このサイトは、(公財)仙台ひと・まち交流財団が運営する児童館・児童センター81館の情報を掲載しています。

仙台市の児童館・児童センター

将監児童センター 行事レポート

児童館情報
児童館だより
行事カレンダー
行事レポート

うさちゃんたいむ:おひなさま作り

2019/02/28

 1,2歳児親子対象の「うさちゃんたいむ」では,今回おひなさま作りをしました。
 はじまりのあいさつの後,「おにのパンツ」の体操と「パンダ ウサギ コアラ」の手あそびをしました。次に「うれしいひなまつり」のペープサートを見ながら,おひなさまの歌を聴いたり,おひなさまについて学んだりしました。
 後半は工作です。はじめに,二色の千代紙をちぎって台紙の裏に自由に貼りました。次に,おひなさまの顔にクレヨンで目や口,髪の毛を描きました。最後に着物,顔,烏帽子,冠,持ち物,花の順番で台紙の表に貼っていきました。お母さんと一緒に一つひとつのパーツを,のりを使いていねいに貼り,おひなさまが完成しました。手作りのかわいいおひなさまができあがりました。

年末お楽しみ会~ピアノと歌のコンサート~

2018/12/22

 クリスマスのこの時期に,ソプラノ歌手の千石史子さんとピアニストの渡邉千晶さんのお二人においでいただき「歌とピアノのコンサート」を開催しました。お二人ともソロの演奏会や仙台フィルと共演するなど,プロとして活躍されている音楽家です。
 前半は,ぱんだたいむに参加している幼児たちによるかわいいダンスと,小学生のダンスチームによるきれっきれっのダンスの発表がありました。どちらも練習してきた成果を堂々と披露することができました。大勢の来場者から盛大な拍手を受けました。
 後半は,千石さんと渡邉さんによるミニコンサートです。「赤鼻のトナカイ」に始まり,「星に願いを」,ヘンデルの「愛しい木陰で」と続き,素晴らしいソプラノの歌声に会場全体が包まれました。次は,ピアノ演奏によるショパンの「子犬のワルツ」。子犬がくるくる踊りまわる様子を想像しながら聴くことができました。「ドレミの歌」では,千石さんのリードで,来場者の皆さんも歌に参加して,大盛り上がりでした。
 プロ音楽科の歌と演奏に直接触れることができたコンサートでした。

ヘチマでたわし作り

2018/10/31

児童センターで植えているヘチマが大きく育ちました。実が20本ほどなり,大きいものは45㎝ほどもありました。このヘチマを使って「たわし作り」をしました。へちまの実を10㎝の長さに輪切りにし,大きな鍋で30分煮ました。その後,たらいの水の中で皮をむいて,中の種をていねいに取り除きます。そうすると,ヘチマの繊維がきれいに残りました。
参加した子どもたちはみんな,熱心に皮むきと種取りに励みました。繊維の中に指を奥まで入れて種を取り除いていました。「白い種がいっぱい取れたよ」「繊維だけが残ったね」などと言いながら,初めてのヘチマたわし作りに挑戦していました。これを持ち帰って,家で完全に乾燥させると「たわし」の完成です。

カプラで遊ぼう

2018/06/16

 小学生対象に「カプラで遊ぼう」をしました。初めに,講師の横田さんから,カプラを使ったいろいろな遊び方を教えていただきました。カプラで作った動物,建物,タワーなどの作品を写真で紹介してもらいました。
その後,それぞれ思い思いにカプラを使って,いろいろな作品ものを作り始めました。丁寧積んでも途中で崩れてしまったり,思った形にならなかったりと,はじめは苦労していました。それでも,少しずつカプラの扱い方に慣れてきました。自分の身長よりも高く積んで,タワーを作った子。見本の写真を見ながら動物を作った子。友だちと協力してお城を作っ子・・。みんな集中して取り組んだ結果でした。
 最後に,講師の先生から「ナイアガラの滝」を見せてもらいました。講師の先生と職員で,遊戯室の端から端までカプラを積んで長い壁を作りました。出来上がった壁の端のカプラを1枚外すと,そこからカプラの壁が崩れ始めました。連続して崩れて,最後までいきました。その様子は,まさにナイアガラの滝のようでした。

つくっちゃおう 走れ‼ペットボトル

2018/05/30

 小学生対象のワークショップ「つくっちゃおう」の1回目は,『走れ‼ペットボトル』でした。ペットボトルと割りばしと輪ゴムを使って,動くおもちゃを作りました。
 長い割りばしと短い割りばしを輪ゴムでつなぎ,短いほうをペットボトルの飲み口から中に入れて,引っかけます。もう一方の長い割りばしをくるくる回して輪ゴムを巻いていきます。そのまま床の上に置くと,ペットボトルが回転し,走り出します。
透明のペットボトルに,それぞれカラーペンで色を付けて,自分だけのおもちゃの完成です。参加した小学生は,工程に従って手際よく工作し,色付けし,全員時間内に完成しました。
 完成後,広い遊戯室で一斉に走らせてみました。ぐんぐん進むもの,途中で止まってしまうものなどいろいろでしたが,みんな自分のできたものに満足の様子でした。短い時間でしたが,楽しく取り組むことができました。

新春音楽会 -マリンバを楽しもうー

2018/01/13

 新春を迎えた正月13日に,「新春音楽会」を開きました。マリンバ演奏者の小島梨奈さんとピアノ伴奏者の佐倉田和希さんをお招きし,演奏会を開きました。2人とも常盤木学園高等学校音楽科在学中の高校生です。小島さんは,全国的な音楽コンクールで入賞するとともに,仙台ジュニアオーケストラの団員として活躍するほどの演奏家です。
 最初の曲は「剣の舞」です。テンポの速い目にもとまらぬマレット(ばち)の動きにみんな驚きです。聴いたことのある曲に,体が自然に動き出した子どもたちもいました。その後,「白鳥」「チャルダッシュ」「トルコマーチ」と曲が進み,生のマリンバの素晴らしい演奏に引き込まれました。アンコール曲は「ミッキーマウスマーチ」です。曲に合わせながら全員で手拍子をして盛り上がりました。
 演奏会の最後は,児童センターの小学生有志によるハンドベルの演奏です。「ビリーブ」「お馬の親子」「こぎつね」の3曲を,それぞれ担当の子どもたちが上手に演奏しました。全員練習した成果をしっかりと発表することができました。一人ひとりが自分のパートのベルを正確に演奏し,大きな拍手をいっぱいもらいました。

PAGE TOP