このサイトは、(公財)仙台ひと・まち交流財団が運営する児童館・児童センター81館の情報を掲載しています。

仙台市の児童館・児童センター

柳生児童館 行事レポート

児童館情報
児童館だより
行事カレンダー
行事レポート

はじめてのヒップホップ

2019/07/22

9月28日のおまつりで発表するヒップホップダンスをプロのダンサー高谷先生から教えていただきました。最初は色んな曲に合わせて体を動かしていきます。初めてヒップホップを踊る子もいましたが、高谷先生がわかりやすく教えてくれるので楽しく踊れました。切れ目ないウォーミングアップのダンスに子ども達は汗だく、高谷先生の格好良く踊る姿に近づきたいと一生懸命がんばります3。体が温まった所で本番で踊る予定の映画ズートピアの「トライエブリシング」のダンスが始まりました。集中して振り付けを覚えようと必死に踊る子ども達に、先生から何度も「すごく上手!」「覚えるのが早いね!」とお褒めの言葉をいただきました。子ども達も「とても楽しかった」と終わった後もダンス熱は冷めやらず…今も練習に励んでいる日々です。完成をどうぞお楽しみに!!

からだづくり教室

2019/06/17

一般社団法人・ボディジャンプの菅野正利先生をおまねきして「からだづくり教室」を行いました。からだをほぐすストレッチをしてから、グループに分かれてボールを後ろの人に渡してきょうそうしたり、テニスボールを使ったリレーをして楽しみました。今までやったことのない新しい遊びに、みんな大興奮!集まったボールを数えるのに、どんな工夫をしようかとみんな頭をひねって考えました。4年生がリーダーシップをとってアイディアを出してみんなをまとめたり、下の学年の子どもたちが一生けん命応援をしたり、みんなが一体になった楽しい時間になりました。

めんこいちゃサロン「よもぎ団子を作ろう」

2019/05/17

令和元年4月,柳生児童館に子育て支援クラブ「めんこいっちゃ」が発足しました。その活動の一つの「めんこいっちゃサロン」は地域の乳幼児親子さんと地域をつなぐサロンです。第1回目はよもぎ団子づくりです。白玉粉とよもぎ粉とお豆腐をよくまぜて,それをゆでると柔らかくておいしい団子のできあがり。ホカホカ団子にきな粉やあんこをかけ,みんなそろって「いただきまーす。」初めて食べましたというお母さんや,おいしくて何度もおかわりするお友達も。子育て支援クラブのみなさんと、おしゃべりを楽しんだり、抱っこしてもらったり楽しい時間を過ごしました。おみやげに よもぎの葉をもらい、みんなニコニコ笑顔になりました。

カトリーヌの部屋

2019/04/18

魔女のカトリーヌさんが月1回ほど柳生児童館でわくわくウキウキのお楽しみをしに、来てくれることになりました。来てくださった乳幼児親子さんたちと和やかにおしゃべりしながら、懐かしの童謡をみんなで歌ってお人形で遊んだり、スポンジボールやスポンジボールを作る材料を入れていたビニール袋で風船作りをしたり、大きな布を使って作ったボールで遊んだり、色々な絵本や楽器をつかって遊んだりしました。身近にあるものも工夫次第で親子で楽しく遊べるおもちゃにできることや、カトリーヌさんの面白い中にも心を豊かにするエッセンスがたくさん詰まったトーク等、盛り沢山の素敵な時間でした。毎回なにが飛び出すか、これからもお楽しみにしていてくださいね。

おひさまタイム!みんなであそぼう

2019/03/04

乳幼児親子が自由参加で広いホールの中、おもいっきり遊ぶことができるひろばです。ボールやすべり台、トランポリン等のといつも元気な声がホールいっぱいに聞こえてきます。今回も子ども達が大好きな体操「わーお」の曲が流れるとぴょ~んジャンプしたり、だんごむしになってハイハイしたりと親子で体を動かしました。ゲームでは「あてっこパネル」をしました。答えがわかると子ども達の「いぬ」「ぞう」「きりん」等の元気な声が聞こえ親子でふれあいを楽しみました。4月からは「おひさまひろば」に名称が変わります。みんなで一緒に広いホールでのびのび体を動かして遊びましょう!

目指せ!けん玉名人!

2019/02/13

今では毎年恒例となった剣玉検定。今年度で開催が3回目となりました。剣玉道4段の横尾徳仁さんを講師にお招きしスタート。上級の認定表を獲得するために、これまで子ども達は難しい技に何度も挑戦し、失敗しながらも懸命に練習に励んできました。検定では今まで見たことのないような真剣な表情で検定に取り組み、参加者全員が認定表を獲得することができました。練習の成果が存分に発揮でき、嬉しさに溢れていました。中には検定史上初めて、4級の難しい級に成功する子どももいて、成功した瞬間は会場が喝采に包まれました。締めくくりは横尾さんによる妙技披露です。扇風機や世界一周など日頃見たことのない妙技に子どもたちは釘付けで、大満足で検定を終えることができました。

PAGE TOP