このサイトは、(公財)仙台ひと・まち交流財団が運営する児童館・児童センター81館の情報を掲載しています。

仙台市の児童館・児童センター

鶴が丘児童センター 行事レポート

児童館情報
児童館だより
行事カレンダー
行事レポート

あそびの宝箱

2018/05/23

毎年恒例となった,泉松陵高校チアリーディング部との交流。日頃,ボランティアを通し泉松陵高校とは交流があります。子ども達には,とても身近なお姉さん達です。部員22名によるパフォーマンスから,会がスタート。明るい笑顔と息の合った動きに,子ども達からは自然と手拍子がでて,「キャー!」「すごーい!」と大興奮!その後は,この日のために高校生が考えてくれた踊りのレクチャーです。ポンポンを持ち,やさしく教えてくれるので,みんな嬉しそうに教わっていました。踊りを覚えたら,最後は全員で“レッツ!チアリーディング!”。元気いっぱいチアを体験した子ども達。高校生の皆さんとの素敵な時間となりました。

鶴が丘SAKURAまつり

2018/04/14

児童センター隣接の3丁目公園、毎年桜が満開になります。その桜並木を地域の子どもから大人までみんなで満喫したいと、今年は『鶴が丘SAKURAまつり』を開催しました。
オープニングではレクダンスクラブによるダンスとよさこいの演舞を披露し、地域の方も大勢観に来てくれました。
また親子で焼きそばやフランクフルトを食べたり、子育て支援クラブが作ってくれた温かいお汁粉をみんなでいただいたり、桜の花びらが舞う中、和やかで楽しい時間を過ごしました。
今年度も地域の方に愛される児童センターを目指していきます。たくさん遊びにきてくださいね。待っています!

児童クラブ「たからの会」

2018/03/23

掲載つぼみもほころぶ頃、児童クラブの子ども達が一年間の成果を発表する「たからの会」が開かれました。保護者も楽しみにされていたのが続々来館された様子からも伝わってきます。
オープニングのダンスから始まり、澄み切った音を奏でたハンドベル、得意な技を見せてくれたコマ、ホップなダンスとコラボしたフラフープ、沢山の笑いがおこった一発芸。そして、リズムカルに飛んだ縄跳び。可愛らしい一輪車。 
子ども達の緊張と、興奮の表情。終わった後の自信に満ちた顔。それを見守る温かい保護者の皆様。会場からは温かく大きな拍手をいただきました。来年もまた是非見たいとの声をいただき、無事終了となりました。

おたのしみ豆まき会

2018/02/03

児童センターにオニがやってきた~!!節分の日に、小学生とお世話になっている地域の方々と一緒におたのしみ豆まき会を行いました。宝寿会、松寿会の会長さんが豆まきの見本を見せていると・・・赤鬼と青鬼が太鼓の音とともに登場!!会長さんが「鬼は~外!!」と豆をまいて退治してくれました。鬼と一緒にじゃんけん大会で盛り上がったあとは、地域の方達による豆まき、、ではなく、お菓子まき!!両手いっぱいにお菓子をもらい、ほくほく顔の子どもたち。子育て支援クラブさんが作ってくれたおもちもいっぱい食べて、お腹いっぱい、笑顔いっぱいの豆まき会でした。こんなニコニコになったら、もうみんなの心に鬼はいなくなったね♪

あそびの宝箱『なわとびチャレンジ!』

2018/01/17

小学生に大人気のあそびの宝箱。今回は『なわとびチャレンジ!』で元気いっぱいジャンプし、汗を流しました。八の字跳びの練習の後、チーム対抗の大縄跳び大会を行いました。練習では2~3回しか跳べなかったチームも、本番では20回を超える頑張りを見せてくれました。
最高記録は48回。息の合ったジャンプで跳んだチームが優勝しました。
遊戯室はこの寒さを吹き飛ばすほどの熱気で、優勝チームもそうでないチームも達成感に満ちた最高の笑顔を見せてくれました。

クリスマスコンサート

2017/12/09

毎年恒例の「クリスマスコンサート」楽しみにしていた地域の方々が続々と来館し、150名を超える人で会場はいっぱいになりました。
合唱やハーモニカ、トーンチャイム、ハンドベルの演奏等、今年は初めて、小学生のソロギターの演奏もあり、素敵な音色が会場全体に響きわたりました。出演は地域の方々。また小学生のダンスでは、男子二人組の「~ハッチポッチFamily~」とサンタの帽子をかぶった子ども達が練習の成果を披露しました。アンコールもあり、大きな拍手をいただき、最後は全員で「きよしこのよる」の大合唱で幕を閉じました。地域の皆さんのおかげで今年も素晴らしいコンサートになりました。ありがとうございました。

PAGE TOP