館だより
行事カレンダー
行事レポート

ガーデニングウィーク

2018/03/15

春を迎えるにあたっての環境整備の目的も兼ねて,児童センターの彩を添える花を植える行事を行いました。
職員を中心に,子どもたちと赤や黄色,オレンジや紫色のビオラやオステオスペルマルエビータ,チューリップ,パンジーなどをプランターに植えつけました。敷地の広い児童センターでは,それだけでは足りないので,ガーデニングプレートを色画用紙の三角や丸,四角などを組み合わせた作品に仕上げました。ラミネートをしつつ,プランターに一緒に飾りました。
 まだちょっと肌寒い3月の中,とても素敵なプランターで春を感じられる児童センターとなりました。

おひなさまお茶会

2018/02/24

 白い靴下を履き「うれしいひなまつり」の曲にのせて唄い,『おひなさまお茶会』が始まりました。木目込みのおひなさまが飾ってある部屋で,地域にお住まいの立川先生を主に,松陵高校のお姉さん3名より,参加者の小学生ひとりひとりがお干菓子と抹茶を運んでもらい,作法の基にいただく。活発に動いて遊ぶ子ども達が集ういつもの児童センターとは一味違ったしっとりとした落ち着いた会となりました。
 折り紙サークルの小沼先生,森さんや子育て支援クラブのみなさんには丁寧にひな飾りの折り方や飾りのアドバイスを…
結果,どれもかわいらしい,世界にひとつの素敵な作品になりました。参加した子ども達も満足した笑顔で一足早く春がきたようでした。

冬のお楽しみ会

2017/12/16

 大きな音にびっくりし,固まった子どもたち。
 『仙台弁護士会 スイングローヤーズ』16名のビックバンドによる生演奏のジャズに始まった。
 楽器の楽しい紹介や,リズム取りの楽器を手にとって一緒にリズムを刻んだり,なじみの曲で踊る姿はとてもかわいらしく,ひとりひとりが曲の中に入り込んでいた。メンバーの小幡さんの優しげでユーモアのあるおしゃべり,曲紹介に時間の経つのも忘れてしまいそう。最後の曲の後は,アンコールの手拍子。すべての演奏が終わると思いがけないプレゼントなど大サービス。
 大人の方々からも「素晴らしかった」「楽しかった」との声。みんなが心温まる,楽しい雰囲気の会となった。

アスレチック3days

2017/10/19

 10月18日から3日間、児童センターの遊戯室がアスレチックワールドに変身しました。
 午前は幼児さん向け、午後は小学生向けにコースを設置。日替わりで、いつもの児童センターでは体験できない様々な動きを体験してもらいました。
 写真は幼児さんのひとコマ。平均台を渡ったり、トランポリンを跳んだり、トンネルをくぐったり…。跳び箱からジャンプするチャレンジコーナーも人気でした。
 どの遊びも楽しそうでしたが、笑顔があふれたのは段ボール箱の引き車。お母さんに引っ張ってもらう車に乗る子どもたちの顔は本当に嬉しそう。やっぱりみんなママが大好きなんですよね。

幼児クラブ「しゃぼんだまであそぼう!」

2017/08/29

 小学校の夏休みの間はお休みしていた幼児クラブ。1か月ぶりに集まったお友だちの笑顔やパワーがうつったのか、久々の夏空となり、気温もじりじりと上がっていきました。
 お外での「しゃぼんだまあそび」にはもってこい!のはずでしたが…暑すぎました。
 大きな大きなしゃぼんだまが作れるはずの特製手作りしゃぼん液。湿度が高かった前日はちゃんと大きなしゃぼんだまができたのに、当日は暑くてすぐに乾燥し、割れてしまったのです。
 でも、子どもたちは団扇の枠で作った大量の小さいしゃぼんだまに大はしゃぎ!あおいでしゃぼんだまを作るだけでなく、自分が回ったり、走ったりしながら館庭をしゃぼんだまいっぱいにしていました。
 職員としては大きなしゃぼんだまにびっくりさせてあげたかったのですが…子どもたちの笑顔に救われ、癒されたのでした。

レッツウィーク「ガーデニング」

2017/03/15

月に一度、一つの遊びをみんなで楽しむ「レッツウィーク」。
3月は「ガーデニング」がテーマでした。

少しずつ春めいてきた3月中旬、玄関や館庭を明るく彩る花々をみんなで植え、
来館者を迎えるウェルカムボードも作りました。

みんなの手書きのお花の名前の札も作りました。

この花々が満開になるのはいつでしょう。

お花に水やりをしながら楽しみに待っている子どもたちです。

PAGE TOP