このサイトは、(公財)仙台ひと・まち交流財団が運営する児童館・児童センター81館の情報を掲載しています。

仙台市の児童館・児童センター

川前児童館 行事レポート

児童館情報
児童館だより
行事カレンダー
行事レポート

親子陶芸教室

2019/07/20

地域の方を講師にお招きし、小学生親子対象の「親子陶芸教室」を開催しました。ひんやりとした粘土の感触を楽しみながら、思い思いに作品を作りました。親子で粘土を分け合いそれぞれ作品を作る人、協力してひとつの大きな作品を作る人。皆とても真剣な表情で取り組んでいました。児童館の庭に生えている葉っぱを少し頂戴し、出来た作品に模様もつけました。初めて陶芸に挑戦した子も講師から「上手だね!」と褒められ、とても満足気でした。これから乾燥させて窯で焼き、出来上がりは約1か月後。手元に届くのがとても楽しみです。

七夕かざり作り

2019/06/19

毎年恒例になっている七夕飾り作り。
今年も地域の方が提供してくださった笹竹に飾る七夕かざりをつくりました。七夕の意味やかざり一つ一つの願いを確認し、子どもたちも七夕に関心を持ったようでした。テーブルごとに「つなぎ飾り、ちょうちん、網、吹き流し、貝飾りなど」つくっていき、最初は、違うところを切ってしまったり、切りすぎたりと、はさみに苦戦していた子どもたちでしたが、作品ができると、「見て-。できた-。」と嬉しそうに見せてくれたり、自信がついたのか「もう一個つくる-。」と楽しそうに参加していました。
つくった作品は、児童館の入り口に飾られています。みんなの願いが叶いますように☆

KAWAMAEシネマズ

2019/05/27

川前小学校がお休みの暑い日、児童館の集会室がヒンヤリ、暗い映画館に大変身。ちょこっとプレゼントと大きなスクリーンでの映画鑑賞を楽しみにたくさんのお友だちが参加してくれました。もちろん席は自由席。友だちと選んだ場所に自由に座りニコニコ、わくわく美味しいポップコーンを口に入れながら楽しく見ることが出来ました。一度見たことがある作品でも友だちと一緒に見るとちょっと違って感じるのか初めはざわざわしていた部屋もしだいに静かになり皆がスクリーンに注目。あっという間に時間が過ぎました。終了後の子どもたちからは面白かった!!また見たい!!もう終わり?!など大絶賛の声。次回はいつになるのか、何を見るのか楽しみにお待ちください!!

春の林で遊ぼう

2019/04/22

小学生対象を対象とした今年度初めてのわくわくタイムは、「春の林で遊ぼう」でした。川前児童館の敷地の隣には、雑木林が広がっています。この雑木林の中で、春の草花や生き物をグループにわかれ探しました。野バラ、いかりそう、赤い実など次々に見つけるたびに、子供たちの歓声が林の中に響きました。生き物にはちょっと早い時期でしたが、鳥のさえずりも聞くことができました。自然豊かな川前児童館ならではの活動です。これからも四季に応じた活動をこの雑木林で行っていく予定です。

平成最後のゲーム大会

2019/03/19

大型カルタ・言葉探しゲーム・ひっくり返しゲームの3種目で、平成最後のゲーム大会を行いました。子ども達は3チームに分かれ、代表が選手宣誓、館長と固い握手を交わしゲーム開始です。カルタは同じ絵札を2枚ずつ広げ、1チームから1人、計3人で順番に取り合うルールです。絵札を探し回る子供たちに「あっちだ、こっちだ」と力強い声援が送られました。言葉探しは少し難しい様子でしたが、ひっくり返しでは元気いっぱいに楽しみました。競技を終えふと気づくと、どこから現れたのか不思議な巻き物が…開いてみると「進級おめでとう」のメッセージが。こうして平成最後のゲーム大会は終わりましたる新年度も楽しい行事を考えています。乞うご期待!

わくわくタイム「なわとび」

2019/02/20

川前児童館の遊びの中で、なわとびは、ドッヂビーやボール遊びに次ぐ人気という事もあり技を磨く会を二回開催しました。一回目は各々技を磨く練習。二回目は、大縄とびといった団体競技。そして両日ともラストに、持久とびという内容でした。持久とびの二回目では、一回目で果たせなかったメダル獲得へ闘志を燃やす子、連覇を狙う子、各々の目標に向かって全力で取り組んでいる姿に、声援を送る子の思いも加わり、会場は熱気に溢れていました。とび終えた後は、どの顔も誇らしい表情をしていました。

PAGE TOP